2016年 09月 30日

イ課長ミシュラン・ホテル評価 40

こないだの早朝散歩シリーズを書き終わって、ヴィエンチャンに関してはおおむね
書き終わったはずだから、最後にヴィエンチャンのホテル評価いってみよう。

物価の高いラオスだけあって、ヴィエンチャンのホテルも東南アジア的に考えるとけっこう高い。
ハノイあたりのホテルの方がヴィエンチャンより質は高くて、しかも安いって印象がある。
そんなヴィエンチャンで散々迷った末にイ課長が最終的に選んだのはココ。

Lalco AR Hotel
らるこ えーあーる ほてる と読めばいいのだろうか?まぁ他に読みようもないが。
スタンダード・ダブルもしくはツインで26.78ドル(10%税、10%サービス料込み)。
ヴィエンチャンのまともなホテルの中では安い部類だと思う。
f0189467_02194926.jpg
 
立地・利便性★★★☆☆
このホテルが安い理由の一つは立地だと思われる。ヴィエンチャンでホテルや観光客向け飲食店が
集まるのはメコン川に近いエリアなんだけど、そこからイ課長の早歩きでも10〜15分くらい離れてて、
このホテルの近くにはコジャレたレストランなんてあんまりない。観光には不便かなぁ?・・と、
行く前はちょっと懸念してた。

しかし行ってみたら気にならなかったね。
川から遠いってことは、パトゥーサイなんかには逆に近いわけだし、川の方まで歩くのも全然
苦にならなかった。ホテル近くに缶ビール買える店もあったし(それさえあればイイのかよ)、
タラート・サオやお寺のある所まで、フツーの路地を歩くのもなかなか楽しかったよ。

とはいえ、これは歩くのをあまり苦にしないイ課長の評価で、歩くのがオックウな人にとっては
やっぱリバーサイドのホテルの方がいいかも。

部屋★★★★☆
場所はちょっと不便だけど部屋がイイというのは口コミで読んでたけど、確かに良かった。
狭くもないし、暗くもない。世界一静かな首都というだけあって、ホテルの周囲も静かだし。
ゆっくり安眠させていただきました。床はジュウタンなしのタイルだけど、暑いから、かえって
冷たいタイルを裸足で歩く方が気持ちいい。
f0189467_02194354.jpg
 
f0189467_02194371.jpg
 
このホテルの部屋は全部そうなのかもしれないけど、ドアが二つある。最初に案内されたドアとは
別に裏口があって、そこを出るとまた別の廊下があって、イスやテーブルがあって、こうやって
タバコが吸えるようになってる。部屋の中は禁煙だったと思う。
f0189467_02194302.jpg
 

朝食★★★★☆
朝食はこんな感じの基本メニュー。「上半分くらいの中から選べ」と言われたような気がする。
GやHは朝食メニューって感じじゃないから、たぶんそういう「限定選択方式」だったはずだ。
イ課長はAのアメリカン・ブレックファストにしてみた。
f0189467_02194967.jpg
 
この時は例の充実の早朝散歩を終えて身体はすっかり目覚めてたし、腹も減ってたから
例によってガツガツと食わせていただきました。フランス植民地伝統の美味しいパンもついてて、
朝食はグッドで問題なし。
f0189467_02194927.jpg
 

サービス★★★★☆
以前にも触れたけど、このホテルについては何と言っても空港送迎無料サービスの存在は大きい。
このサービスを往復で利用すればビアラオ500ml缶12本分のコストが浮くんだから大変な違いだ。
従って、サービスは文句なく★5つか?というと、そうでない。何がマイナスポイントなのか?

