2010年 06月 07日

海外のスーパーマーケット

出張であれ、旅行であれ、海外に行くとイ課長はその国のスーパーマーケットに入る。
ほとんど毎日のように入るんじゃないかな?

スーパーマーケットに頻繁に入る理由の大半は缶ビールの調達にあるわけだが(笑)、
その他にビールのつまみとか、ホテルの部屋にいる間にちょっと食うお菓子とか、
いろいろ買うべきものはあるわけだ。

スーパーに入るとなぜか写真を撮りたくなる。
何かの専門店じゃない、スーパーマーケットなんだから、お国柄っていったって
そう極端にあるわけじゃない。大体どこの国でも、日本でも、同じような構造だけど、
それでも撮りたくなる。まぁ要するにスーパーが好きなんだろう、きっと。
ガイコクのスーパーにいるっていうだけで、嬉しくなっちゃう(←バカ)。

お店の中で写真撮ると、店員に怒られないかなとか思って気を使うけど
あたりに人がいないのを見計らって撮っちゃうのだ。
これはドイツ出張で撮ったフランクフルト中央駅構内にある、ミニスーパー。
f0189467_0324194.jpg

缶ビールは当然として、ドイツのスーパーはお菓子類、特にグミの品揃えが充実してて嬉しい。
巨大グミを一袋買って、食いきれずにブリュッセルまで持ってったっけ。
かと思うと、ワシントンDCのスーパーはこんな感じ。
f0189467_0335383.jpg

何がスゴいって、取手つきのペットボトルに入ってて、どう見ても洗剤にしか見えないモノが
実はジュースであるというのが驚く。アメリカ人はこんな巨大ボトルからコップに
ジュースを注ぐのかい?すごいね。
f0189467_0343412.jpg

上は去年のパリ旅行のときに撮ったパリ市内のスーパーだ。
たぶんチーズ売場だろうと思うけど、さすがはフランス、チーズの品揃えの豊富さは
すごいものがある。
f0189467_035525.jpg

一方、こちらはアジア、シンガポールのスーパー。
けっこう日本のお菓子が日本語で商品名が印刷されたまま売ってた。
シンガポールのスーパーではお土産系のお菓子も売ってたから、出張土産用に
マーライオンチョコもこの店で買ったのだ。空港で買うよりウンと安い(と思う)。

こちらは2008年のドイツ出張のときに撮ったリューベックのスーパー。
ここでもお土産用のグミとか買ったっけなぁ。
f0189467_0354082.jpg

ここで面白かったのはレジだ。
写真じゃわかりづらいけど、このスーパーのレジはベルトコンベア方式になってて、
一人分の会計が終わるとベルトがちょっと動くという方式。だから、イ課長もベルトの上に
自分の買いたいお菓子を置き、ベルトの動きに合わせて前に進むわけだ。

フと気がつくと、青くて細長い棒が何本も用意されてる。
これは…何だ?この棒がないと品物を買えないのか?いやそんなことはないだろう。

棒は無視して自分の番がくるのを待っていた。
すると、イ課長の次に並んでいたオバサンがおもむろにその青い棒を取るではないか。
見てると、イ課長が買った品物と、自分が買った品物の間にその棒をヨコに置く。

そうかッ!!つまりこれはベルトコンベアに置かれた商品の区切り用の棒なんだ!
この棒からアッチは前の人が買った分、棒からコッチはアタシが買った分ってことだ。
レジ打ちの人が間違えないように、これで区切りをつけるんだな。

その棒の使い方を知ったイ課長は激しく感心し、「なるほど」と感心した顔をして、
自分の次に並んだオバサンの顔を見た。
ドイツのスーパーについて、外国人にひとつ知識を与えたオバサンはニッコリと笑う。
「そうか〜、なるほど、なるほど」てな顔して納得してうなずくイ課長。
「わかった?わかったでしょ?こう使うのよ?」てな顔で得意げにうなずくオバサン。

