2017年 11月 22日

ヤンゴンの路上市場

これも「はじめてのおさんぽ」の時の話。
とにかく町が面白いもんだから「ちょいとホテルの近くを散歩」の予定はそのまま何となく
ヤンゴン徒歩探検に移行し、あちこちフラフラ歩き回った。

すると発見しましたですよ食い物市場。
東南アジアでコレを見るとイ課長は心の中で「うほっ♪」と声をあげ、たちまち吸い寄せられていく。
自分でも認める市場好き。しかも食い物系偏愛。雑貨とか土産物の市場には冷淡なくせに、食い物市場となると
嬉々として寄って行くワタス。先進国の市場で冷蔵ケースに入った肉をガラス越しに見るのも楽しいけど、
何でもカンでも露天に並べてる「アジアの混沌」型の市場の楽しさはまた格別。

いやーーーいいっすね。ワイルドな路上&露天市場のこの雰囲気。これぞ東南アジアの食い物市場。
f0189467_01045849.jpg
  
この辺は果物屋さんが多いようだ。
色鮮やかな果物が山積みされた光景というのは常にカラー写真にとっては美味しい被写体。
f0189467_01020607.jpg
 
かと思うとこんな緑の山。カラー写真にとって美味しい被写体が次々と現れる。
f0189467_01020521.jpg
 
いやーこりゃまたかわいいお店だね。
まさに「今日、ウチの裏でモイできた分だけ、並べて売ってる」っていう感じだ。
それにしてもこれ、何だろう?ミカン?
f0189467_01031978.jpg
こちらは八百屋さん。この八百屋の店主と思われるおカミさん、(おそらく)自分の息子を
大きなプラスチック樽の中に放り込んでる(笑)。東南アジアのおカミさんはたくましいのだ。
息子も樽ン中でおとなしくしてる。えらいぞ。
f0189467_01061224.jpg
 
卵を並べた卵屋。しかし野菜みたいに山積みはしない。重みで下の卵がつぶれるからね。
10個パックに入った卵しか知らない若い人は「うわー信じられない」と思うかもしれないけど、
イ課長がガキの頃は日本も似たようなもんだった。こんな感じで並べられた卵を主婦たちが
手を伸ばして買って、手に持った小ザルに乗せて会計したんだよね。
f0189467_01031819.jpg
 
これは・・な、ナニ屋?下に並べられたものは魚の干物類のように見えるが・・。
とすると、この巨大袋に入ってるのは干しエビか?それにしても恐ろしい量だ。店のオバさん、
(たぶん)干しエビに肩まで浸かってるぜ(笑)。
f0189467_01031893.jpg
 
出ました魚屋さん。生鮮魚介類や肉が出て来るといよいよ東南アジア市場気分も最高潮。
f0189467_01082417.jpg
 
この丸いマナ板とナタみたいな包丁は東南アジアの魚屋さんに付き物だよね。
日本的に「おろす」っていうよりブッタ切るという感じで魚の頭とか落とすんだろう、きっと。
f0189467_01082409.jpg
 
こーれーはーナニ屋だ?肉屋?
右手前にあるのを見ると豚の耳にも見えるけど、やけに巨大だ。豚耳&内蔵肉屋さんかな?
f0189467_01082405.jpg
 
何でも露出して並べられてて臭いもある。「アタシこんなとこ・・」って人もいるだろうけど
こちとら半世紀も前からオフクロの使いっ走りで食い物買いに行ってた年寄りだぜ。昔の日本じゃ
ガキが八百屋にお使いに行って、母親に言われた通りに言うと、店のオジさんがサッと野菜を手にとって
新聞紙にくるんで「ほいよ、お使いかい?エラいねぇ」なんて言ってくれた。そんな感じだったのヨ。
この路上市場と大した違いはなかったのヨ。

そんな記憶を持ったオジ(い)サンにとっちゃ、東南アジアの食い物市場はどこの国で何度見ても、
楽しさ格別の場所なんですよ、ええ。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2017-11-22 00:15 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(0)
2017年 11月 20日