それはレンタル自転車サービスが使えなかったことによる。
ホテルによっては自分のところで自転車を保有して貸し出すところもあるみたいなんだけど、
このホテルでは「近くの●●ホテルで借りてくれ」と言われた。ここじゃやってないのか・・。

ところが、●●ホテルに行って「ラルコに泊まってる者だけど、自転車貸しておくれ」って頼んだら
「宿泊客にしか貸さねぇ。市場の方にレンタル自転車屋あるからそっち行きな」ときたもんだ。
何だよそれー。話違うじゃん。でもまたホテルに戻って「貸してくれないよ?」なんて言うのも面倒だし、
結局徒歩に切り替え。徒歩にしたために行くのをあきらめた場所は特にないし、ま、いいんだけどね。
でも歩くのがキライで(暑いし)、自転車をアテにしてた人にとっては問題だ。

部屋はマトモだし朝食はイイし、無料の空港送迎サービスの存在は何と言っても大きい。
それなのに、ちょっと不便な場所のせいか宿代は他より安いときた。そのうえ素敵なシンをまとった
美しい女性従業員もいる。イ課長的には非常に良いホテルだった。
f0189467_01491781.jpg
 
実際には「歩くのが苦にならない人にとっては」という条件付きの良いホテルと言うべきかもな。
観光客向けのレストランやバーで賑わったエリアに近い方がいいという人にはあまり向かない。
もっとも夕方のあの感じじゃ、ヴィエンチャンの“繁華街”なんて夜も大したことないと思うが(笑)。


 
[PR]

# by tohoiwanya | 2016-09-30 00:04 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 27日

大英帝国航空のキケンな機内食

ついでだからもう一つ英国関連ネタでいこう。これも南西鉄道モンダイと同様、ある意味
「重要な注意喚起」といえる。しかも今度は金銭的被害ではなく、純粋に肉体的被害を伴う(笑)。
大英帝国航空の機内食に関する話なのである。

大英帝国航空には3年前の欧州出張の時も乗ったから、どんな機内食が出てくるか大体想像はついた。
「味はフツウで量的にちょっと不足」という感じであろうと思って乗り込んだわけだ。往路のフライトは
離陸が12:35、ロンドン着が現地時間17:10だから「昼メシ時に出発し、晩飯前に到着」という感じだが
機内ではその間に12時間くらいが経過するわけだ。

まずは小袋入りスナックとドリンクサービス。ま、ごくフツーだわな。
f0189467_13515584.jpg
 
トホ妻はトマトジュースなんぞ飲みやがった。ビール頼んで、余った分くれりゃいいのに・・(笑)。
f0189467_13515510.jpg
 
しばらくすると最初のメシ。メインはビーフストロガノフ(だったかな?)にマッシュポテト。
サラダやデザートもついて、まぁこれもフツーのメシと言っていいだろう。
f0189467_13533100.jpg
 
体内時計的には夜になった頃アイスクリームが配られた。ところがこれがフツーではなかったのだ。
どうやって冷やしたらこうなるのか?というくらいカチカチに冷えてて、プラスチックスプーンを一生懸命
アイスに突き刺そうとしても固すぎてムリ。強引にやれば絶対スプーンの方が折れる(笑)。
しょうがないからしばらく放置プレイしてアイスが“温まる”のを待つしかなかった。
f0189467_13534249.jpg
 
やがて二度目のメシ。
これは何と言えばいいのか・・巨大洋風茶碗蒸しみたいな感じだ。トホ妻の天敵・シイタケどっさり。
右にある茶色いのはケーキだったかな?あとは水だけ。
f0189467_13534227.jpg
 
やっぱりこれだけじゃ足りないという乗客は特に欧米人に多かったようで、何人かは途中でカップ麺を
食ってた。量的にやや不足、足りない人はカップ麺という大英帝国航空機内食の伝統は健在のようだ。
イ課長はカップ麺なしでも大丈夫だったけどね(成田空港でラーメン食ったし)。

さて帰路。
最初のメシでは珍しく和食を頼んだら、こんな感じのサカナ弁当みたいなのが供された。ほほう。
f0189467_13543110.jpg
 
ちなみに、トホ妻が頼んだのはこんな感じ。これは・・ドリアかなぁ?よくわからん。
f0189467_13543115.jpg
 
成田が近づいてきた頃に出てきた第二のメシはこんな感じ。
いかにもイングリッシュブレックファストという感じで太いソーセージ、やけに白いスクランブルエッグ等々。
特に美味しくはなかったけど、イギリスめしならこんなもんだろ。
f0189467_13550301.jpg
 
