2009年 10月 14日

イ課長、シンガポールを行く

とうとう始まった今年の海外出張第一弾。

シンガポールよりイ課長がマーライオンとともにご挨拶申し上げます。
みなさま、お暑うございます(笑)。
f0189467_23253671.jpg

しかしこうしてみると、こないだの沖縄出張はある意味「耐暑訓練」のトレーニングとして
ちょうどよかったのかもしれない。
何てったって東南アジアです。ほとんど赤道直下です。南国です。暑いねぇ~…。

仕事は月曜から金曜までの5日間。
今が火曜の夜だから、5分の2が終了したということになる。はぁ~…。

このブログの読者には信じてもらえないかもしれないけど、
海外出張独特の「何か失敗したら取り返しつかない」という厳しいプレッシャーの中で
イ課長は昼間は非常に強い緊張と抑圧の下でシンガポールを右往左往している。

で、夕方くらいに仕事が終ると街の中心部にある利便性の高いホテルに戻り、
緊張をゆるめて少し休憩する。

だがしかし、イ課長は海外においてはどくとるマンボウの教えを信奉する中年男である。
日が暮れてくると「ホテルになんかでごろごろしててイイのかッ?!」と自らを叱責し、
仕事時とはうって変わって、Tシャツ、短パン、サンダルという南国向け軽装に着替えて
暮れなずむシンガポールに出撃するのである(笑)。

そうだ、この街は50年前に北杜夫が歩いたシンガポールではないか。
今は見違えるほどの近代的先進国に生まれ変わったけど、
それでも「ここは面白そうだから行ってみようかな?」なんてところに行くと、そこには
おそらく北杜夫が歩いた頃と同じような東南アジアのけだるい雰囲気もかすかに感じられる。

とはいえ…だ。
街の中心部に関してはいまやホントに見事なくらい豊かでキレイな先進国だよシンガポール。
地下のショッピングモールを歩いてても東京と変わらない…というより、ひょっとしたら
東京よりもキレイで先進的でオシャレなんじゃないかと思えてくるほどだ。

しかし、イ課長の好みとしてはやはり「混沌として、猥雑な、古きシンガポール」の面影を感じたいなぁ。

シンガポール滞在はあと3日。
昼間は暑い中で強いプレッシャー下で仕事をせざるを得ないのは仕方ないけど、
あと3日の間、せめて夜はあちこち行ってみようと思うよ、このシンガポールの街をさ。
f0189467_23561441.jpg





[PR]

by tohoiwanya | 2009-10-14 00:01 | 2009.10 シンガポール出張 | Comments(2)
Commented by at 2009-10-15 01:54 x
あ、ホントだ、正解者がいた!

いいなぁ、出張で色々な所に行けて。私なんぞ、日本とアメリカにしか行った事がない。しかも両方住んでるし(シクシク)


と、さり気なーーく、いかに出張前後が大変か、そしていま大変なプレッシャーか、ということをスルーする私であった。。。がむばれ


Commented by tohoiwanya at 2009-10-16 00:34
ホントは今日で仕事が終って、金曜は夜のフライトまで観光しようと思ってたけど、
通訳さんの尽力によって明日の午前中も仕事が入ったのである(笑)。

観光は明日の午後だな…。
とは言っても、シンガポールでぜひここに行きたい!ってところもないから
ドコに行くか、まだ全然決めてないんだけどさ。

ああ…もうすぐこのプレッシャーからも解放されるんだぁぁぁぁぁぁ。
 


<< ラッフルズ・ホテルのロング・バーで…      沖縄出張に行ってきた -その2- >>