シュエダゴン・パゴダというところ

シュエダゴン・パゴダつうたら、誰もが認めるヤンゴン最大の観光スポット。
日本にいる時見た写真では夜でも参拝客がワンサカいた。

それがまぁ〜・・すいてること。
雨季でオフシーズンのミャンマーはホントすいてるね。外人観光客も少なくて、おそらく
参拝者の7割くらいは地元の人だったんじゃないかな?欧米人なんてほとんどいない。
みんなどうしちゃったの?ガイジンさんたちはみんなここは昼間見て、夜はさっきの
BBQストリートでビール飲んで騒いでんのか?
f0189467_12155853.jpg
 
すいてるのは大変結構だけど、雨季ならではの問題もやはりある。
ご覧のように夕方も雨が降ったからパゴダの床も雨で濡れてる。一応滑り止めマットが
敷いてあるけど、いい角度から写真撮りたい、などと思ってマットから離れて歩くと
濡れた床がけっこう滑る。こっちはハダシだからその辺はお風呂屋の濡れたタイルと同じだ。
雨のあとのシュエダゴン・パゴダは慎重に歩きましょう。
f0189467_12155737.jpg
 
しかし雨季であれ乾季であれ、ここは夜見に来るのがお勧めだと思うなぁ。
昼間見てないイ課長がそう言うのも不誠実な話だが(笑)、夜の方が涼しいのは確実だし、
ライトアップされた金の仏塔群はウットリの美しさ。ズラーッと続くロウソクの炎も
夜見ると一段と映える。
f0189467_12164085.jpg
 
シュエダゴン・パゴダといえば、何といっても真ん中にある金の仏塔がシンボルなんだけど、
周りに小さなお堂がたくさんあって、それぞれ参拝者がお参りしてる。お堂の集合体でもある。
こんなゴールデン・ブッダ軍団もいる。ま、東南アジアじゃよくあるやつだ。
f0189467_12164015.jpg
 
こっちは黄金系と美白系の混合集団。だんだんミャンマーっぽくなってきたぞ。
f0189467_12164021.jpg
 
おおぅ、大小さまざまな美白仏軍団。これだけ密集させてギッシリ置く意味があるのか?
しかも横向きに置かれた仏サマも混じってる。なぜ横向きに?
f0189467_12172220.jpg
 
こっちには寝釈迦もある。やはり黄金系ではなく美白系。寝釈迦の足元にいるのは
人形の参拝者で、写真左下にいるのが生きた人間の参拝者。まぎらわしい。
f0189467_12172291.jpg
 
これは・・生きた人間のお坊さんだよな?タイによくある超精巧蝋人形ってことは
ないよな?いろいろまぎらわしくて困るぜ。
f0189467_12172237.jpg
 
シュエダゴン・パゴダもやはり生まれた曜日別の参拝コーナーがある。
だいぶグルグル探しまわったけど、発見しました木曜コーナー。ワタクシこれから一週間
ミャンマーを旅しますので、旅の安全よろしくお願いしますです。
f0189467_12181206.jpg
 
ちなみに、この中心にある巨大仏塔のテッペンには卒倒するほどの量の宝石が
格納されているそうで、資料によると「76カラットのダイヤ、さらに5,451個のダイヤと
1,383個のルビーや翡翠」ということだそうで・・・スゴすぎる。
f0189467_12182110.jpg
 
シュエダゴン・パゴダ頂上の宝石群を狙うルパン三世、それを阻止せんとする銭形警部。
エキゾチックなヤンゴンの街を舞台に繰り広げられる痛快娯楽アクション巨編・・・

・・というのを誰か作ってくれんかなぁ・・・。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2017-11-20 00:24 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(3)
2017年 11月 17日

シュエダゴン・パゴダに行ってみよう

さて、BBQストリートで冷たいビールをひっかけ、上機嫌で訪れたシュダゴン・パゴダ。
このシュエダゴン・パゴダこそはまさにヤンゴン必見の観光スポット。ヤンゴン観光の王道。