と、まぁ往復でこういう感じの機内食を食ったわけなのである。
人によって量はやや足りないかもしれないけど、内容的には特に大きな問題はない・・ように思える。

だが実は問題があるのだ。それも大きな問題が。
その主役はやっぱりアイスで、帰路に配られたアイスは問題があるっていうより、もはや「危険」といえる。

帰路、照明を落とした暗い機内でアイスが配られた。行きはカップアイスだったけど、帰りは棒アイス。
とーころがこれがまた激冷えのカチカチで、普通の棒アイスのつもりでヒョイと口に運ぶと
唇の裏の口腔内粘膜が一瞬のうちにアイスに貼りつく。それをひっぺがし、しばらく待ってまた
食おうとするとまた粘膜がピターっと貼りつく。またひっぺがす。

カップアイスなら放置プレイでもいいけど、棒アイスだとずっと手に持ってないといけないじゃん?
早く食ってしまいたいんだけど、あまりに冷たいから粘膜がくっつくばかりで全然マトモに食えない。
機内が暗かったから写真は撮らなかったけど、暗い中で目をこらすとオレンジ色の棒アイスにところどころ
赤いイチゴ味が混じったごく普通の棒アイス。一体どうやったらこんなに冷やせるのか・・?

だがそれはイチゴ味ではなかった。あれはイ課長の唇の裏の粘膜と、そこから流れ出たとがアイスに付着し、
再氷結したものだったのだ。何度もくっついてはひっぺがすのを繰り返してるうちに、とうとう
出血しちまったじゃねぇか。ベロで唇の裏をなめて、ソコがどういう惨状になってるかやっと気が付いた。

大英帝国航空の機内食に関しては重要な警告を発しておく必要がある。機内で配られるアイスは
液体窒素のように凍ってて危険だ。カップアイスならスプーンが突き立てられない程度の問題で済むが、
激冷え棒アイスをうっかり口にくっつけると文字通り「血を見る」ことになる。

あの時、よく考えずあの棒アイスを何度も口に入れたせいで、イ課長は日本に戻っても数日間は下唇の裏、
ちょうど下の歯に向き合う部分の粘膜がズルムケてガビガビ状態だったのである。いやはや・・・。

とにかく大英帝国航空のアイスには気をつけた方がいい。配られたらしばーらく放置プレイ。これしかない。
イ課長みたいに普通の棒アイスのつもりで食おうとすると、結果的に「自分の血の味フレーバー」の
凄惨な棒アイスを食うことになる。まぁそれはソレで珍味かもしれんが・・・(笑)。
とにかく、大英帝国航空で配られるアイスにはお気をつけいただきたいのである。
 

 
[PR]

# by tohoiwanya | 2016-09-27 00:01 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 25日

南西鉄道から英国人気質を考える

先日、某クレジットカード会社のセキュリティ管理部からイ課長に一通の封書が届いた。
おおお、これは南西鉄道のリファンド請求結果の正否を知らせる通知に違いない。
さっそく震える手で(←やや大げさ)バリバリと開封。

          ご請求金額に対する処理経過のご報告
さて、先般ご照会をいただきました海外からのご請求代金につきまして、下記の通り
お取り扱いさせて頂きましたことをご報告申し上げます。


下記の通りってことは、失敗したか成功したかは下の行に書いてあるわけだな?
ところが読んでみると・・・

内容をご確認いただき、ご不明な点がございましたら、お手数ではございますが上記担当まで・・・

なんだよ。下に書かれたこの文章だけじゃ、まだコトの正否がわからんではないか。
もう紙の半分くらいまで読んだのにまだカンジンのことが書かれておらん。
南西鉄道へのリファンド請求は成立したのか?しなかったのか?

