2009年 07月 29日

イ課長ミシュラン・ホテル評価5

「フランスであそこに行った、これ見た、あれ食った」…と、もう2ヶ月にわたって
書き続けてる。ネタ的にはさらに2ヶ月分くらいはユウにあるけど、箸休め?ってことで
今日は気分を変えて、おなじみイ課長ミシュランホテル評価いってみよう。

Comfort Hotel Opera Drouot
f0189467_1111796.jpg

例の、二つ星ゲイフレンドリーホテルだ(笑)。
6泊して510€だから1泊85€、つまり1万円強/泊。全然安くないけど、パリでは
格安ホテルの部類に入ると思っていいんだろうなぁ。参考URLはここ。
f0189467_193446.jpg

f0189467_1135317.jpg

部屋は決して広くないけど、一応ベッドが二つ並んでゆったり眠れる。
冷蔵庫も金庫もなく、設備はプアだが二つ星だし、これは最初から期待してなかった。

f0189467_1102871.jpg

バスルームもシャワーだけだろうと思ってたら、ごく小さいながらもバスタブが
ついてたのにはちょっと驚いた。これはイイ方向の驚きといえる。

ところがこのバスタブ、写真じゃわかりづらいけど底に段がついてる。
腰掛けてお使いくださいってことなのかもしれないけど、立ってシャワー浴びる時は
両足を平らなところに置けなくて、使いづらいことおびただしい。
しかしまぁいいのだ。風呂も最初から期待してなかったんだし。
PCも持っていかなかったからネット接続がどうであるかもドウでもよかった。

朝食もすでに書いたとおり、ごくごくシンプルな内容。
まぁメシについても最初からこんなもんだろうと思って期待してなかったからいいのだ。

じゃ、何に期待してたかっていうと…え?ゲイのハッテン場?違うってバッ!

この値段で期待した要素といえば「移動や食事等の利便性」くらいだったよね実際は。
しかし、その点に関しては言えば十分合格だったといえるんじゃないかな。

地下鉄2路線が通る駅から徒歩5〜6分程度。しかもその5〜6分間に通る道には
カフェから安食堂からスシハウス、中華料理屋、酒屋、クレープ屋…もう何でもある。
ドゴール空港からのバスの終点、オペラ座前からは地下鉄なら2駅程度だけど、
歩いても全く問題ない。実際、イ課長は最初の到着の時はホテルまで歩いたし。
f0189467_1125559.jpg

便利。これは間違いない。
ホテルのすぐ脇に19世紀調のパサージュがずっと続いてるのもパリ気分をかきたてる。
従業員も親切だったし、もちろんゲイに襲われることもなかった(笑)。
当初の予想通り、ゲイフレンドリーホテルって要するにフツーのホテルにすぎない。

豪華なホテルライフを楽しみたい人にはお勧めできない。
何か勘違いして同性愛な出会いを求める人にもお勧めできないが(笑)、
安くて、観光の拠点に便利なところがいいっていう人には十分お勧めできる。
ゲイフレンドリーホテルにアナタも泊まってみないか。



[PR]

by tohoiwanya | 2009-07-29 01:16 | 2009.05 パリ旅行 | Comments(2)
Commented by sca at 2009-07-29 07:25 x
ようするに
お友達ができなくてちょっとがっかりだったよーってことですか?(笑)
Commented by tohoiwanya at 2009-07-29 13:46
フロントの女性担当者とはチョビットだけお友達になりました。
最初、自分の部屋の番号(104)をフランス語で言えなかったけど
何日かしてフランス語で言ったら笑ってた。

フロント係には男性もいたけど、そっちには愛想ふりまかなかった(笑)
まぁ殿方のお相手はスーカ様にお任せしますよ。


<< 夜景・ドゥ・巴里 -その1-      ドゥーヴィルという街 >>