2010年 04月 19日

海外出張危機管理シミュレーション

アイスランド火山噴火のせいで欧州主要空港軒並み閉鎖。
今年も海外出張があるとすれば欧州になる可能性が高いイ課長としてはシャレにならない、
今年の仕事の組み立てをどうするかにも影響してくる事態ですよアータ。


世界最北の島国アイスランドは大西洋中央海嶺の真上にある火山島で、130の火山があり、
約5年周期で噴火を起こしている。過去5世紀で最大だったのは1783〜84年に起きた
ラキ火山の噴火で、島民の4分の1が死亡。火山灰は欧州の上空を覆って数年間にわたる
異常気象と食糧不足を引き起こし、フランス革命の引き金になったとされる。
今回の噴火は数キロ東のカトラ火山の噴火を誘発する恐れがあるため、影響の長期化を
懸念する声が上がっている
(産經新聞)。

f0189467_0301445.jpg


ひーーーー。

特にオッカナいのは、この「数キロ東のカトラ火山の噴火を誘発する恐れ」というクダリだ。
今回の火山はいずれ収まるだろう。しかし、その次がまたあるかもしれんとなると…


去年の成田空港閉鎖のときにも書いたけど、苦労して作った出張スケジュールが
欧州に着く前に崩壊するという恐怖は、もう恐怖の限界を越えている(笑)。
そんな、限界を超えた恐怖については考えたくない、だから考えないことにする(←現実逃避)。

欧州で仕事してる間に火山大爆発で欧州の空港が片っ端から閉鎖。
イ課長、帰るに帰れないという事態。うむ、これならまだ耐えられる範囲の恐怖だ。
去年の出張に当てはめて、この事態を具体的にシミュレーションしてみよう。

出張後半、ベルギーにいる頃に火山が噴火し、今回みたいに週末に空港閉鎖になったとする。

しかし、イ課長はおそらく事態を全く認識できないはずだ。
そりゃそうだ。フランス語の新聞読んでもニュース見ても、わかんないんだから。
こういう場合、現地で日本語の情報にどれだけ接することができるかが問題になる。

去年の出張では金曜日午前中にブリュッセルで日本の政府系機関の人と会った。
そこで「空港、全部閉鎖ですよ?イ課長さん、帰りのフライトいつですか?」てな感じで
教えてもらい、そこで初めて容易ならざる事態を知ったという可能性が高い。
イ課長の危機管理シミュレーション、オープニングから緊迫感あふれる展開ではないか。

金曜は午後にオーステンデでアポがあったから、これは行かないわけにはいかない。
しかし、携帯電話で日本大使館でもドコでもいいから情報収集を図ったはずだ。
ブリュッセルは日系航空会社の直行便がないから、たとえばフランクフルトのANAとかに電話して
日本人担当者から飛行機の発着状況を確認する、なんてことも考えられるな。

で、いよいよ「コレは明日はとても飛行機は飛びそうもない」ということが確実になったら
必然的に「予定通り日本に帰るのはムリだ」と腹をくくるしかない。

まず真っ先にホテルに延泊を頼もう。
土曜にチェックアウトしても帰れないんだから、最低でももう一泊させてもらうしかない。
ホテルの立場にたてば、ブリュッセル空港が閉鎖されれば泊まるべき客のキャンセルが
あるはずだから、この延泊依頼は早めに手を打てば何とかなるんじゃないかなぁ?

後は…?

あとは特にやることもないよね。
土曜日は当初の計画通り、ブリュージュに半日観光に出かけよう。切符も買ってあるんだし、
鉄道は動いてるんだから、これは問題ないはずだ。で、延泊したホテルに戻ってきて、寝ると。

後は…?

フランクフルトのANAあたりに頻繁に電話を入れて状況確認。
空港閉鎖が長引きそうなら、ホテルにさらなる延泊を頼むことになる。
所持金が心細いかもしれないけど、クレジットカード使えるからこれは大丈夫だろう。

日曜もカンヅメ状態だっていうなら、こんどはアントワープあたりに半日観光に行くか。
ネロとパトラッシュが見たルーベンスの祭壇画、去年の出張では見るチャンスがなかったんだよ。
月曜もカンヅメなら、…さて、ドコに行こうかなぁ?
鉄道でオランダあたりまで足を延ばせるのかな?ホテルのベッドで地球の歩き方でも見ながら
じっくり考えて…


結論。
欧州に着く前に噴火が起きて飛行機が飛ばないと地獄落ち。
欧州に着いた後に飛行機が止まれば、帰れないんだから、現地でヤケクソ観光天国。

カトラ火山。もし噴火するならイ課長が現地に着いた後にしてくれ!(笑)



[PR]

by tohoiwanya | 2010-04-19 00:30 | 出張・旅行あれこれ | Comments(2)
Commented by のんのん at 2010-04-20 17:38 x
成田閉鎖当日、遠くオヘア空港で立ち往生してたのはこのわたくし。
でもね、JALからのお知らせメールを携帯あてにしてたり、
ニュースをこまめにチェックしたり、
それから、気の利いた知人友人家族がいて知らせてくれてたら、
1本前のアメリカン航空で帰れたのだよ。
情報リテラシー、人脈のなさに泣いた一日でした。
Commented by tohoiwanya at 2010-04-21 15:22
ひー。よりによってあの時にシカゴにいたとは。
2日くらい閉鎖してたんじゃなかったっけ?

確かに、日本の家族に情報収集させるってのも一つの手だ。
レンタル携帯からトホ妻に電話して、「日本のニュースでヨーロッパの空港のこと
何て言ってるか確認して、成田のANAにも確認の電話いれて、その結果を
1時間後にオレの携帯に電話すれ!」とかね。

どうせニュースなんて見ないで海外犯罪ドラマばっかり見てるから
ベルギーから「日本のニュース見れ!」って言わんといかん(笑)。
 


<< トーキョー観光客になったイ課長      シングリッシュ! >>