2010年 12月 14日

十分に行く-その1- 「台北から瑞芳へ」

台湾に十分という観光地がある。
2010年8月の台湾旅行で、イ課長はぜひココに行きたかった。
十分に行きたいというのが、台湾に行く動機の3割くらいを占めてたね。

国内・台湾・欧州と行ったり来たりのイ課長ブログ。
今日からは少し腰を据えて十分観光レポートを連続して書こう。
ここは書くこといっぱいあるよーー。写真もいっぱい撮った。

台北から十分に行くためには、まず瑞芳というところまで幹線鉄道に乗り、そこから
平渓線というローカル鉄道に乗り換えて行く必要がある。

瑞芳っていう駅は2006年の台湾旅行でも行ったことがある。
九分(フンの字は正確にはニンベンに分だけど、その字はないので便宜上、分と書く)観光で
降りた駅だ。慣れない外国でも、行ったことある場所だと何となく安心感がある。
f0189467_8175711.jpg

MRT台北駅で降り、そのまま地下にある台湾国鉄キップ売場で瑞芳までのキップを買う。
2006年に来たときは大きめのポストイットに「9:20 瑞芳」なんて書いて、言わば
筆談でキップを買ったけど、今回は台湾国鉄のサイトの時刻表をプリントアウトし、
乗りたい電車に印をつけてたものを見せたから、前回より多少スマートな買い方になったかな。
こういうのを進歩というのであろう(笑)。
しかし、言葉が通じなくても文字ならコミュニケーションできる国って、助かるよなぁ。
f0189467_8181624.jpg

こちらは台北駅の地上のキップ売場。こっちがメインで、ものすごくデカい。
地下の窓口がけっこう混んでたのに対して、この巨大キップ売場に客が誰もいないのは
なぜなんだ??

イ課長が乗ったのは9:20台東行きの電車。途中の瑞芳までは1時間弱で着く。
f0189467_81901.jpg

台湾国鉄の発車案内はこんな風になってて、イ課長が乗る9:20の電車の場合で言うと
「花東経由、台東行き」なのである。じゃ��光ってのはドコのこと?と思ったアナタの疑問は
ごもっともだが、この��光っていうのは駅名じゃない。列車のタイプのことなのだ。
台湾の鉄道では特急のことを「自強号」、急行のことを「��光号」らしい。
ちなみに、日本語読みの場合は「きょこうごう」が正しいらしい。
��光号に乗って、いざ行かん瑞芳へ。
f0189467_816556.jpg

��光号の中はこんな感じ。日曜だったせいか、けっこう混んでる。
立ってる乗客はそこが指定席かどうかなんてことを全く気にせず、空いた席があると
片っ端から座る。だからイ課長も自分の指定席に座ってたニイチャンに立ってもらった。
こういうところは非常にフリーというか、ユルいのである。
f0189467_8193213.jpg

1時間ほどで瑞芳に着いた。予定通り。
ここでまずすべきことはホームの上にある精算所兼キップ売場みたいなところで、
瑞芳から平渓線というローカル線のキップを買うことなのである。
f0189467_8201096.jpg

ここで売ってるキップは「ドコからドコまで」っていうんじゃなく、
平渓線一日乗り放題の、いわばフリー切符なのである。
完全に十分瀑布の入場券風で、あまり鉄道の切符とは思えない(笑)。
f0189467_8203916.jpg

ここから10:46発の平渓線に乗ってとりあえず大華という駅まで乗る。
十分まで行くんじゃないのかって?フフフ…わざと手前の駅で降りる理由がチャンとあるのだ。
f0189467_821244.jpg

ホームでぼんやり待つことしばし。やっと来ました平渓線。
こののどかなローカル線に乗って、いよいよ山間部に入っていく。
そして、大華の駅で降りたらそこからは、オタノシミが待ってるのだ。ふふ…ふふふ。
(その2に続く)




[PR]

by tohoiwanya | 2010-12-14 08:21 | 2010.08 台湾旅行 | Comments(5)
Commented by みこ at 2010-12-15 21:27 x
Hi! 1月にシンガポールへ行きます。シングリッシュを検索してこちらのブログを見付けました。とってもおもしろいです!
私は専ら遊びの海外旅行です。
今年の1月は香港へ行きました。シンガと香港、少し似てますね。島国で地震がなく、輸入品が多いってところが。
又、お邪魔します。
Commented by みこ at 2010-12-15 21:50 x
ナザール・ボンジュウ!今、読んでて、キーホルダーの写った写真を見付けました!トルコも行かれたんですか?
私は去年と今年、トルコへ行きました。NOKIAのあるフィンランドも行きましたよ。ヨーロッパは後、スペインへ卒業旅行で行きました。
Take good care.
Commented by tohoiwanya at 2010-12-16 01:05
コメントありがとうございます。来年1月にシンガポールですか。
仕事じゃなく旅行で行くなら、シンガポールは食い物おいしいし、治安もいいし、
なかなかイイと思いますよ。ぜひ楽しんできてください。

トルコには、2006年に金婚式の両親を連れて行ったんです。
ナザール・ボンジュウはあれ以来、ずーーーっと携帯にくっつけてますけど、
日本のトルコ人(ドネル・ケバブ屋台のニイちゃんとか)にあれを見せて
「ボク、トルコ行ったことあるよ」って言うとすごく喜んでくれる(笑)。

しかし、みこさん、スペインやらフィンランドやらトルコやら香港やら、すごい海外渡航歴。
イ課長なんて、今でこそ海外出張だナンだって言ってるけど、初めての海外渡航は20代後半。
若いうちからガンガン海外経験積めるって、うらやましいです。
Commented by みこ at 2010-12-16 22:00 x
Merhaba! メルハバ
早速のお返事ありがとうございます!私は37歳の独身です。
海外旅行はツアーが多いのですが、土産物屋に連れてかれるのが嫌です。食事付きだと楽ですが、楽しめません。旅行で一番の楽しみが料理ですから。ブランドのショッピングも興味ないので、シンガポールでもホーカーでの食事が楽しみです!今回のツアーはホテルの朝食だけ付いてます。O.K., lah!
今年のトルコは個人旅行で、事前にたくさんのブログを読みました。私も結構海外旅行してると思っていましたが、上には上がいますね。飛行機の世界一周券みたいなものを利用して、1回の旅行で何ヶ国にも行く人がいるんですね。飛行機と機内食ばっかで飽きないのかな、とも思いますが。海外在住の人も結構いて、そういう人は近隣の国に旅行してますよね。皆、よく稼いでるな、と思います。
私は車に乗らないので、その分を旅行に回してます。
Well, sleep well!
Commented by tohoiwanya at 2010-12-17 15:25
私の場合、出張ではもちろん、旅行でもツアーで行ったことがないんです。
いつも航空券+ホテル予約のみ。
一度、社員旅行で韓国にツアーで行きましたが、土産物屋への強制拉致にはウンザリ。
私の場合、ゴシック教会めぐりとか、映画ロケ地めぐりとか、線路歩きとか、
旅先でヤリたいことがかなりヲタク的で特殊ですから(笑)
個人旅行が合ってるんでしょうな。

シンガポールのホーカーはいいですよーーー。
おいしいラクサやチキンライス、さらに冷たいスウィーツの数々…
満喫してきてください。


<< 十分に行く-その2-「平渓線ス...      ウォータールー橋のナゾ >>