2009年 02月 12日

イ課長ミシュラン・ホテル評価4

海外出張ホテルの評価もこれで最後か…過去の出張に関しては、だが(笑)。

2007年の欧州出張ではフランクフルト4泊、ケルン1泊、プラハ2泊という
宿泊スケジュールだった。ケルンのホテルは省略し(写真も撮ってない)、
フランクフルトとプラハのホテルについていってみよう。


①Hotel Monopole

イ課長が泊まった時は1泊74€だったから安いけど、一応4ツ星ホテルらしい。
f0189467_9402921.jpg

フランクフルト中央駅が目の前だから利便性はサイコウ。移動はもちろん、
メシ食ったり缶ビール買ったりっていう駅ナカ生活にもチョー便利。
ネットには接続できなかったけど、後述するような理由でそれをマイナス評価に
結びつけてイイかどうかはやや躊躇するところもある。

このホテル、なんと冷蔵庫の中の飲み物は全部タダなのだ。
まぁ大したものは入ってないけど、ビールの小ビン2本がタダ。
飲めば翌日にはまた無料ビールが補充されてて、それをまた飲む、を繰り返した(笑)。
朝食もハムやチーズといった冷菜に加えてカリカリベーコンとか炒り卵とかの
暖かい料理、さらにスモーク・サーモンもタップリ。フルーツもそこそこ充実してて
今考えるとけっこう良かったよなぁ。

ただしホテルの周囲はさほど素敵なトコじゃない。治安が悪いってほどじゃないけど
人通りの多いオシャレな通りとはトーテー言い難い。
そのせいか、客層もカップルは少なくてヤロウ、特に日本人以外のアジア人男性が
目立った。一応4ツ星だけど、実質的にはビジネスホテルといえるのかも。
でもイ課長としては気に入ったホテルだ。2008年出張でも泊まろうと思ったんだけど
満室でダメ。料金もバカ高くなってた。人気ホテルなんだろうな、やっぱ。


②Hotel Pav
f0189467_9414141.jpg

ネットで探したプラハのホテルはみんな高かった中で、ここは1泊88.5€。
カレル橋はじめ旧市街の観光スポットに歩いて行けるし、(仕事の利便性はあまり
考慮しなかった)、ココでいいやと思って予約した。

結果的にはアタリだった。地下鉄駅から少し歩くけど、部屋は広いしバスタブ付き。
部屋の奥の壁に隠れてベッドが配置されてるのが“寝室”っぽくて好きだった。
トイレもやけにモダンでキレイで、思わず写真撮っちまったよ。
f0189467_9423687.jpg

ネットは使えなかったんだけど、ただ、今考えるとフランクフルトやココで
ネットが使えなかったのは、PCにつけるLANアダプタの特性をイ課長がまだよく
知らなかったせい…かもしれない。ヤリ方変えれば接続できた可能性もあるから
ネットに関する評価は保留。

朝食は美味しかったよー…食堂もキレイだし、従業員の感じも悪くなかった。
ほとんど欠点のないホテルのようだけど…まぁ世の中そうはいかないのだ。

このホテルの隣には、プラハのガイドブックに必ず載ってる有名なビアホールがある。
夜になるとそのビアホールの客が音楽に合わせて足を踏み鳴らすかナニかしてる
こもった重低音がズンズン響く。うるさいというほどの騒音じゃないし、店が
閉まれば静かになるわけだけど、最初は一体何の音かと思っちまったぜ。

プラハに安く泊まりたいならお勧めできる。ただし道はわかりづらいよ(笑)。
 
[PR]

by tohoiwanya | 2009-02-12 09:43 | 2007.10 ドイツ・チェコ出張 | Comments(4)
Commented by sca at 2009-02-13 10:28 x
ベッドの丈が短いように思えるのは横幅が広い故の錯覚でしょうか?
それとも斜めに寝たとか?
Commented by tohoiwanya at 2009-02-13 13:32
つうか、この写真あらためて見ると、
ベッドに対して枕が異様にデカい。そのせいでベッドが小さく見える。

こんな巨大なマクラで、どうやって寝たんだろう?
そう言われると、異常なほど柔らかいマクラだったような記憶が…
このホテルじゃなかったかなぁ?
Commented by sca at 2009-02-13 15:25 x
ベッド丈の1/3を占める枕・・・小柄な人だったら枕二つ並べたらベッドになりそうですね。
Commented by tohoiwanya at 2009-02-16 13:39
確か、このマクラ二つ重ねて寝たような記憶が…

ベッドの正面の壁に液晶テレビがかかってて、
寝たままテレビ見るのも枕を重ねるとちょうどよかったような気がする。

あ、そういえば、どっちかの枕の下に小銭を置いといたけど、
手がついてなかったのはこのホテルだ。
遠慮したのか、それとも枕カバーを換えなかったのか…?


<< ケルンの夜      ヌードな人々 >>