2011年 07月 22日

イ課長ミシュラン・ホテル評価 No.13

ウィーンネタの間隙をぬって昨年の欧州出張ネタも地道に展開し続けるのである。
ロンドンで泊まったホテルの評価をまだやってなかったから、今日はソレをやろう。

今回から、☆印による評価制度を導入してみた(笑)。大体の目安はこんな感じか。

★★★★★  サイコウ
★★★★☆  ケッコウイイ
★★★☆☆  マァマァ
★★☆☆☆  イマイチ
★☆☆☆☆  ダメダメ
☆☆☆☆☆  ウンコ

まぁイ課長だって、アホはアホなりに「なるべく安くていいホテルを」と思いながら
探すわけだから、下二列のような評価にブチあたることはないと思うんだが…(笑)。


The Darington Hyde Park

ロンドンのホテル探しはかなり苦労した。
いつものホテル予約サイトで探したんだけど、フランクフルトに比べて相場が高くて
マトモそうなホテルは平気で1泊2.5万円くらいする。
もっと安いホテルはっつうと、どこもすこぶるユーザー・レビューが悪い(笑)。

いわく「狭い」「不潔」「うるさい」「二度と泊まらん」云々…
ロンドンには三ツ星程度で、なかなかいいホテルってもんがないのかよ?
いくら高級ホテルを除外して探してるとはいえ、やけに評価が低い。
評価が高いところはっつうと、値段もやけに高い。ったくもう…ロンドンときたら…。

ロケーション的に泊まりたい場所はある程度ハッキリしていた。
金曜のリーズ行きではキングス・クロス駅周辺が、最後の帰国時にヒースロー・エクスプレスに
乗るんだったらパディントン駅周辺が便利。この二つの駅のドッチかだろう。
だが、聞いた話ではキングス・クロス駅周辺ってのは治安がイマイチらしい。だもんで、
パディントン駅周辺を中心に探し、探し、探し疲れた頃に、あるホテルのユーザー・レビューに
こう書かれてるのを発見した(日本人が書いてた)。

ロンドンのベスト・バリューホテルの一つとして現地の雑誌で取り上げられてた

…ふぅ~~む。ここなら、そうメチャクチャひどくはないんじゃないか?
3泊324£だから1泊100£ちょい。安くはない(1泊1.4~1.5万円ってとこか)。
フランクフルトのあのナイスなホテルでも、1泊90€(1.1万円くらい)だったんだから
全然安くはない…が、バカ高くもないし、他の人の評価もまぁまぁだし、もう探すのに疲れたし(笑)、
面倒臭くなってここにしたのだ。さて、実際はどうだったのかというと…。


寝室:★★★☆☆ 
まぁ★3.5くらいあげてもいいんだが…。
イ課長が泊まったのは最上階の4階の部屋で、部屋はけっこう広かった。

特に、このデスクがすごく広かったっていうのは非常に使いやすかったね。
PCを置き、書類を広げ、なおかつ缶ビールとツマミを置いてもまだスペースに余裕がある。
外も静かだったし、全体としては悪くない部屋だったといえる。
f0189467_017106.jpg

ただ、この部屋には問題が一つあって、それは床鳴りがヒドいってことだ。
配線類を通しやすくするためにジュウタンの下を二重床にしてたんだろうが、これがもう…
部屋ン中を歩くたびに「ギィーッ」「ギシッ」「ミシーッ」「ギシーッ」って音が
1歩につき1回鳴る。同階の隣の部屋が床鳴りしてるのもよく聞こえた(笑)。
f0189467_017336.jpg

これ、イ課長は最上階の4階だったからまだマシだったといえる。階下の人はかなり
うるさかったと思うなぁ。下の人ごめんなさい。しかしイ課長だって生きている以上は
部屋の中をあちこち動くわけだからさ、しょうがなかったんだよ。


バスルーム:★★★★☆
これはまぁ特に優れているわけじゃないけど、一応バスタブらしきものが付いてたし
お湯の出も悪くなかったし、バスルームは床鳴りしなかったから(笑)、一応★4つ。
f0189467_0175434.jpg


朝食:★★★☆☆
おそらくロンドン中級ホテルの朝食としては「かなりいい」レベルだったと思うんだが、
その直前まで泊まってた、ドイツ・フランクフルトのあの朝食の直後じゃねぇ…。

ちなみに、最初の日によく知らぬまま「オカズ全部盛り」を食うハメになったイ課長。
最後の土曜は(金曜は早朝出発で朝飯食う時間がなかった)、オカズのオーダー量を減らし、
代わりに生グレープフルーツ(これは美味しかった)を大量にむさぼり食ったのである。
身体がビタミンを欲してたのかもね。
f0189467_0182925.jpg


利便性:★★★★☆
これは★4つあげていいだろ。
パディントン駅からは徒歩5~6分程度で、地下鉄に乗ればロンドンのドコに行くにも便利。
駅の周辺にはレストラン、パブ、土産物屋、缶ビールの買える店等々、いっぱいあって
生活にはまず困らない。
最後の帰国時に重いスーツケース運ぶのも、このホテルから駅までだったら問題ないよ。
しかもパディントン駅からならヒースロー空港まで約15分。これは助かる。
f0189467_0344371.jpg


