2011年 02月 18日

ロンドンのヘボ地下鉄 -その2-

欧州出張で土曜日といえば仕事が終わった翌日で、最終滞在地で半日観光できる日。
去年の出張ではロンドンがその最終滞在地にあたったわけだ。
当然いそいそとハンプトン・コートなんぞを観光したのである(寒かったけどね〜)。

しかし本日の主題は前回に続きヘボ地下鉄だ。イ課長は執念深いのだ。
ハンプトン・コートからウォータール駅に戻り、さらにウォータールー橋を歩いたあの日
ロンドン地下鉄はあの日もヘボヘボだったのだ(笑)。

とりあえずウオータールー橋をわたってテムズ川の対岸に着いたはいいけど、
さて、この後どうしようか。イ課長はガイドブックを開いて検討してみた。

まだ時間があるから金融街シティでもぶらつくか…その先にあるロンドン塔を
見物する時間はないだろうけど、タワーブリッジくらいなら見物できるよな。
タワーブリッジってまだ生で見たことないんだよ、イ課長は。

地下鉄路線図を見ると、黄色で表示された路線のTempleっていう駅がわりと近くにある。
そこからシティ中心部に近いMonument駅まで乗ってももいいし、タワーブリッジそばの
Tower Hill駅まで乗ってもいい。どうせイ課長は一日フリー切符持ってるんだから、
ナンだったら両方行ったってイイわけだ。よし。とりあえずTemple駅を目指そう。

ウォータールー橋のたもとからTemple駅まで歩き始めた。ほどなく赤いマルの中に
UNDERGROUNDと書かれた、おなじみの地下鉄マークが見えてきた。近いじゃん。
えーと…地下への入口は…こっちかな?

f0189467_064983.jpg

・・・・・ナンだこれわ。

見た瞬間に「この駅は(少なくとも今日は)閉鎖なんだ」とすぐに悟った。
悟ると同時に、イ課長の体内は怒りではなく、すぐにあきらめムードで満たされた。
閉鎖かよ〜…まぁ何しろロンドンの地下鉄だもんなぁ…(タメ息)。
自分がロンドン地下鉄のヘボさ加減にかなり順応したと思えた瞬間であった。

土日だから閉鎖なのか、あるいは一定期間ずっと閉鎖なのか、その辺はわからん。
何かの工事か、他の理由で閉鎖なのかもわからん。でも工事中には見えないけどなぁ〜?

まいったなーーしかし。
このTemple駅がダメとなると、次に近い地下鉄駅は同じ黄色表示路線の隣の駅だ。
隣の駅まで歩くか…しかしこの「イエロー線」、今日はこの駅だけじゃなく、このあたりの区間
ぜんぶダメと考えた方がイイんじゃないか?Temple駅だけ閉鎖ってのは考えづらいもんな。
数日間でロンドン地下鉄に対する推理力と猜疑心が大きく成長したことに感心した瞬間であった。

イエロー線のこのあたりの駅が軒並みダメと仮定すると…
他路線につながるのはMonument駅だ。そこまで歩くの?参ったなーーー。

Monumentって、今いるTempleから数えて4つ目の駅だ。
地下鉄駅4つ分ってけっこうな距離だ。東京の銀座線だったら銀座から赤坂見附まで。
このクソ寒いのによゥ…ったく。全部オマエが悪いんだぞ!ロンドンヘボ地下鉄!
なーーにがアンダーグラウンドでい!閉鎖じゃねぇか!プンスカ!!
f0189467_074323.jpg

おそらく、土日っていうのは平日以上に区間閉鎖だの駅の閉鎖だのが多いんだろうな。
日本でも電車の運行を停めなきゃいけないような工事は土日を狙ってやるもんね。

この時は半日観光だったから、たいして時間を気にしてたわけじゃないけど、
寒さにふるえながら地下鉄駅4つ分歩くのはけっこうしんどかった。

ひたすらテムズ河畔を歩き通してようやくMonument駅の近くまで来た。
テムズ川のこの地点にはミレニアム橋っていう変わったデザインの橋がかかってる。
この橋はその名のとおり、西暦2000年記念事業の一環として架けられた橋だそうで、
車の通らない歩行者専用橋なんだよね。せっかくだから歩いてみよう。
f0189467_081736.jpg