その下には問題となった南西鉄道の請求明細が記されてる。これはわかってるよ。でも
結局この金額がどうなったの?戻ってくるの?こないの?
f0189467_14432598.jpg
 
あと残ってるのは数行の「特記事項」だけ。記述内容の4/5くらいまで読み進んでも
まだ結論がわからないってすごい引っぱりかただな。
f0189467_14432510.jpg
 
取り消し申請が成立いたしましたことを・・・成立いたしましたことを・・(コダマ)

はぁぁぁぁぁ~~~~・・すまん、イ課長に3.5か月分のため息をつかせてくれ・・・。
これでやっとワタクシは南西鉄道とナンの関係もない一人の市民に戻れるわけですね(笑)。
本格的な夏にもならない6月1日に始まった南西鉄道との泥沼のタタカイ。秋風吹き始めた
9月後半にようやく終わった。いやー長い戦いだったぜ。

この結果をトホ妻に話し、とりあえず「粘り勝ち」だと喜びあったわけだけど、そこから
何となく話が発展して英国人気質の話になった。トラブルに直面した時の英国人の態度って
ちょっと他の国と違うような気がするんだよね。

今回の南西鉄道とか、ロンドン地下鉄のヒドさ(これはいずれ詳しく書く)とか、英国において
「ひでぇ」という思いを抱くことは多い。これはガイジンじゃなく、英国人自身だって同じはずで
住んでる者の方が旅行者よりも「ひでぇ」に遭遇する回数は圧倒的に多いことになる。

でも英国人にはそういう「ひでぇ」に対する感情反応があまり見られないような気がする。
これは今回の旅行でも、以前の出張でも感じたことで、乗ってた地下鉄がトツゼン運行をやめて
「はいこの駅で全員降りな」なんてヒドい状況でも、怒るでも騒ぐでもなく「あ~あ・・・」って感じで
それに従う。同じことがパリやローマで起きたらどうだろうか?みんなもっと騒がないか?
f0189467_15042447.jpg
 
たまたま旅行前に読んだ英国史の内容でもちょっと思い当たるフシがある。
第二次大戦、陸続きだったベルギーやフランスは早々にドイツに降伏し、島国だった英国だけが
ロンドンをボッコボコに空襲されながらも、とにかく耐え、降伏もせずに持ちこたえた。
もし仮にフランスが島国で、だよ?他の欧州同盟国がほとんどドイツに降伏しちゃった状況で、
パリをバカスカ空襲されながらフランス人はジッと耐えられただろうか?どうもラテン人気質に
「耐え忍ぶ」というイメージは重ならないのだが・・(←偏見)。

こういう英国人の気質。「忍耐力が強い」っていうのとはちょっと違う気がするんだよ。
乗ろうと思ってた地下鉄が動いてない。それに驚くでもなく、怒るでもなく、絶望するでもなく、
「あー、こういう状況に当たっちまった」って感じで仕方なく受け入れてるような感じ。

どうも根本的に英国人には楽天性がないというか、悪い状況が起きる(かもしれない)ことも
あるかもなぁと思いながら生きてるような印象があるんだよね。強いて近い表現としては
「醒めてる」とでも言うべきか。
f0189467_15042461.jpg
 
大震災やら、電車ストップやらで大混乱になるべき時も、日本人は暴動も起こさず秩序正しい・・
みたいなことは海外でよく言われる。英国人の気質は日本のそういうのともまたちょっと違う気が
するんだけど、行動として現れる部分では似てるのかもしれない。まぁ日本人の場合、地震や台風には
慣れてるという要素があるわけで・・・そうか、そういう点じゃ英国人も「ひでぇ」に慣れてるのか(笑)。

とにかく、災厄に直面した時の英国人の反応ってちょっと独特って気がするんだよね。
今回の南西鉄道トラブルみたいに何度クレームメールを送っても返信なし、なんて事態に英国人が
遭遇したらどうするのか?「泣き寝入りしねぇぞくぬやろう」って感じでイ課長みたいに粘るのか?
意外にあっさり諦めちゃうのか?地元民ならではの何か上手な対処方法があるのか?