ミャンマー最高の聖地で、最高に格式高いお寺。外国人旅行者にとっちゃ「観光スポット」でも
ミャンマー人にとっては死ぬまでに一度は参拝したい、有難い場所なのである。

イ課長はここを夜見に行こうと思っていた。昼間は暑いし、ライトアップされた夜のパゴダは
とてもキレイそうだったからね。ヤンゴンには1泊2日しかしないわけだから、夜行くとなれば
チャンスは到着当日の夜しかない。昨日の深夜東京を発って以来ほとんど寝てないわけだが
ここは無理のしどころ。BBQストリートからタクシー乗って行きましたですよ。

この巨大なパゴダは東西南北それぞれ入口があるらしい。
タクシーがとまったのは南側の入り口で、ここがたぶんメインの入口・・なのか?よくわからん。
入口の門からしてドえらく立派で、奥に見える本体の仏塔がライアップされてて美しい。
f0189467_11590954.jpg
 
外国人の入場料は8,000チャット(約700円強)だったはずで、参道途中にキップ売り場がある。
キップ買うと服にシール貼ってくれるんだけど、汗でぬれたシャツに貼ったシールなんてすぐに
はがれる。イ課長も結局はがれちまった。カバンか何かに貼った方がいい。そのカバンも
途中でセキュリティチェックされるわけでございます。厳重でございます。
f0189467_11591611.jpg
 
参道の両側はお土産物屋や花屋が軒を連ねてるけど、こちらはのんびりムード。この時間じゃ
もうあんまり商売にならないんだろう。ちなみに、この時点ではもう入場者は全員ハダシになって
いなければならない。履物は参道入り口で脱ぐ。靴置き場もあったと思うけど、入場時とは
違う参道通って帰る可能性もあるから、履物は持って歩くといいと思う。
f0189467_12011794.jpg
 
この参道を歩いたのがたぶん7時半頃じゃなかったかな。
このパゴダ、22時までやってるけど(入場は21:45まで)、夜の8時前でこんなに人が少ないんだ。
シーンと静かな参道を階段⇒廊下⇒階段⇒廊下・・という感じでのぼっていくわけ。上の方で
振り返ってみるとこんな感じ。人気のないこの参道、ちょいと神秘的でステキだったよ。
オンシーズンだったらもっと観光客ワンワン状態で、とてもこんな具合にはいかなかっただろう。
f0189467_11591629.jpg
 
なんて言ってるうちに着きましたシュエダゴン・パゴダ。ヤンゴンの・・いやミャンマーの象徴。
真ん中にある高さ100mの黄金の仏塔と、それを取り囲む金の小塔が真っ暗な空をバックに映える。
いやーーこれは美しい。
f0189467_12040952.jpg
 
周囲をグルグル周りながら林立する黄金の塔を飽かず眺める。
同じような写真にしかならないとわかっていても、つい写真を撮ってしまうイ課長を許せ。
f0189467_17091456.jpg
f0189467_12041065.jpg
 
今朝ヤンゴンに着き、「はじめてのおさんぽ」以来、ヤンゴンでは出会いや偶然やらがとにかく
楽しくてキモチも高揚していた。しかし今こうして夜のシュエダゴン・パゴダをぶらついて、
ようやく沈静化したというか、普通の観光客になった気がしたね。実際、これまでヤンゴンネタを
たくさん書いたけど、電波とか水色の疱瘡とかヒッチコック交差点とか、ミョーなネタばっかで、
こういう純粋観光ネタって初めてじゃない?(笑)
f0189467_12075542.jpg
 
いやーーシュエダゴン・パゴダは夜来ると本当にキレイだ。
クソ暑い昼間ではなく、涼しくなった夜、ライトアップされたココを見学なさることを
イ課長は強力にお勧めしたい。
f0189467_12040931.jpg
 
昼間行ったスーレー・パゴダも居心地良かったけど、参拝者が少ない夜のシュエダゴン・パゴダも
また静かで涼しくてとても居心地がいい。そんなシュエダゴン・パゴダネタ、
もう一回続けますです。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2017-11-17 21:46 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(0)
2017年 11月 15日