従業員の態度:★★☆☆☆
これがねー…
いや、サービスや接客内容が悪いわけじゃないんだよ。必要な対応はしてくれた。
ただね、イ課長がよく会ったメガネの男性スタッフ、彼には全く「笑顔」ってものがない。
常に冷静に、事務的に、キチンと仕事をこなすけど、ニコリとも笑わず、英語の不自由な
イ課長に対して少し分かりやすくしゃべってあげよう的な心遣いもない。

何度も言うが、仕事自体はチャンとしてる。荷物も預かってくれたし、前の宿泊客の
忘れ物とおぼしき封書(未使用のクレジットカード入り!)を持ってってあげた時も
「ありがとうございます。おお、ミスター●●ですね、存じてます、連絡します」って感じで
的確に対応はしてくれた。ただ、その対応の間にマッタク笑顔はない…
何だかロボットのフロントマンと話してるみたいでさぁ…ブツブツ。

他の中級ホテル(おおむね良くないらしい)に泊まってないから比較できないけど、
ロンドンの三ツ星B&Bとしては、確かになかなかイイ方なんだと思う。
高級ホテルは無理だけど、そうヒドいところでも困る、っていう、イ課長みたいな
ごくフツーの旅行者or出張者にはお勧めできると思う。
ゴージャスなホテルで思い出に残るロンドンの夜を楽しみたいって人には論外(笑)。



[PR]

by tohoiwanya | 2011-07-22 00:23 | 2010.11欧州出張 | Comments(5)
Commented by げんまいちゃ at 2011-07-22 08:14 x
ロンドンはもう…いいホテルはないと思ったほうがよいとある程度割り切ったほうがよいと思います。

私はたいてい一人で旅行するので、そのときは交通の便のよいシングル一泊£50程度のB&B(バストイレ共用のもの多し)、ある程度連泊する場合はセルフ・ケータリングのところを探します。

友人と出かけたときはそういうわけにもいかず、ユーストン近くのMICを使いました。いかにもイギリスチックな重厚なホテルとは対極にありますが、便利と綺麗をかねそろえた、(ロンドンにしては)お値段相応の価値のあるホテルだと思います。次回お出かけの際はぜひwww
Commented by tohoiwanya at 2011-07-22 13:33
>いいホテルはないと思ったほうがよい

げんまいちゃさん:
上記のホテル、ズラーッとB&Bが並んだ一角にあるホテルで、おそらく
周辺のB&Bよりちょっと値段は高かったんじゃないかと思うけどクオリティ的には
(ロンドンにしては)けっこう良い部類なんだと思う。

あの辺ってビジネス街って感じは全くなく、インド料理屋やインド系床屋なんかも集まってて
パブでは夜になると育ちのよくなさそうな連中が(笑)トグロ巻いてる。
よくわかんないけど、パディントン駅周辺って、パリでいうとモンマルトル、日本でいうと上野みたいな
感じなんでしょうかね?それはそれで、わりと私好みの雰囲気だった(笑)。
Commented by tohoiwanya at 2011-07-22 15:56
あ、そうそう。
げんまいちゃさんのコメント読んで、私がホテル料金をうっかり
ポンドじゃなく、ユーロで書いてたのを発見したので、修正しました。
相変わらずバカです。すんません。
Commented by げんまいちゃ at 2011-07-22 23:33 x
床屋チェックをするところがさすがですね。

ロンドンに住んでいたわけではないので、あまり詳細はわかりませんが
中心部に限っていえば、「どのエリアが怪しい・危険」とかではなくて、
「大通りから一歩小路に入ったら急にガラが悪くなる」とか
「夜の顔と昼の顔がぜんぜん違う」とか
そういうのが旅行者には予想がつかないから
とにかく気をつけるべし、ということになるんだと思います。
いつぞやの夜の公園で…と書いていらしたのを読んで
男性だからこういうことができるよな、いいなあ、と羨ましく思いました。

残念ながらモンマルトルも上野もあまり詳しくないので比較ができないのですが、ロンドンのターミナル駅周辺は、B&Bスタッフも地元民らしき人も、非ブリティッシュ系率高いですよね。ウェールズ南部方面へ向かう電車などが多く発着するところですし、ビジネスマンの利用は少ないのかな。←この部分にはあまり確信ありません。信用しないでください。
Commented by tohoiwanya at 2011-07-25 12:03
>男性だからこういうことができるよな、いいなあ、と羨ましく思いました

げんまいちゃさん:
ひーーーーー。確かにそう言われると、夜のバークレー・スクエア周辺はやけに人ッ気がなくて
森閑としてた。まだせいぜい夜の7時なのになぁ…とちょっと驚いたんだけど、
あれはロンドン事情にウトいガイジンならではの大胆行動だったのかも…(笑)。

パディントン駅って名前が有名なわりに、駅前には大きなビルなんかなくて、
駅の正面は狭い道路をはさんですぐレンガ造の商店街。だから巨大ターミナル駅っぽくない。
「駅を出るといきなり庶民エリア」って感じ。フィッシュ&チップス食ったり、
缶ビール買ったりするのには非常に好都合でした。そういや、缶ビール買った店の経営者も
非ブリティッシュ系だったんじゃなかったかなぁ?


<< 「英国美人」は存在するか?      ガイジン・アンケートに答える >>