「英国人のトラブル対処法」がどういうものか、イ課長としても非常に興味深い。
何しろ南西鉄道みたいな鉄道会社がある国で暮らしてるわけだからねぇ(笑)。
もしそういう事例をご存知の方がいたらぜひご報告いただきたいと思うのである。


 
[PR]

# by tohoiwanya | 2016-09-25 00:03 | 2016.06 英国銀婚旅行 | Trackback | Comments(5)
2016年 09月 22日

早朝のスコール

タラート・クアディンを後にして、さてホテルに戻ろうとランサン通りを歩き始めたところで
スコールが降りだした。降り出したな、と思ったらたちまち「うわ、こりゃダメだ」ってんで
散歩を一時中止せざるを得ないザーザー降り。というかドシャ降り。ここは悪あがきせず
雨宿りしましょう。タラート・サオ近くの建物の軒下に入って小降りになるのを待った。

この時が何時頃だったかなぁ?もう7時は過ぎてたんじゃないか?
6時前にくらべると道路も多少車やバイクで混んできたけど、朝っぱらからこの雨じゃ・・
f0189467_11000594.jpg
 
まぁ雨季なんだし、地元に人にすれば早朝のスコールくらいどうってことないんだろう。
イ課長もタバコを1本吸って、のんびり待つことにした。シトシト長く降る雨じゃないだろうから
やんでからホテルに戻っても朝食には十分間に合うだろ。
f0189467_11002632.jpg
 
そうしてる間もタラート・サオに(たぶん)出勤してくる人がいる。
ヘルメットかぶった上から傘をさすバイク乗りをたぶんイ課長は生まれて初めて見た(笑)。
f0189467_11003576.jpg
 
フと気付いたんだけど、ヴィエンチャンのバイク乗りって無防備だねぇ・・。
ヘルメットはバックミラーにポンと乗せただけ、雨ガッパもバサッとバイクにかぶせたまま。
盗むのは簡単だ。何十年も前にイ課長がバイク乗ってた頃、長時間バイクを離れる時は
ヘルメットを盗まれないようにバイクにカチンとはめるか、手に持ってったぜ?それを・・・。
f0189467_11005297.jpg
 
「ラオスってけっこうのんびりしてて、治安悪そうな感じが全然ないな・・」
・・と最初に思ったのがこの時だった。ラオス人の欲のなさ、ガツガツしたところのなさは
その後滞在日数を重ねるにつれてますます強く感じるわけだが。

クアンシーの滝でドシャ降りにあって雨宿りした時もそうだったけど、この時も軒下で
他にやることもないから、ただぼんやりと物思いにふける。

いやー・・なんかけっこう充実した早朝散歩だったなぁ。
昨日到着したあと見たパトゥーサイとかタート・ルアンみたいな観光名所とはだいぶ性格の違う
活気あふれる場所を見られてイ課長は嬉しかった。やっと「生活するラオスのひとびと」を
垣間見たって気分になれた。道路の向こうの食堂?も朝の仕込みで活気があるねぇ。
f0189467_11011914.jpg
 
さて、雨もやんだみたいだからホテルに帰るか。
ランサン通りをずっと北の方に歩く。向こうに昨日行ったパトゥーサイが見えるね。
f0189467_11015385.jpg
 
朝の散歩ネタだけで4記事も書いちまったけど、この早朝散歩はホントに思い出深いんだよ。
お坊さんの朝のオツトメも見て、活気&野趣あふれる市場も見て、おまけに
南国スコールの洗礼もうけて、イ課長の気分はだいぶ変わった。いくら人が少ないっつうても
ヴィエンチャンもやっぱ猥雑で人間臭くて面白い東南アジアじゃん。

ホテルで5時過ぎに起きたあと、もし再び眠りコケてたらイ課長はクアディン市場も路上市場も
見ることはなかったわけで、「人の少ないヴィエンチャン」という印象ばかり残っただろうけど
「散歩してみっか」と思ったおかげで非常に充実した早朝のヴィエンチャン見物が出来たわけだ。
前にも書いたけど、やっぱり早起きは三文の徳という哲理はラオスでも絶大な威力を発揮するのである。


 
[PR]

