2011年 01月 31日

ロンドン、ホテル朝食との対決

さて、フィッシュ&チップスを食った翌朝だ。ロンドンのホテルの朝メシとの対決だ。
「ロンドンのホテルの朝メシ」っつうとだね、イ課長はやっぱり20年前、新婚旅行の時に
対面した、あのホテルの朝メシを思い出さずにはいられないのだよ。

20年前も朝食付きホテルだったから、朝食を食おうとした(そりゃするわな)。
広いダイニングに行き、ウェイトレスから「コーヒーか?紅茶か?」と聞かれる。
ここまではまぁいい。どこの国のホテルでも大体こんな感じだ。

頼んだコーヒーを飲んでると、ウェイトレスがパンを持ってきた。問題はここからだ。
そのパンを見てイ課長とトホ妻は少なからず驚いたんだよね。

「丸いパンがいくつか、バスケットに盛られてる」的なモノを想像していたんだけど、
そのパンはもうすでに焼かれていた。え?何も頼んでないのにいきなりトースト?
他のパンってないの?パンは薄切りパンのトーストっつうだけで他に選択の余地ナシなの?

しかもやけに薄いトーストじゃないか?…しかもやけにカリカリに黒く焼いてないか?
しかもそのトーストが挟まってるこの「トースト立て」っつうのか何つうのか…コレは何だ?
頭の中にかなりたくさんのハテナマークが飛び交う朝食だったのだ。

トーストを持ってきたウェイトレスがおごそかにイ課長とトホ妻に宣言した。
「標準はこのトーストと飲み物だけ(あとはジャムとかその程度)のコンチネンタル
ブレックファストである。あとホニャポンド追加すれば肉類などを加えたイングリッシュ・
ブレックファストを食えるが、お前たちはどうする?」

薄くて黒くてカリカリで、火事場から拾ってきたベニヤ板みたいなトースト、それがタテに
ズラリと並んだ姿を見て気後れした我々は「と、とりあえずコンチネンタルでいいス…」と
答えたのである。

あれから20年。
ロンドンのホテル朝食は今どんな感じなのであろうか…?非常に興味があった。

ダイニングに行くとおネエチャンが「コーヒーか紅茶か?」と聞いてくる。ここまでは同じ。
パンはと見ると…お?小さい菓子パンっぽいのが何種類か置かれているぞ。

おお?これは意外だ。これ、何となくおフランス風の朝食じゃないかい?
しかしこれは悪くないかも。カリカリトーストより個人的には菓子パンの方がいいな。
さっそく菓子パンを二つ取り、生のグレープフルーツをたっぷり取った。
菓子パンと果物、あとジュースとコーヒーの朝食なんて、けっこういいじゃん ♪♪
f0189467_0183717.jpg

菓子パンを食ってると、コーヒーを持ってきたウェイトレスがイ課長に質問してきた。
「トーストはブラウンか●●か?トマト・ソーセージ・卵・マッシュルーム・ベーコンはどうする?」
(●●はイ課長が聞き取れなかったブブン)

…え?
こ…この菓子パンが朝食じゃなかったの?イングリッシュ・ブレックファストが別にあるの?
ビュッフェ式の朝食で、並べられたものを取って食うんだと思い込んでたけど、ココは
客ごとに厨房でオカズやトーストを調理して持ってくるの?…ぞ、存じませんでした。

動揺を隠しながら、とりあえず聞き取れた方のブラウンのパンを頼み、オカズに関しても
ウンウンとうなずいて持ってくるように頼んだ。そういう方式だったのかぁ…。
f0189467_0141283.jpg

うおおー出たーー!懐かしき「トースト立て」!!
他の国ではマッタク見かけない食器?だけど、英国では相変わらず使われてるんだ!
朝食のパンはトースト以外に選択肢なし、そしてこの独特のトースト立てに立てられた
カリカリの薄いトーストの行列。英国ホテル朝食の伝統は生きていたようだ。
トースト立てを懐かしがりながらジャムをつけてトースト食ってると、やがてオカズが来た。
f0189467_0161420.jpg

う…う…やけにスゴい量だ。さっき菓子パン二つも食っちゃってるのに…。
実はこれ、本来は「トマトとベーコンと卵にして」みたいに、5種類のオカズの中から
チョイスする方式だったみたいなんだよね(そのコトには後で気づいた)。
イ課長がウンウンとうなずくから、ウェイトレスさんはオカズ全種を持ってきたようだ(笑)。

味はっつうと…うーん…ベーコンとトマトは及第点だろうが、卵とソーセージとキノコは…
特に卵が…ホテル朝食のスクランブルエッグなんてどこでも同じような作り方のはずなのに
あまり美味くない。やけに“薄い”って感じ。牛乳入れすぎか?

ドイツのホテルと比較しちゃうと、やはり圧倒的な差があると言わざるを得ないな。
ドイツはパンの種類なんか、すげぇ豊富だったもん。もちろんトーストが欲しければ
自分でパンを切って、自分でトースターで焼ける。
ハムやソーセージや卵なんかのオカズ類にしても、段違いにドイツの方が美味しい。

しかし、この時はイ課長は「味」よりもむしろ「量」が問題だった。
すでに菓子パン二つ食ったあとにトーストと「オカズセット全種」だからね(笑)。
途中で「トーストのお代わりは?」と聞かれて、当然断ったけど、それでも最後の方は
さすがに腹一杯すぎて少し残した(主に卵とマッシュ)。ごめんなさい。

ドイツのホテル朝食に比べれば、やはり英国のホテル朝食はだいぶ落ちる。
まぁこれは十分予想されたことではある。もし逆だったら大事件だが。
しかし「不味い!」というほどではない。大したことはないけど、まぁ食える。
これは昨晩食ったフィッシュ&チップスの評価と同程度だな。
それでも品数の多さという点ではまぁまぁ多かったといえるのは確かだろう。

でも、この朝食の中で一番美味しかったのは、最初に勘違いして食った
菓子パンと生グレープフルーツだったというのが正直なところなのだ(笑)。



[PR]

by tohoiwanya | 2011-01-31 00:20 | 2010.11 欧州出張 | Comments(0)


<< ドイツ・英国 喫煙事情      ロンドン・夜の名曲選 -その2- >>