お?タワーブリッジが遠くに見えるじゃん。
やったーー。イ課長はついにタワーブリッジを見られたーー。ばんざーーい。
こんな遠くから見るハメになったのは全部ロンドン地下鉄が悪いんだーー。ばかー。
f0189467_083617.jpg

とにかくこの日はよく歩き、かなりくたびれてパディントン駅に戻ってきた。
幸い、赤い路線と茶色い路線はチャンと動いてたから戻って来られたとも言えるが。

パディントン駅の改札を出た。ロンドンのヘボ地下鉄に乗るのもこれが最後だろうな。
あとはホテルに預けた荷物をピックアップして空港行って…ところでこの表示は何だい??
f0189467_085419.jpg

ひぃーーーーーッ!これって「本日の路線別運行状況」に違いない!
白いところが「Good Service」つうから、いうなれば「平常運転」。
青くなってるトコは「Part Closure」って書いてある。「部分的閉鎖」か。
便宜上イエロー線って書いたのは「サークルライン」、これもやっぱり青くなってる。しかも
ここだけは「Planned Closure」なんて書いてある。「計画的閉鎖」とでも訳すべきか。

…なんて英語のオベンキョウはどうでもいいんだよッ!!
11路線のうち5路線、ほぼ半分が何らかの閉鎖っつうんだから呆れけぇるじゃねぇか。
いくら土日に集中工事するっつうてもだな、もう少しヤリようってもんがねぇのか?

大体なぁ、計画的閉鎖だなんて言ってもなぁ、イ課長はそんな計画知らねぇよ!
3日前にロンドン来たばっかのガイジンが知るわけねぇじゃん!計画的もヘチマもあるかい!!

「ヘボさに順応した」と思ったが、ロンドン地下鉄のあまりと言えばあまりのダメさ加減に
結局ブチ切れたくなった瞬間であった。

まったくもう〜…ホンッッットどうしようもねぇ野郎だよ、ロンドンの地下鉄は。
オリンピックまでにマトモな了見に改心するとはとても思えないんだけどなぁ〜?




[PR]

by tohoiwanya | 2011-02-18 00:09 | 2010.11 欧州出張 | Comments(2)
Commented by hanatomo31 at 2011-02-18 22:04
私は今のところロンドンの地下鉄でひどい目に遭ったことがないのですが、久しぶりに出張/旅行で行ったりして、現地の情報収集がままならない時にこういう状況になると辛いですね。
それでも、なんとか楽しむんでしょうけれど。(笑)

パリも何かとストが起きていろんなモノが止まるので、私は交通機関のスト情報だけは、パリに着いたらまっさきに調べます。
実際ストだというので、空港行きのタクシーを前夜のうちに手配して、十分に早く出発したのに、それでもチェックイン締切りギリギリに空港に到着…なんてこともありました。ひー。
Commented by tohoiwanya at 2011-02-19 19:59
>パリも何かとストが起きていろんなモノが止まるので

hanatomoさん:
パリのストは有名?ですね。
一昨年パリに行ったときはチャンとSNCFが動いてくれるかどうか、けっこう心配してたんだけど、
パソコンも持って行かなかったし、そもそもネットだろうが新聞だろうがテレビだろうが、
フランス語でスト情報知らされたって、理解できないし…(笑)。

次回、ロンドンに行く機会がまたあるかどうかわかんないけど、もし行ったら
とりあえず駅の入口の「今日の運行情報」だけは確認することにします。特に土日は。
体験的教訓を元にした学習というヤツですな。
 


<< 烏來に行く -その1- 台北か...      ロンドンのヘボ地下鉄 -その1- >>