2010年 07月 23日

富山出張に行ってきた -その1-

唐突ですが、クイズです。

富山県富山市内で13:30からの打合せに参加するため、日帰り出張する必要があります。
さて、東京から行く場合、鉄道と飛行機のどちらがイイでしょうか?

飛行機だと1時間で着く。そりゃそうだ。富山なら距離的には大阪より近いんだから。
f0189467_0221690.jpg

一方、鉄道だとウチから最寄りのJR駅まで歩き、そこから武蔵野線・埼京線を使って大宮に出て
上越新幹線で越後湯沢へ、そこでほくほく線なんぞというヘンな名前の路線を走る
「はくたか」という特急に乗り換えて行く必要があって、4時間弱かかる。
f0189467_0222870.jpg

どう考えても飛行機の方が早いじゃん、とイ課長も最初は思った。
もちろん、鉄道の方が料金は安いけど、交通費は会社が出してくれるんだし、
仕事で行くことを考えれば時間効率を優先する方がイイに決まっている…と思った。

ところが、ここで「打合せ開始が13:30」という条件が大きな意味を持つ。
これに間に合う飛行機って9:05羽田発しかない。その30分前、8:30までに羽田に
着くように府中の家を出るとしたら、いつもより早起きしなきゃならんのは確実だ。

一方、鉄道はと見ると、何と、8:53分の武蔵野線に乗れば富山に12:45に着く。
到着時刻もちょうどいいし、何より飛行機で行くより2時間は寝坊ができる(笑)。

しかも、ほくほく線〜信越線〜北陸線の路線を走って富山までを結ぶ特急「はくたか」って
日本最速の特急で、時速160kmで走るんだと。乗ってみたくなるじゃんよ〜。

というわけで、木曜日の13:30に打合せに参加するために、往路は鉄道、復路は飛行機という
変則パターンで富山に日帰り出張してきたのである。
f0189467_023576.jpg

まずは大宮駅から上越新幹線の「Maxとき」っつう2階建て列車に乗って越後湯沢まで行く。
もっとも、2階席は全部売り切れだからイ課長は1階席。当然ながら、低い位置から見た車窓風景はショボい(笑)。
f0189467_0255761.jpg


越後湯沢から富山までは、いよいよこの「はくたか」に乗る。ふーむ、こういう列車なのか。
時速160kmの車窓から見る、夏の日本アルプスの山並みはキレイだろうなぁ…。
f0189467_0242021.jpg

なーんて期待してたら、このほくほく線、カーブが少なくて超高速運転できるのは結構なんだけど
やたらめったらトンネルが多い。ひたすら闇の中を走ってる感じ。
まぁ速いんだから、贅沢は言えんが…なんだか東京の地下鉄乗ってるみたいで…(笑)。
直江津を過ぎてから、ようやく北陸路の車窓風景を楽しむことができた。
f0189467_0285615.jpg

そして12:47、定刻より2分おくれて特急はくたかは富山駅に着いた。
うーーーむ…富山か。独身時代に一人で旅行に来たことあるけど、一体何年ぶりだろうか。
しっかし暑かったね〜、富山も。最高気温35度っつうんだから東京と変わらん。
f0189467_0261812.jpg

この時点では、打合せが何時に終わるのかはわからなかった。
まぁどんなに長くやったって、1:30に始めりゃ、夕方には終わるだろ。
帰りの飛行機は19:30発だから、多少は市内を観光する時間もあるはずだけど、
この暑さでイ課長はどんな富山観光ができるというのか…?
(その2につづく)

  

[PR]

by tohoiwanya | 2010-07-23 00:29 | 国内出張・旅行 | Comments(2)
Commented by のんのん at 2010-07-23 20:06 x
猛暑の中、出張お疲れ様でした。富山は行ったことないなあ。その②に期待します。
越後湯沢も、こんな駅だったんだ。昔桑沢デザインに行ってたころの友達に、実家がここで旅館してるという子がいた。みんなで行こうと言ってたのに、結局そのままになってしまった。きっと駅の佇まいはそのころとあまり変わらないんだろうねえ。思い出がよみがえってしまいました。写真ありがとう。
Commented by tohoiwanya at 2010-07-24 18:10
>昔桑沢デザインに行ってたころの友達に、実家がここで旅館

ちょ、ちょっと待て。のんのん先生、昔桑沢デザインなんて通ってたの?知らなかったなー。
それ、オレらと同級生になる前の話?後の話?それとも並行してたのか?何にせよびっくりっす。

今年度は極めて高い確率で富山カンケイの仕事をすることになる。
そうなれば、富山出張は今後も何度か行くことになる。冬に行くことも当然あるだろう。

冬の越後湯沢はたぶんスキー客でごった返してるはずだよ、きっと。
イ課長も富山出張の帰りにぶらりと1泊、湯治してこようかなぁ。
 


<< 富山出張に行ってきた -その2-      ホーカー・センターは最高である... >>