愚かなるイ課長のホテル予約

11月下旬にまた出張することになった。今度は大阪。しかしアポはまた午前中。
当日行っても間に合わないから、今度も大阪に前泊が必要だ。

大阪のホテル予約となると、名古屋みたいなわけにはいかない。とにかく混んでるからね。
2015年に泊まった時も市内は全然ダメで、甲子園だの堺だの、周辺都市に泊まるしかなかった。
外人観光客ひしめく大阪でホテル予約が極めて困難なのは承知しておる。とりあえず宿泊まで
あと10日以上ある。早めにホテルだけは予約しておかねヴァ。

国内出張ではいつも「じゃらん」を利用してるんだけど、じゃらんだと大阪市内のホテルは
厳しいかもなぁ・・カプセルホテルか、1泊2万円なんてホテルばっか表示されて困った経験がある
イ課長としては、「じゃらんだと、今回もダメかも」という先入観があった。

この際、海外ホテル検索で愛用してるBooking.comで大阪のホテルを捜してみっか。
このサイトで国内ホテルを予約したことはないが、検索してみたことは数度ある。
翌朝の移動を考えれば天王寺・阿部野橋あたりのホテルにしたいのだが・・どうかな?

お?天王寺駅前のアパホテルが2万円のところ8,500というキョーイの割引。ほんま?
f0189467_18072386.jpg
 
ここは来日観光客ブームになる前に泊まったことがある。部屋は9㎡というキョーイの狭さだが
この際そんなこと言っとれん。しかも喫煙部屋20,000円が8,500円という超割引ときた。イ課長も
Booking.comでは今や「フリークエント・トラベラー」。ヘビーユーザーだから優遇して割引物件を
紹介してくれたのか?さっそくサクサクと予約した。Booking.com、さすがだぜ。

宿を確保してホッとしたところで、「じゃらん」では同じアパホテルがいくらか調べてみた。
昨今の外国人旅行者景気でアパホテルも1万、2万なんて超強気の価格設定らしいから、
本当にシングルで2万円くらいするのかも・・・。
f0189467_18072342.jpg
 
   え?・・・7,870円?!

うっそ。Booking.comより安いやん。これはちょっとマズい。
出張である以上、会社経費による宿泊だ。いちいちチェックされることはないけど、
同じホテルがより安く泊まれるとなったら、やっぱそっちから予約しないとなぁ・・。

しょうがないので、さっき予約したばかりのBooking.comの方をキャンセルし、改めて
じゃらんの方から予約しなおした。もちろん同じ日付、同じ9㎡の部屋で、サクサクと
予約が進行すると、やがてじゃらんの画面に表示された金額は・・・。

  シングルルーム 9㎡ 8,500円

ここで初めてイ課長は自分の愚かさに気づいた。
念のため、デスクの引き出しから電卓を取り出して計算してみた。
  
  7,870×1.08(消費税)=8,499.6


 
おんなじやんか!!


ああああ、お前は何てドジでバカで間抜けでオッペケペーなんだイ課長。
自分で以前にこんな記事まで書いておきながら、自分で引っかかるなんて!ヴァカーッ!!

まぁ同じ値段なんだし、また予約し直すのも面倒だから、そのままにした。
しかし同じ値段なのにキャンセルしてしまったBooking.com殿にはまこと申し訳ないことを致した。
面目次第もござらぬ。愚か者がしでかした不始末と思って、なにとぞお見逃しのほどを・・。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2017-11-15 00:18 | 国内出張・旅行 | Comments(4)
2017年 11月 13日

ヤンゴン・BBQストリート

ヤンゴンにバーベキューストリートという路地があるのを知ったのはわりと出発間際だった。
ある通りにぎっしりBBQ屋台がひしめき、自分の好きな串焼きを焼いてもらい、ビールを飲む。
そういう所らしい。いわば露天串焼きビアガーデン。イ課長好みの場所っぽいではないか。
f0189467_17034150.jpg
  