日本人出張サラリーマンと北ドイツに住むオバサン。
リューベックのスーパーマーケットで、言葉は通じないモノ同士が「うむうむ」と
互いにうなずきあって、心の交流を果たしたのでありました(笑)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2010-06-07 00:38 | 出張・旅行あれこれ | Comments(5)
Commented by 小市 at 2010-06-10 23:22 x
お久しぶりです。またもよけいな一言を。

私の経験する限り、パリと、スペインもベルトコンベアを使っていたと思います。あれ、仕組みがわかると確かに感動しますよね。ただ、客の方が仕切り棒を置くのではなく、レジ係が置いてくれたように記憶しています。

カルフールが日本に上陸したとき、買い物に行ったら同じくコンベアー式だったはずです。ただ、最近行ってないので今もそうなのかは定かではありませんが。フランスから来ただけあって、その時は豪快な売り方やチーズ、ワイン、輸入菓子の充実度は本国を彷彿とさせましたが、今はどうなっているのやら。

ユーロもお得になっているというのに。また行きたいなあ、ヨーロッパ。
以上、愚痴になってしまいましたが、お許しくださいね。
Commented by 小市 at 2010-06-10 23:31 x
すみません。今カルフールを調べてみたら、完全に撤退してましたね。やっぱり日本では定着は無理だったか。
Commented by tohoiwanya at 2010-06-11 11:44
お久しぶりです。

去年、パリでよく入ったスーパーマーケット。
“フランプリ”っていう、おそらくチェーン店でしょうけど、ココはベルトコンベア式じゃなくて、
レジカウンターにドサッと品物を置く方式だったんですよ。

なぜかフランスではベルトコンベア式の店って見なかったなぁ。
カルフールにも一度も行ったことないし。

今年も欧州出張あるのか、ないのか。イ課長の心は現在、千々に乱れてます(笑)。
もしあるとすれば、いまのうちにユーロに換金しといた方がいいのかなぁ?
 
Commented by 小市 at 2010-06-12 00:35 x
お返事ありがとうございます。もう少しだけ雑談を。

私がパリに何度か行っていた時期は、5年から15年前くらいの時期ですから、その間にスーパーの扱い方が変わっている可能性もゼロではありませんね。

私が使っていたのは「モノプリ」という大型スーパーでした。店内の宣伝放送の最後に必ず「もーのーぷりっ」(音階的にはソラド)というジングルが流れてきてました。

ユーロは開始当初、125円前後から始まり、私がヨーロッパに行った中でもっとも率の悪かったときで140円、金融危機がらみで一時160円ぐらいまで行きましたから、個人的には、10万円くらいまでならユーロ建てのチェックを買っておかれたらいかがでしょう。保険もかかってますし。

まさか円が倍の強さを急速に持つとは思えませんから、今からさらに円高になっても、今までの経過を考えればせいぜい100円までが精一杯だと思うので、ヨーロッパに行く可能性が0でなければ損はしないと思います。

円安になれば、買った銀行でチェンジしてもらえばいいことですから。

お答えにはならない無責任なご提案でした。
Commented by tohoiwanya at 2010-06-13 22:49
2007年に初めて欧州出張したときは為替手数料入れて1ユーロが170円でしたからねぇ…
去年の出張のときでも135円か140円くらいだったんじゃないかなぁ?

旅行でも出張でもそうだけど、ドルとかユーロみたいな通貨だと
「またいずれ使うだろう」っていうんで、いちいち円に換金しないでそのまま
持ってることが多い。この二つの通貨に関してはイ課長は毎回そうしてる。

それがけっこうある。何百ユーロっていう単位である。日本円にすりゃ数万円。
ユーロの値下がりによって、この「たんすユーロ預金」の資産価値が
ミルミル下がってるのがもう実に腹立たしくて…(笑)。

いま安いからなぁ…ユーロキャッシュ、作っとこうかなぁ?
 


<< SNCB(ベルギー国鉄)切符購...      海外出張における通訳さんという存在 >>