# by tohoiwanya | 2016-09-22 00:41 | 2015.09 東南アジア旅行 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 18日

早朝のクアディン市場

「おらーどいたどいた!」って感じで荷車が忙しく行き交う道を進んでいくと、そこには・・・

うっひゃーまた市場だ。しかもさっき見た路上市場よりずっと本格的で規模もデカい。
こりゃ常設の市場だな。
f0189467_10535809.jpg
 
後で調べたら、ここはクアディン市場(タラート・クアディン)という場所だと思われる。
バスターミナルの近くに市場があるっていうのは事前に何かで読んだ記憶があったけど、
ここがそうだったんだ。こりゃいいや。東南アジア市場好きの血がタギッてくるぞ。

タラートと名がついた市場だけあって、さっきのトラック荷台・路上市場に比べると
商品の内容や陳列の仕方もだいぶ「店っぽく」なって、値札もついてる(笑)。
こういう色鮮やかな野菜とか唐辛子が山積みになったところはカラー写真的においしい風景だ。
f0189467_10544827.jpg
 
このクアディン市場、農産物だけじゃなくいろんな食い物が売られてる。まさに総合食品市場。
これは豚足かなにか・・ブタのクズ肉屋、ないし皮屋というべきか。
f0189467_10552999.jpg
 
トリの丸焼き屋もある。というか、これはたぶん鶏ではないよな。何だろう?カモ?アヒル?
f0189467_10554542.jpg
 
これはコメ屋か。ってことはこれもカオニャオ用のモチ米なのかなぁ?
f0189467_10562051.jpg
 
こっちは干物屋の隣にタマゴ屋ときたもんだ。
海に面してないラオスの人たち、魚を食うとすればおそらく主にメコン川で採れた淡水魚を
食うんだろうけど、生魚を売る鮮魚店は見あたらかなったなぁ(ルアンパバーンの朝市にはあった)。
f0189467_10563168.jpg
 
しかしまぁスゴい活気だよここは。奥まったところで、車が停められない構造になってるから、
おそらくここで買い込んだ食料品は外の道路に停めた車まで運ばなければならない。その役を担うのが
この荷車軍団で、もうそこらじゅうすごい勢いで走り回ってる。うっかりしてたらハネとばされるよ。
おそらく、この市場では荷車押しがそれだけで一つの専門職になってるんだと思う。
f0189467_22453958.jpg
 
おお、これは一種のお弁当屋だな。魚のフタがしてあるのはおそらくナレ寿司みたいな
発酵食品じゃないかなぁ?左の葉っぱにくるんだやつはたぶん中身は味つき混ぜゴハン
みたいなものと想像される。こういうの、日本にもあるもんね。
f0189467_10571542.jpg
 
いやー、やっぱ東南アジアに来たら市場、それも食い物市場がサイコウだよね。
断然楽しい。何度来ても楽しい。たぶん早朝の今頃が一番活気ある時間なんだろうな。
こんな楽しい場所なのに外国人観光客が皆無って、もったいないなぁ。
(ちなみに、この後行ったルアンパバーンの朝市はガイジン観光客がワンサといた)
f0189467_10574684.jpg
 
早朝ヴィエンチャン散歩ネタ、これで終わりだろうって?いや実はもう1回続くのだ。
この散歩は非常に充実した内容だったわけだけど、天気までバリエーションに富んだ展開になって、
実はこのあとすごいスコールに襲われるのである(笑)。


 
[PR]

# by tohoiwanya | 2016-09-18 22:45 | 2015.09 東南アジア旅行 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 15日

早朝の路上市場とバスターミナル

さてだ。
清浄な早朝のワット・シーサケットで敬虔なお坊さんに姿に触れて気分的にも清浄になったイ課長。
さて、ここからさらにどっちの方向に散歩を発展させようか。

ワット・シーサケットから東、地図でいうと右の方向にはヴィエンチャンのバスターミナルがあるはずで、
バスターミナルならいくら何でも「あたりに人間はイ課長だけ」って状況よりは賑やかだろう。

とにかくワット・シーサケットからランサン通りを戻ろうとすると、歩道はこういう感じだからねぇ。
まさに人の気配ゼロ。いくら人口が少なくて、早朝だっつうても、もうちょっと何とかならんのか?
なんとなく「人のぬくもりを求めて無人のヴィエンチャンを歩く」という心境になってくる(笑)。
f0189467_10402404.jpg
 
