2009年 07月 20日

コタン小路

モンマルトルの丘の上にサクレ・クール寺院がある。

高い丘の頂上にあるから、サクレ・クールはパリのいろんな場所から見える。
パリっ子にとっちゃエッフェル塔なんかと並ぶ街のシンボル。
別の言い方をすれば、遠くにサクレ・クールが見えるコトが「パリであること」の
一種の記号になってる。映画「死刑台のエレベーター」なんかでもオフィスの窓から
遠くに、しかしちゃんとソレとわかるようにサクレ・クールが写ってた。

サクレ・クールに行くには当然のことながら丘を登らなければならない。
登るルートとしては寺院正面の階段がわかりやすいし、公園として整備されててキレイだし
階段からのパリの眺めもサイコー。大多数の人はここから頂上を目指すはずだ。
実際、この階段はいつも観光客でにぎわってる。
しかしイ課長には「ぜひここから行きたい」と思ってた別の“登攀ルート”があった。
f0189467_23101635.jpg

それがコタン小路なのである。パサージュ・コタン  直訳すればコタン横丁とでも
いうところだろうけど、やはりここは「コタン小路」という言い方を使いたいところだ。

コタン小路はサクレ・クールの裏の方にある。
細い路地の突き当たりに急な階段が続くこの光景は、ユトリロの絵「コタン小路」で
有名で、イ課長がここに行きたいと思った理由もユトリロの絵を知ってたからだ。
f0189467_23105152.jpg

f0189467_2311294.jpg

ほら、絵と比べてみ?驚くほどユトリロが描いた当時の面影が残ってるのがわかる。
階段右側の家が1フロア増床した以外は窓の位置とかも全く絵のままだ。素晴らしい
…と言いたいところだが、また工事の柵だ。さらに緑色の…これ、ゴミ箱だろ?
ど〜してこういう情緒ブチこわしグッズ置くかなぁー!フランス人のバカ!

まぁいい。とにかくこの「コタン小路ルート」を登ってサクレ・クールに行こう。
ここは典型的な「距離が短いわりに高低差キツい」型ルートだからけっこう大変。
細い階段の両側は庶民的なアパートで、誰かの話し声とかテレビの音とか、さらに
赤ん坊の泣き声とかまでよく聞こえる。日本で言うと長屋に近い風情だ。
f0189467_23123917.jpg

階段を登る途中で振り返ってみる。うわーアッという間に高くなったなぁ〜。
しかし路地の巾が狭すぎてほとんど眺望ってものがない(笑)。これで2/3くらい登ったかな?

昼間、アミアン大聖堂を見て散々歩いた後だからこの登りはキツかったぜ。
はぁはぁ…とりあえず、サクレ・クールの正面に出て、大きく開けたパリの眺望を見たい。
あの奥の階段を登れば正面側に出られるはずだ。
f0189467_2313374.jpg

しかし、サクレ・クールも裏側だと観光客がまったくいないね。
地元の保母さん(かな?)が大量のガキンチョたちを連れて散歩してた。
コタン小路もそうだけど、誰もが知る有名なモンマルトルの丘も、一部の観光エリアを除けば
意外なほど庶民的な、フツーのパリの人々の生活感が感じられるんだよね。
こう言っちゃナンだけど、「お金持ちの住むところ」という感じは薄いエリアだ。

おそらく昔からそうだったはずで、そういう街の風景をユトリロは愛した。
もっとも、後年になってからの風景画には絵葉書を見ながら描いものが多いらしい。
元々、若くしてアル中で入院したり、生活的には破綻した人みたいなんだよね。

でも、彼が愛したモンマルトルの風景は今もほぼそのまま、残っている。
ちょいとばかり感慨にひたるイ課長であった。

サクレ・クールについては次回、書くっす。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2009-07-20 23:33 | 2009.05 パリ旅行 | Comments(6)
Commented by sca at 2009-07-21 10:28 x
右手のアパートはかなり大掛かりなリフォームをしてるようですね。
それにしてもゴミ箱って・・・。
こっちは生活してんのよ。観光客の感傷につきあってられないのよ。ってことでしょうけど、ちょっと残念。

2006年にイ課長と同じようにユトリロの愛したモンマルトルを旅した人のブログがあってその中の写真ではゴミ箱はなかったですね。

そこのアドレスを貼り付けようとしたら「スパムなんたら。。。」ってコメントが出てできませんでした。
Commented by tohoiwanya at 2009-07-21 22:58
>ユトリロの愛したモンマルトルを旅した人のブログ

パリに行ったらココで写真を撮ろうと思ってる人はすごく多いはず(笑)。

モンマルトルで「ユトリロ聖地めぐり」をしようと思ったら、
地図を片手に、けっこうな労力を要するだろうけど、イ課長の場合、
「映画聖地めぐり」ほどのエネルギーは発揮されなかったようで(笑)
コタン小路登っただけ。
モンマルトルは東京でいうとやや「上野的」な雰囲気があって、
すごくイイところでしたよ。ふふ。
Commented by みゅげ at 2010-02-06 19:52 x
わっ!!!『コタンの袋小路』!!
ユトリロの絵で一番好きなのがこれです!!!

で、モンマルトルも行ったことがなく、今度は絶対に行くわ!と鼻息荒くしてました(笑)
ここからサクレ・クールに行けるなんて・・・。
情報、メモメモ・・・♪
Commented by tohoiwanya at 2010-02-07 09:55
ユトリロが描いたこの階段を発見できれば、
あとはそれを登ればほとんど自動的?にサクレ・クールは発見できます。
ただ、問題はこのコタン小路をどうやって発見するか。

私はもうしょうがないので、Google Mapでモンマルトル付近の地図を出し、
その画面上で「cottin」で文字検索して探しました。

おおまかに言うと、サクレ・クールが丘の頂上で南向きに建ってると考えた場合、
コタン小路の階段は丘の東側、地図だと丘の右側斜面にあるような感じですね。
 
いいなー。前回、モンマルトルのあたりはじっくり時間をかけて歩けなかったから
私ももう一度行きたいっす。
 
Commented by みゅげ at 2010-02-08 16:17 x
ありがとうございます。
早速ノートにメモりました(笑)

だらだらとフランス語を習って数年経ちます。
難しい政治、経済などの会話は無理ですが、場所を訊くくらいなら何とか・・・(汗)
訊きながら探しますが、これが地元の人じゃないとわからないということもあるので、うろうろしそうですが、それもまた楽しいかも??
Commented by tohoiwanya at 2010-02-08 23:56
「行き方は現地で訊いてみよう」といえる程度のフランス語会話ができれば
気分的には多少余裕ができますよね。

私なんてヒトッコトもわからないから、事前に必死になって調べましたけど、
まぁ現地でうろうろするのと同じで、言葉が全然わからない場所で行きたい場所の情報を
必死になってカキ集めるのも、それはそれで楽しいかも。
 






<< サクレ・クール前広場      ムール貝を食らう >>