2009年 10月 27日

シンガポールの車窓から

シンガポールっていう国は日本の淡路島くらいの面積しかない。
面積の小さい国だから「世界の車窓から」的な鉄道の旅とは無縁かと言うとそうでもない。
シンガポールにはMRTっていう鉄道網があるんだよね。
鉄道網っていっても、日本の距離感覚でいえば市営地下鉄路線くらいの距離感覚に近いかな。

このMRTには到着初日、チャンギ空港からホテルまで乗ったのを皮切りに、
シンガポール滞在中何度乗ったか数えきれないよ。
3つの路線に加えて建設中の黄色い路線(下の路線図には描かれていない)を加えて計4路線ある。
f0189467_23565646.jpg

MRTに乗って最寄駅まで行き、そこからタクシーに乗ってさらに不便なところまで行くというのが
今回のシンガポール出張における基本的パターンだったな。

シンガポールは全体的にキレイな国だったから、MRTの中もすごくキレイで治安の悪さを
感じることなんて一度もなかった。他の国みたいにいきなりストリートミュージシャンが乱入して
小銭をセビるなんてこともない(笑)。

下はチャンギ空港駅。
シンガポールに着いた外国人の多くはこの駅を最初に見るわけだけど、実にキレイだ。
f0189467_23554322.jpg

車内はこんな感じ。
この写真じゃけっこう空いてるけど、朝夕の通勤時はかなり混むでーー。
f0189467_23572651.jpg

実際の車両の外観はこんな感じだ。
暑いシンガポールにおいては冷房完備のMRTはある意味オアシスとも言える。
駅も冷房が効いてるし(地下にある駅はね)、暑さにウダッたら、とりあえずMRTに逃避しよう。
ちなみに、車両は全部日本の某重工業製らしいよ。
f0189467_23591729.jpg

「世界の車窓から」シンガポール編。
次回はチケットの購入とか、旅行者に便利なパスとか、もう少し実務的なコトについて
情報提供しようと思うイ課長なのである。
 
f0189467_23593869.jpg



[PR]

by tohoiwanya | 2009-10-27 00:01 | 2009.10 シンガポール出張 | Comments(0)


<< シンガポールのMRTに乗ってみよう      世界三大がっかり >>