お?何やらあっちの道路に車がいっぱい停まって、人だかりもしてる。
人だ!人がいるぞ!おーい!おおーい!(←ちょっと大げさ) とりあえずフラフラと近づいてみる。

ははぁ~・・こりゃ市場だね。
道路がそのまま市場になってるんだ。こりゃいい。東南アジアの市場は何度見ても楽しい。
しかも活気があるよ。人がいっぱいいるよ。昨日ヴィエンチャンに到着して以来、人間がこんなに
たくさんいる場所、初めてだよ。嬉しくなってきたぞ。
f0189467_10423290.jpg
 
採れた作物を車で運んできて、地面おろして並べただけって感じの店舗だ。
いやーいいねー。人気のないお寺見るより、こういう猥雑な市場見てる方が断然楽しいよ。
f0189467_10423828.jpg
 
売られてるモノは農産物が多い。これはカボチャだろうな。
f0189467_10431482.jpg
 
活気あふれる朝の路上市場・・とはいえ、そこはラオス。のんびりムードが支配してて、
売ってるガワもこんな具合にヤシの実ジュース飲んでるよ。
f0189467_10444655.jpg
 
こっちはバナナ農家の即売だな。南国ならではだ。
全体的に商売の規模が小さくて、農家のヒトが「きのう採れたものをトラックで町に運んできて、
売ってます」って感じだ。安いんだろうなぁ。
f0189467_10450733.jpg
 
やっと活気あるヴィエンチャンを垣間見ることができて、イ課長は急速に嬉しくなってきた。
こういう場所に来るとはりきって写真撮りたくなるよね。
f0189467_10471287.jpg
  
活気あふれる路上市場を見てグッと気分が盛り上がってきたイ課長。
そのままバスターミナルがあると思われる方向にチンタラと歩いてみた。

あーこれね、バスターミナル。ラオスの地方都市から夜行バスに乗ってヴィエンチャンに着くと、
大体ここが終点になるはずで、メコン川を越えてタイのノンカイまでいく国境越えバスもここから出る。
右の青いバスにLAO-THAIって書いてあるから、これがそうかもしれん。
f0189467_10472599.jpg
 
しかしここに来た日本人の目はグリーンのバスの方に向いてしまうはずだ。だって全てのバスに
日の丸がくっついてるんだもん。たぶん日本から寄贈されたバスなんだな。
f0189467_10475974.jpg
 
f0189467_10480648.jpg
 
ラオスという国、ベトナムなんかと同様、一応社会主義国のはずだ。
だから“社会主義的な”文言にしたのかな?「日本人民より」とはまたご大層な。人民つうからには
イ課長だってバスを寄贈したピープルの一人ってことだよな。いやなに、礼なんていいって。

バスターミナルはソコソコ賑わってるけど、地元の人だらけで外国人旅行者は見かけない。
夜行バスでラオス入りした外人バックパッカーとかがいるかと思ったけど、いないねぇ。
ガイジンらしいのは日本人民のイ課長だけだよ。

これ、撮った時はわかんなかったけど、パンが山と積まれてるところを見ると、おそらく
カオ・チー・サイ・クアン売りのおばちゃんじゃないかな?これからバスに乗る人の
朝食ニーズを取り込もうということではないかと思われる。
f0189467_10495227.jpg
 
てな感じで、早朝のヴィエンチャンは昨日の午後に観光した時よりよっぽど活気があって
イ課長の観光気分も盛り上がってきた。ホテル朝食まで時間あるし、もっと奥に行ってみようか・・
f0189467_10511748.jpg
 
お?何やら人通りの多い道が塀に沿って続いてるぞ。荷車も行き交って忙しそうだ。
この道の奥に何かあるのか?行ってみっか・・というわけで、さらなるナニかを求めて
イ課長の早朝ヴィエンチャン散歩は続くのである(つづく)。


 
[PR]

# by tohoiwanya | 2016-09-15 00:10 | 2015.09 東南アジア旅行 | Trackback | Comments(2)