ヤンゴンで過ごす唯一の夜。夕方降ってた雨はあがった。さて夜はどうしようか。
飛行機で飲んで以来まだビール飲んでないから(売ってる店がみつからないんだよぅ)、
まず夕方のBBQストリート行って串焼き食いつつ軽くビールをひっかけ、暗くなったところで
シュエダゴン・パゴダの夜間見学ってのはどうだ?ヤンゴン唯一の夜を効率的に使う、
完全無欠なプランではないか。

BBQストリートって場所的にいうと19th Street。ホテルから15ブロックくらい歩かなきゃいかん。 
暑い。疲れた。しかしビールにありつくには歩くしかない。完全無欠なプランとか何とか言って、
要するにビールが飲みたいだけのイ課長。

で、着きましたBBQストリート。
時刻はまだ6時頃だったはずで、ここが外人観光客で混みあうのはたぶんもっと後なんだろう。
もっともシーズンオフで外国人少なかったから、いつまでたってもすいてるのかもしれんが。
f0189467_17034174.jpg
  
イ課長が注文した串焼きは4本。最初に運ばれたのはうずらの卵。
f0189467_17052589.jpg
 
さらにスパイシーポーク、イカ、エノキ肉巻きみたいなもの。どれも美味しい。
f0189467_17052630.jpg
 
そしてもちろん最も重要なのはコレですよ。冷えたミャンマービア。
ミャンマー到着以来初めて口にするビール。この瞬間を待っていたのだ。はぁはぁ、ごくごく。
f0189467_17045488.jpg
 
イ課長はミャンマーのビールっつうたらミャンマービアしか知らないから何も考えずにソレを
注文したんだけど、このBBQストリートはちょっと変わったシステムみたいで、ビールの配膳は
串焼き屋の店員ではなく客が注文した銘柄ごとに専属のお姉ちゃんが持ってきてくれるっぽい。
要するに各ビール会社専属の配膳ガールがいるみたいなんだよ。

だからもしイ課長がタイガー・ビアを注文してれば、揃いのキャップ+揃いのTシャツ姿の
こんな「タイガービア・ガール」がビールを運んできてくれたはず。
f0189467_17045318.jpg
 
別のナントカ銘柄を注文すれば、緑のユニフォームのナントカビア・ガールが・・というわけ。
もしアナタが「あのお姉ちゃん、かわいいな」と思ったら、彼女が所属するビールを注文すれば、
持ってきてくれる可能性がある。そうしない限り彼女は永久にアナタを無視し続ける(んだと思う)。
f0189467_17052692.jpg
 
こういうのも「キャンペーンガール」というのだろうか?販促+配膳が彼女たちの役目だから
両方の役割を合体させて「キャンペーン・ウェイトレス」と呼ぶべきかもしれぬ。
BBQストリートにおけるビールシェア獲得競争は彼女たちの魅力度に大きく左右されるはずだから
当然、各ビール会社は年齢やルックス、接客態度の良さなんかを重視して採用してるに違いない。
若くてかわいくて気立ての良さそうなミャンマー美人がいっぱい。眼福である。
f0189467_17045398.jpg
 
え?肝心のミャンマービア・ガールの写真はないのかって?
ご安心あれ。ミャンマー・ビアを注文した顧客の特権を濫用し、ショートカットのかわいい
ミャンマービア・ガール写真は抜かりなくゲットしておる。
来年の美女図鑑を楽しみに待たれるがよい。
 
串焼き4本+ビールで腹はだいぶ落ち着いた。勘定はぜんぶで8,200チャット(750円くらい)。
日本に比べれば激安だがミャンマーの屋台メシとしては高めなんだろうな。
ビールお代わりしたっけかなぁ?

