2009年 08月 17日

SNCF(フランス国鉄)切符購入ガイド

さて、イ課長ブログはこれからシャルトル大聖堂訪問レポートが始まるわけだけど、
ついでだから、イ課長なりに編み出したフランス国鉄SNCFのチケット入手ガイドを書いておこう。
本人もまだよくわかってないけど(笑)、もしかすると誰かの役に立つかもしれんではないか。

今回、イ課長はSNCFのチケットは「行き(パリ発)は事前ネット購入」することを原則とした。
パリから行く以上、行きは必ず北駅とかモンパルナス駅とか、パリの大きなターミナル駅を
利用することになるんだけど、どうも調べたところだと、こういう大きな駅の切符売場は
気絶したいくらい長い行列だって話を聞いたんだよね。
(これは実際にはそうでもなかったけど、バカンス時期とかだとヒドいらしい)
フランス人は切符売場の職員と“相談”しながら、一人15分くらいかけて切符買うのは当たり前
らしくて、実際、それに近い連中は現地で目にした。ウン時間単位で(!)待つこともあるらしい。

ただでさえ初めて使う不慣れな巨大駅。コッチは切符売り場探しから始めにゃならん。
そのうえ何時間も長い行列だぁ?冗談じゃねぇ。イ課長は江戸っ子だぞ、気が短ぇんだぞ。
おフランス野郎どもの悠長な切符買いにつき合ってられっかいッ!!

というわけで、行きのチケットに関してはネットで買うことにした。
早めにネットで買うと早割で料金が半額近くになるというのもビンボ旅行者には大きな魅力だ。

SNCFのチケット購入サイトはここ。
f0189467_0152178.jpg

色づかいが派手だけど、内容は全部フランス語。わかりづらいことおびただしい。
フランス語のわからないイ課長が望みのチケットを購入できた理由の大半は運とカンだ。(笑)

パリからシャルトルまで行きたいのであれば、左の水色のトコのDépart(出発)にparis、
Arrivée(到着) にchartresって入力してダイダイ色のボタンをクリックするとこういう画面が出てくる。
f0189467_0145099.jpg

この中から乗りたい電車を選ぶわけ。ここまでならフランス語ダメダメでも何とかたどり着ける。
…が、行きたい駅のフランス語のスペルは調べなきゃならん。これもけっこう面倒。

他の電車に変更可能なチケットにするか(すると高くなる)とか、ダイヤが遅れた場合に
補償が効くようにするか(すると高くなる)とか決めるみたいなんだけど、この辺になると
正直言ってイ課長にもよくわからない。半ばヤケクソでクレジット決済画面まで
たどり着くしかないのだ。がんばれ!(なんてヒドい購入ガイドなんだ(笑))

切符の入手方法は

①チケットを郵送で送ってもらう
②予約証をプリントアウトし、現地で切符と引き換える
③チケットそのものをプリントアウトし、後は何もしないでそのまま乗れる

…のどれかを選択できる。日本じゃ①はダメだから、当然②か③になる。
プリンタさえあれば③がラクなんだけど、路線によっては②までしかないっていう
ケースがあって、パリ〜シャルトルの場合はそうだった。その場合は、表示された
予約証の画面をそのままプリントアウトしてフランスで切符と引き換えるわけ。
予約証をワードかPDFか、どちらでDLするかって選択画面があるから、これは絶対に
PDFにした方がいいと思う。ワードにするとフランス語のアクセント記号が文字化けして
あとで苦労する(←経験者)。

引き換えは当日でなくても、またドコの駅でも大丈夫だから、イ課長はシェルブールに行く時に
サン・ラザール駅でシャルトルへの切符を換えた。予約証を見せれば言葉がわからなくてもOKだけど、
引き換え窓口で予約したときのクレジットカードを見せる必要がある。

その点③はラク。PDFチケットなら、ソレさえあれば何もしなくていい。検札が来たらそれ見せて、
パスポートを見せればOK。下はアミアンに行ったときのPDFチケットね。謹厳実直なドイツDBの
チケットに比べると映画の広告なんかあって、いささかバカッぽい(笑)。
f0189467_093710.jpg


シャルトル行きに選んだ電車はモンパルナス駅9:34発、シャルトル駅10:42着。
乗った電車はこれだ。正面から見るとボロそうだけど、車内は2階建のモダンな車両だった。
途中に白い模様のついた透明壁があって、その向こうは1等席。
f0189467_017578.jpg
f0189467_0181929.jpg

この、1等席と2等席がやや向こうが見えづらい透明壁で仕切られているということが、
帰路にイ課長の大ピンチを救うことになるんだけど、それはまた後の話。

退屈な車窓風景を見て(いや、キレイな牧草地帯や森が続くんだけど、単調で…)
シャルトル駅到着。着いたらすぐ午後のパリ行きの帰りの切符を買う。これも多少並ぶけど、
まぁシャルトルなんて(その点ではイ課長が行った他の駅も、だけど)しょせんは地方駅。
行列っつうてもそれほど大したことはない。

駅から観光客らしき連中がゾロゾロと歩いて行くから、そいつらの後をついて行けば
大聖堂に出るだろう。どうせこの街に来る観光客の目当てはソレしかないんだから。
お、早くも見えてきた。駅から近いんだね。
f0189467_0192780.jpg

というわけで、チケットの事前ネット購入でシャルトルに無事着いたイ課長。
ふんだんに撮った写真と共に、次回からシャルトル大聖堂訪問記が始まるざます。



[PR]

by tohoiwanya | 2009-08-17 00:22 | 2009.05パリ旅行 | Comments(4)
Commented by いもようかん at 2017-04-13 14:24 x
来月フランスに行きます。パリからルアーブルまで電車に乗りますが、チケットが買えるか不安でした。大変助かりました。今は英語の表記がありますので、なんとか買うことができました。
Commented by tohoiwanya at 2017-04-14 00:24
>今は英語の表記がありますので、なんとか買うことができました

いもようかんさん:
おお、来月フランスですか、いいですねーー。
しかしSNCFのサイト、今は英語もあるとはびっくり。この記事を書いたのが
2009年だから、あれから8年たってやっとそこまで進歩したか(笑)。
切符予約は不安だらけだったけど、いざ乗ればSNCFは早くて快適でしたから、
フランスの旅、ぜひ楽しんできて下さい。
Commented by いもようかん at 2017-04-15 08:14 x
ありがとうございます。
Commented by tohoiwanya at 2017-04-16 00:38
いもようかんさん:
どうぞお気をつけて。5月は季節的にはすごくいいはずですよ。


<< シャルトル大聖堂 -その1-      パリのパサージュはすてき >>