2011年 04月 07日

イ課長ミシュラン・ホテル評価 No.11

ハンプトン・コートが続いたから、中休みってことで久しぶりにホテル評価。
フランクフルトにしようか、ロンドンにしようか、福井にしようか迷った結果、
本日は昨年11月出張の前半に3泊したフランクフルトのホテルを取り上げる。

InterCityHotel Frankfurt

3泊で272.7ユーロだから、1泊約90ユーロ。当時のレートで1.1万円/泊くらいかな。
そう高くはない。★★★三ツ星ホテルとして標準的な宿泊料金だと思う。

ズバリ言う。ココはいい。
ココはお勧めするよ。特にフランクフルト中央駅から朝早い移動が多い人には大お勧め。
f0189467_22515744.jpg

利便性:バツグン
とにかく駅からバカ近い。駅の北出口を出てから徒歩1〜2分ってとこか。
雨が降っても、傘ないけど駅まで走っちゃえという気に十分なれる近さだよ。
列車移動の利便性、缶ビールやメシの調達という面での利便性、まずは文句なし。
f0189467_22522363.jpg

f0189467_22523192.jpg


居住性:マァマァ
まぁ特にゴージャスでも広くもないけど、出張で泊まるホテルとして問題はない。
強いていえばバスタブがないのが残念だったってことくらいかな。
ちなみに、ドイツのホテルではなぜか必ずベッドメイクされたシーツの上にお菓子が置かれてる。
ここのホテルの場合、おなじみハリボの熊グミの小さい袋でした。
f0189467_2254212.jpg


ネット接続:マァマァ
ここはフロントに申し込んで、接続用のユーザーネームとパスワードを発行してもらうという
システム。こうやってレシートにして出力して渡してくれる。
f0189467_22544051.jpg

これは当初問題なく接続できた。しかし次に接続しようとするとなぜかダメで、再発行してもらった。
さらに次に接続しようと思ったら、今度はパソコン側に問題が生じてダメになった(笑)。
だから非常に困ったんだけど、これはこのホテルのせいじゃないから仕方ない。


朝食:バツグン
このホテルで一番ナニが良かったかといわれれば、イ課長は「朝食」と答えるだろう。
温かいオカズもいっぱい、チーズやハム類も種類豊富。実に充実している。
そして、さらに素晴らしいのは、このホテルは朝食が朝6時から食えるということだ。
f0189467_2255408.jpg

これまで出張先で泊まったホテルで「6時から朝食」出してくれたトコなんて記憶にない。
大体どこも7時から。6時開始って、中央駅の朝早い列車に乗らなきゃいけない客には福音だよ。
実際、イ課長はこのホテル滞在中に2度、7時前にホテルを出発しなければならなかった。
普通だったら当然朝食はアキラメるけど、ここでは腹いっぱい食えた。これは嬉しかった。
f0189467_2256170.jpg

11月のドイツの朝6時なんて、まだ真っ暗だよ。
こんな時間、誰もいないだろうと思いつつ食堂に行くと、すでにけっこうな数の宿泊客が
「朝食開始」を待ち構えてるんだから驚く。6時になると彼らは次々と、照明もロクについてない
薄暗い食堂に入り込んで行って朝メシを食い始める。
f0189467_2255949.jpg

こんなに早起きして食いに来る方もすごいが、すでに準備をすませてる方はさらにすごい。
さすが早起きドイツ人。7時過ぎンなっても「これからパン買いに行く」なんてスッとぼけたこと言ってた
ブリュッセルのホテルと比べてなんという違い(笑)。ホントに助かったよ。


欠点:
そんなにない。非常にコストパフォーマンスの高い、いいホテルだったと思うよ。
駅から近いけど、別にうるさいわけじゃないし、安眠にも問題はない。
強いて言えば、枕が平べったすぎることくらいか(笑)。イ課長は二つ折りにして使ったが。
f0189467_22565879.jpg

あと、朝夕の混むときにフロントに客の行列ができることがある…ってくらいかな。
まぁそんなに長時間待たされるわけじゃないけど。欠点なんて、ほんと、それくらい。

インターシティホテル・フランクフルト。
何度も言うけど、中央駅からの朝早い列車に乗らなきゃいけないなんていう人には
特におあつらえ向きにホテルだと思うよ。イ課長お勧めッス。



[PR]

by tohoiwanya | 2011-04-07 23:04 | 2010.11欧州出張 | Comments(0)


<< ハンプトン・コートに行く-その3-      ハンプトン・コートに行く -そ... >>