2009年 03月 16日

ドイツの市電

ヨーロッパの街には「市電がある」っていうところが非常に多い。

プラハにあったよな、市電。
ブリュッセルでもよく走ってた。
ドイツに至ってはほとんど全ての街に市電があるんじゃないかと思えるほど。
フランクフルト、ケルン、アウクスブルク、ミュンヘン…どこでも市電があった。

市電のある街は日本でも歩いたことはあるよ、そりゃ。
最近だと長崎とか。むかし行った高知なんかは市電をホントによく見かけた。
しかし、日本の市電を見慣れてる目で欧州…それもドイツの市電風景を見てると
「うわー、そういう風になってるの?」と思うことがある。

どういう風になってるのか?


要するに、ヒトと市電しか通れない道があるってことだ。車がない。

実はこれ、けっこう驚いた。日本ではもちろん、他の国でも見たことないと思う。
車が全く通ってない道に線路があって、人が歩いてて、時々市電が通る。
ヒトと市電だけが支配するミチ。車ゼロ。
たとえばミュンヘンの場合だとこういう感じ。ここ、ミュンヘンの繁華街の真ん中で
すごくイイところなんだけど、でも車ゼロ。ヒトと市電だけ。
f0189467_183587.jpg


こういう街のタタズマイ、すごく好きだよ。何だかスゴく居心地がいい街に思える。
アウクスブルクだとこういう感じ。何か、すっごくカンジ良くない?
f0189467_110193.jpg


道路があって、ヒトと市電しかないって、何だか市街地の真ん中に市電の
引き込み線があるような感じで、イ課長にはすごく新鮮に思えた。

ご存知のようにドイツは環境先進国って言われてる。
でも実際行ってみると、現地でソレを強く感じることはない。たとえば公共スペースの
ゴミ箱の分別の仕方なんかも日本とそんなに大差ないと思う。

しかし、車を入れない「人と市電だけの道」は大したもんだと思う。
環境ウンヌンっつうより、俗にいう「ヒトにやさしい街」って感じがするなぁ…。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2009-03-16 01:10 | 2008.10 欧州出張 | Comments(1)
Commented by “My”アフィリエイトスカウト at 2009-03-16 14:20 x
このご連絡は、NTTコミュニケーションズが運営する
“My”アフィリエイトの広告プログラムをご紹介する目的で行っております。
問題ございましたらご連絡下さい。

“My”アフィリエイト スカウト事務局の池田です。
貴サイトでご紹介頂きたい広告プログラム(大手旅行会社のバナー広告)がありご連絡させて頂きました。

3月29日(日)までにバナー掲載にご協力頂き事務局にご報告頂くと
通常の成果報酬に加え2,000円の特別報酬もプレゼント致します。

ご興味を持って頂けましたらぜひ以下までメールにてスカウトを受けたブログURLをご連絡下さい。
ご返信にて詳細をご案内致します。
ma-scout@media.writeup.co.jp

本ご連絡で不快な思いをされた方には誠に申し訳ございません。

■“My”アフィリエイト スカウト事務局
※本事務局は(株)ライトアップがNTTコミュニケーションズ(株)より委託を受け
NTTコミュニケーションズのサービスをご提案しています
※本内容の転載複製はご遠慮下さい


<< 一応、フランクフルトのことも…      世界の非常口から >>