2009年 09月 28日

パリの赤い風車の下で…

アミアン大聖堂からパリ北駅に帰ってきて、サクレ・クールに行った日。

サクレ・クールのふもとに降りて、そのままアテもなくふらふらと歩いた。
割と庶民的な店が並ぶ道をずっと歩いてたら、そのうち店の様相がガラリと変わり、
大通りの両側にはSEX SHOPなんぞという看板が目立つようになった。

およよ、何だここは?パリの歌舞伎町なのか?

とはいったって、別にハンブルクの飾り窓じゃないんだし、どうってことはない。
まだ明るいし、ぜんぜん妖しげなムードもないから、そのまま歩いてたら…うお!
f0189467_025938.jpg

赤い風車があるやん!ここが有名なムーラン・ルージュか!
ははぁ〜…つまり、ムーラン・ルージュっていうのは歌舞伎町みたいなパリの歓楽街の
一角にドンと位置してたというわけだ。なーるほど。

歩き疲れたし、ちょっとこの辺で一休みするかってんで、ムーラン・ルージュのまん前にある
カフェに入った。例によって外のテーブルに座ってビールを頼む。
f0189467_0254293.jpg

のんびりとビールを飲んでると、面白い光景に出会った。
ちょうどムーラン・ルージュ前の大通りで何かの交通取り締まりをしてたんだよ。

スクーターに乗った青年が婦人警官に停められて免許証の提示を求められる。
「えー?オレ、なんもしてないスよ?」って言ってるのが聞こえてくるようだ。
f0189467_0261521.jpg

ところが婦人警官は彼の免許証を持ったまま車の中に入ってしまった。
おそらく、免許証番号を何かのデータベースと照合してるんだろうな。
「ちえーーー、ついてねぇなぁ…ったくよう」
f0189467_0263458.jpg

照合にはけっこう時間がかかる。なかなか免許証を返してもらえない。
「けっ、しょうがねぇから音楽でも聞いてよ」
f0189467_0271290.jpg

やっと免許証を返してもらい、無罪放免。彼はヘルメットをかぶって走り出す。
「ったく、冗談じゃねぇぜホントによ〜」
f0189467_0275856.jpg

そんな4コマ漫画みたいな光景がビールを飲むイ課長の前で展開していく(笑)。
何の取り締まりなんだかよくわかんないんだけど、とにかく二輪車をターゲットに
してるのは間違いないようで、この後も引っかかったライダーがいる。
彼は免許証を照合する婦警さんのそばまで言って何か交渉してるよ。
「ねぇ、急いでんスから、早く免許証返してくださいよ〜」てな感じかな。
f0189467_0284599.jpg

まったくバカバカしい光景の写真を撮ったもんだと我ながら思う。
しかし、こういうバカバカしい写真をわざわざ紹介したのは、ある目的があるからだ。

免許証を取り上げ、パトカーの中で番号を照合する。
フランスの警察官はこういうコトを日常的にやるようだ、というのは上の写真でもわかるけど、
実はムーラン・ルージュ前でこの写真を撮った翌日、イ課長自身が同じような目に遭ったのである。

警官に取り調べられた場所はシェルブールだった。
何だってまたイ課長が警官に…? そう思うでしょ? イ課長自身もそう思った(笑)。

その時の事情は次回の更新で明かされるのである。

  


[PR]

by tohoiwanya | 2009-09-28 00:30 | 2009.05 パリ旅行 | Comments(0)


<< イ課長、フランス警察に取調べられる      映画ヲタクの旅 -シェルブール... >>