さてビール補給も済んだ。それでは今夜の完全無欠プラン遂行に向け、タクシーつかまえて
ミャンマー最高の聖地・シュエダゴン・パゴダに移動するとしますか。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2017-11-13 00:06 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(0)
2017年 11月 10日

ヤンゴン国際空港から市街へ

さて、話はまたミャンマーに戻る。出入国の話を書いたら、これも書いておかないとな。
イ課長ブログおなじみの実用記事、「ホニャララ空港から市街へ」シリーズ。
今回はヤンゴン国際空港から、ダウンタウンまでの移動方法についてご紹介いたします。

この空港の場合、移動方法の選択肢ってそんなにない。ほぼタクシーだけと言っていい。
あとはそのタクシーをどこでつかまえ、いくらかかるかという程度の違い。
イ課長は空港のタクシー手配所に頼むという最も安直な方法を採用した。

空港タクシー手配所は到着客が到着ロビーに出るその扉の近く・・というか、扉にくっついてる。
あまりにくっつきすぎてて、誰もが一度は通り過ぎてしまう。イ課長も例外ではない(笑)。
空港内ATMで現地通貨チャットのキャッシングを済ませてから再び戻ったわけですよ。

カウンターに近づいて「タクシー・・」というと、すぐ目的地を聞かれる。
「ダウンタウンの、これこれホテルである」といってホテル予約確認書を見せる。
女性係員はその住所を確認し、「8000チャット」と言ってきた。おそらく多少ホテルの位置が
違っても、空港からヤンゴン・ダウンタウンのホテルまでは一律8000チャットなんだと思う。

日本円にすると約720円くらいか。サラサラとこんな感じで伝票を書いてくれる。ちなみに、
料金はここで払うのではなく降車時にドライバーに払うという普通の方式。
ミャンマー文字がああだからか、ミャンマー人が手で書くアルファベットや数字も丸っこくてかわいい。
f0189467_16025974.jpg
 
建物外のタクシー乗り場に案内され、そこに停まってたタクシーに乗ることが決定。
ドライバーはサッソウとヤンゴン・ダウンタウンに向けて走り出す。こうやって初めての国に来て、
初めての空港から初タクシーで初めての街に向かう時って、いつも軽くドキドキするよね。
ちなみに、このタクシーは左ハンドルだったから日本の中古車ではあるまい。
f0189467_16030065.jpg
 
空港からダウンタウンまではけっこう距離がある。タクシーでどのくらい時間がかかるかは
時間帯や渋滞状況によって全然違って、混んでると1.5時間くらい、すいてりゃ30分くらいで
行ける時もあるらしい。差が大きいのだ。この時は土曜の朝9時半か10時頃だったはずだけど、
思ったほど道路は混んでなくて、ホテルまで45分くらいだったんじゃないかな。
f0189467_16030006.jpg
  
ドライバーは一方通行の路地をわざわざ遠回りして逆から入り、ゆっくり徐行しながら
ホテルの看板を捜してくれた。荷物を持ったイ課長がホテル真ん前で降りられるように
気を使ってくれたに違いない。親切なドライバーだ。降りる時1000チャット札2枚のお釣りのうち
1枚チップとして渡したら大変喜んで「ドモ アリガト」と挨拶してくれた。よかったよかった。

もしあなたがもっと安く行きたいと考えるなら、紹介カウンターを介さず、直接外の
タクシーだまりに行ってドライバーと交渉することになる・・・んだと思う。
ヤンゴンのタクシーはメーターがなく、事前料金交渉制。昔はバンコクもそうだった。

交渉次第&相手次第では7000チャット(約630円)まで下がるという情報もあるけど、
最初は1万チャットくらいからふっかけてくるらしい。それを7,000まで下げさせるなんていう
困難な英語の交渉を、到着早々のイ課長に求めないでほしい。大体、その差約90円やん。
f0189467_16084988.jpg
   
どうせタクシー運ちゃんとの料金交渉はこの後ヤンゴンで何度もやることになる。
しかも深夜便+寝不足でイ課長は疲れてた。というわけで、とりあえず最初の空港⇒市内移動は
最も安直なタクシー手配所という方法を使わせていただいたのでございました。

 

[PR]

# by tohoiwanya | 2017-11-10 00:12 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(0)