2011年 07月 08日

だめだめハイリゲンシュタット観光

ウィーンに行ったらハイリゲンシュタットに行ってベートーヴェン関連史跡を訪ね、
ついでにホイリゲで美味しいワインと料理でも楽しもう、と思ってる人は多いはずだ。

そういう方々にまずに申し上げておきたいことは、ハイリゲンシュタットに行くなら
地下鉄U4で、その名もずばりハイリゲンシュタット駅まで行き、そこから38Aのバスで
行くのが正解ということだ。おそらく大多数の人はそうするはずで、我々だって
事前によく調べていたら、そうしていただろう。ところがだ…。

この日、我々は午前中~昼過ぎまでウィーン中心部を散々歩いて観光していた。
たぶんこの時点で1万歩近く歩いていたはずだ。けっこう歩き疲れていた。
そんな状態でショッテントーアという市電の駅を通りかかったら、トホ妻が言い出した。

ヌスドルフ行きの市電が走ってるじゃん。あれに乗ればいいはず。前回行ったときも確か
 ヌスドルフ行きの市電で行ったもん。アレに乗ろう

30年前の記憶に基づいたトホ妻の“危険なガイド”が始まったのである(笑)。

ヌスドルフ行き市電の停留所を確認すると、終点に「ベートーヴェンガング」っていうのがあるから
確かにソコに行けばよさそうに思えた。というわけで、次のヌスドルフ行き市電に乗り、
終点らしき駅まで行ってみたわけだよ。
f0189467_23595152.jpg

だが、この時点ですでに我々は失敗を犯していたのだ(ミス1)。
実際には市電終点駅のベートーヴェンガングは「遺書の家」や「田園の小道」からは
かなり北の方にあって、効率よく周るんであれば同じ市電の2つくらい前の停留所で
降りるべきだったんだよ。…すべて後になって知ったことだが(笑)。

市電でハイリゲンシュタットに行こうと思っている皆さん。終点まで乗るのはやめましょう。
二つくらい手前の、グリンツィンガー通りと交わるあたりの停留所で降りましょう。

ここからイ課長とトホ妻の迷走が始まった。
ガイドブックに小さ~い地図が載ってたんだけど、地図の範囲が狭すぎて、
自分たちが今いる場所は地図に入ってない。だもんだから、どっちにどの程度歩けば
ドコに出るのか見当のつけようもないのだ。

実際のベートーヴェンガング…つまり「交響曲第6番『田園』の想を練った小道」は
もっと南であろうと見当をつけ(これは正しかった)、歩き始めた。
20分くらいかなぁ?ふらふら歩いたらバスが通る、わりと広い道に突き当たった。
ここが38Aのバスが通るグリンツィンガー通りなのだ。

さっきも言ったように、すでにイ課長&トホ妻はかなり歩き疲れた状態にあった。
ここは計画を変更し、この38Aのバスでカーレンベルグという山の上の見晴台まで行き、
そこで少し休んでから麓に戻ってベートーヴェン史跡めぐりしようということになった。

だが、バスの中で我々はまた過ちを犯した(ミス2)。
バスに乗ってたら途中に展望台があって、大勢の客が降りた停留所があったんだよ。

イ「ここで降りるんじゃないの?
ト「いや…終点だと思うけどな、カーレンベルグは

ところが、その展望台を過ぎると道は下り坂になるではないか。
ってことは、やっぱさっきの所がある目指す展望台だったんだよ!というわけで、
イ課長がトホ妻をせきたて、次のバス停で降りた…が…

それも間違いだった(ミス2)。カーレンベルグはトホ妻の言うとおり、やはり終点であって
さっきの展望台は別の展望台だったんだよ。ああああ…次々とミスを犯す我々。
38Aのバスでカーレンベルグに行こうと思っている皆さん、終点まで乗りましょう(笑)。
途中にまぎらわしい展望台があるけど、そこはカーレンベルグじゃありません。

幸い、38Aのバスは10分おきくらいに頻発してるから、次のバスに乗り、ようやく
山頂のカーレンベルグに到達することが出来た。ふう…。
f0189467_04976.jpg

ここからの眺めるウィーンの街の遠望は確かにすばらしかった。
この日はピカピカに晴れてたから、ウィーン市内を貫くドナウ川はもちろん、望遠レンズで見ると
シュテファン大聖堂やヴォティーフ教会の高い尖塔までわかっちゃう。
遠く霞んで見えるのはもうオーストリアじゃなく、スロヴァキアかハンガリーじゃないか?
(下の写真、金色の球を串刺ししたヘンなものは、実は清掃工場の煙突なのである)
f0189467_0430100.jpg

f0189467_044952.jpg

何度も言うが、我々は市電に乗った段階ですでに1万歩くらいは歩いていた。
市電を降りて道に迷って、さらに無駄に歩いたわけで、かなーり歩き疲れたけど、
この展望台でソーセージパンを食いビールを飲み(昼飯ヌキで歩いてた)、やや回復した。
f0189467_05664.jpg

時刻は4時過ぎだったかなぁ?6月初旬だからまだ完全に真昼間だ。
ベートーヴェンが遺書を書いた家に行く余裕は十分にある。というわけで、我々は再び
38Aのバスに乗り、麓のハイリゲンシュタットに戻ったのである。
この後また疲れた足にムチ打って、強い西日の下を延々歩くハメになるとも知らず…。



[PR]

by tohoiwanya | 2011-07-08 00:11 | 2011.06 ウィーン旅行 | Comments(0)


<< だめだめハイリゲンシュタット観...      ベートーヴェンの町へ >>