2009年 12月 18日

フランスの“静脈設備”たち

10月出張でのシンガポールB級グルメ三昧は一服し、話はトツゼン5月のパリ旅行に飛ぶ。
書き残したパリ旅行ネタをキレイにして年を越す…のはたぶん無理だろうけどさ(笑)、
年も押し迫ってからパリネタの消化に追われるイ課長なのである。

ランス大聖堂とかの大ネタも残ってるけど、今日はパリ旅行で見た“静脈設備”をご紹介しよう。

え?静脈設備ってナニかって?
昔、フツーのものづくり製造業を“動脈産業”と言うのに対し、廃棄物処理やリサイクルなんかを
“静脈産業”なんて言い方をするのが流行ったことがある。最近はあんまり言わないけどね。
人間のカラダも経済活動も動脈だけで成り立つモノではないのである。

海外旅行もまたしかり。
現地のミュージアムを訪ね、鉄道やバスに乗り、ショッピングにふけり…といった
オモテ側の観光施設やインフラを利用することのみで海外旅行が成り立ってるわけではない。
ゴミ箱にモノを捨てたり、トイレを利用したり…といったウラのブブン、すなわち“静脈設備”に
接する機会もまた多いのだ。機会が多いっつうより、静脈設備の利用は不可欠と言うべきか。
そこで、本日はパリ旅行中に垣間見たフランスの静脈設備について論じてみようと思う。
(前フリがオオゲサすぎないか?イ課長)

まずゴミ箱だ。まさに大都市の静脈の入り口。静脈設備の代表格。
実はパリのゴミ箱を最初に見たとき、イ課長はそれがゴミ箱とはわからなかった。
だってワッカの下にヒラヒラしたものがブラ下がってるだけなんだもん。

しかしこれはレッキとしたゴミ箱なのだ。
この緑のワッカに、同じく緑のひらひらポリ袋を装着するというスタイルになってる。
f0189467_1001925.jpg

これがゴミ箱と気づいたとき、しばし驚き、しばし考えた。
今まで行った外国で、街角のゴミ箱が「風にそよぐ袋だけ」なんて国があっただろうか?

記憶にないんだよねーこれが。
最近行ったドイツもベルギーも、去年行ったアメリカも、全部ゴミ箱は金属かプラスチックか、
とにかく「強度のある固体素材」で作られてた。ヒラヒラした袋だけのゴミ箱って初めて見たと思う。

そう思って観察すると、なかなか興味深い。
ゴミ収集作業も見たけど、カパッと袋ごとはずして収集し、新しい袋を装着するという方法だ。
普通のゴミ箱を持ち上げてサカサにして収集するより、一ヶ所あたりの作業時間はかなり短そうだ。
その代わり、そのたびに新しい袋を使うから袋コストはバカにならないはずだ。
カラスに食い破られる可能性だってあるんじゃないか?なんて思いも頭をかすめる。
結局は一長一短ってことなんだろうけど、この「パリ方式」を他の国で見た記憶がないのは確かだ。
f0189467_1004852.jpg

こうしてノートルダム寺院前にも緑のゴミ箱…つうか、ゴミ袋がハタメいている。
この光景を見ると、何となく「ああパリであることよなぁ」と思っちゃうぜ(笑)。

ところが、同じパリでもメトロの駅に設置されたゴミ箱は小型の金属製だ。
ふーむ…日本なら駅のゴミ箱も分別収集になってるし、ドイツなんかもそうだったけど
メトロのゴミ箱は何でも入れていいように見える。そういや街角にある緑のひらひらゴミ箱も
分別収集にはなってなかったよな。フランスってゴミの分別収集、けっこうイイカゲンなのかも。
f0189467_102487.jpg

もう一つ、パリの静脈設備で気がついたのは「灰皿が少ない」ってことだ。
タバコ吸う人が少ないわけじゃない。むしろ喫煙率はアメリカなんかよりずっと高いと思う。
歩行喫煙なんかも当たり前。ところが灰皿がない。当然みんな道にポイポイ吸殻を捨てていく。
f0189467_1032038.jpg

パリ東駅で珍しくチャンとした灰皿を見つけた。珍しいから写真に撮っちまった(笑)。
パリの喫煙・吸殻処理事情もまたけっこうイイカゲンぽい。シンガポールなら罰金だぞ罰金。
ちなみに東駅はゴミ箱もこんな風に分別タイプだった。環境先進駅なんだろうか?東駅は…。
f0189467_1035074.jpg

ゴミ箱、灰皿ときたら、静脈設備の最後はトイレだ(笑)。
下の写真はシェルブールからドゥーヴィルに行く途中の、カレーって駅の有料トイレ。

ヨーロッパはどこもそうだけど、トイレは有料ってところが多い。
その代わり、有料トイレで「うげっ」というような汚いトイレは見たことがない。
カネを取る代わりに、チャンと清潔度はキープしてるね。
利用料はたしか60¢とか70¢(80~90円くらい)だったと思う。
f0189467_1042754.jpg

しかしこのトイレがまたよくわからないんだよね。
一番下の土台(っていうのか?)はあるけど、普通ありそうな馬蹄形の便座がない。
直接ココに座ってスルのだろうか?いやしかし、これ、かなりデカいよ?
小柄な女性だったら尻が落ちてしまうのではなかろうか?
残念?ながらイ課長はこの時小用だったので、この「便座のない便座」に
座るチャンスはなかったけど…どうやってスルのか、未だによくわからない。


というわけで、本日はパリ旅行中に遭遇した「フランス静脈設備」のご紹介でした。
よくまぁこんなモノの写真までセッセと撮ったモンだと我ながら少し呆れる(笑)。



[PR]

by tohoiwanya | 2009-12-18 10:05 | 2009.05パリ旅行 | Comments(0)


<< ホーカー・センターは最高である...      ホーカー・センターは最高である... >>