2011年 08月 05日

フランクフルト中央駅というところ -その3-

なぜ急にフランクフルトなのか?
昨年の欧州出張についての記事をいろいろ書いたけど、考えてみたらその大半は
ロンドン滞在中のハナシばっかりで、ドイツやベルギーに関する記事がほとんどない。

ドイツに3泊した出張前半は早起き→早朝出発→夕方まで仕事、の繰り返しが多くて
フランクフルトの街を明るいうちにブラつくヒマなんて全然なかった。
ベルギーのブリュッセルに至っては滞在自体がタッタ半日、しかもその半日の間
ずっと面談相手企業の人たちと一緒だから写真も撮れない。記事を書きようがないのだ。
イ課長は海外出張で遊んでばかりいる、なーんて言ってるのは誰だ?

しかし、これじゃまるで昨年の出張が「ロンドン出張」だったみたいではないか。
フランクフルトとロンドン、等しく3泊ずつしてるんだよ?実際は。

というわけで、今日はフランクフルトについて書く。何がなんでも書く。
わずかな自由時間しかなかったのに何か書くとすればフランクフルト中央駅しかない。
もうすでにこの駅についてはを書いてるのに…(笑)。

ドイツ出張が多かったせいで、フランクフルトといえば、今やイ課長にとって
「日本以外の、海外で最も慣れ親しんだ街」であり、その中でもさらに
「最も慣れ親しんだスポット」といえば、どうしたってやっぱりフランクフルト中央駅になる。
去年また行って、いよいよ、ますます、しみじみと慣れ親しんだ。

イ課長がもし国内出張で大阪駅や名古屋駅にいけば、当然キョロキョロするだろう。
大阪駅なんて新しい駅ビルが出来たらしいから、今行きゃ、尚更だよね。
しかし出張でフランクフルト中央駅に行くと、イ課長はもうあまりキョロキョロしない。
駅の雰囲気も、構造も、出入口も、ドコにどんな店があるかも、大体わかってんだもん。
ガイコクでこんな場所、フランクフルト中央駅をおいて他にあろうか。

去年の出張でも例によって駅の真ん中に立ち、行き止まり式ホームに並ぶ列車を眺めながら
「ああ、今年もまたここに戻ってきたなぁ…」という感慨に浸ったよ。
f0189467_052313.jpg

そのまま後ろを振り返ると駅前ロータリーに続く中央ドームが見える。
これまたおなじみの光景だけど、内から見ても外から見ても、いつ見ても立派な駅だ。
f0189467_06499.jpg

f0189467_06201.jpg

フランクフルト中央駅は地下にも駅がある。
ドイツ版新幹線その他の長距離列車は必ず地上駅、山手線や京浜東北線みたいな近郊列車は
主に地下の駅を使うっていうすみ分けになってて、それとは別に地下鉄の駅もある。
そう書くと複雑そうだけど、実際のところはけっこうわかりやすい。
JRの地下ホームが離れたところに二路線あって、なおかつ東京メトロの地下鉄駅もある
複雑な東京駅なんかよりずっとわかりやすいと思うよ。

地上の駅が立派だから、フランクフルト中央駅といえば地上駅が紹介されるけど、
せっかくだから本日はふだん日の当たらない地下駅の方もご紹介しよう。
f0189467_08458.jpg

f0189467_091551.jpg

こんな感じ。確かにまぁ…地下駅はつまらないのは事実だが(笑)。

上にも書いたように、ICEみたいな長距離列車はぜんぶ地上駅発着だけど、赤い車体の
近郊列車(Sバーン)はこの地下駅発着っていうことが多い。
フランクフルト空港からもSバーンで中央駅に来るわけだけど、到着するのが地上駅だと
「欧州の立派な駅に到着」って気がしてちょっと嬉しいし、地下駅だとちょっとガッカリする(笑)。
地上駅はホント風格あるんだよ。フランクフルト中央駅。
f0189467_01031.jpg

去年の出張は4年連続5回目のドイツ出張であり、フランクフルト中央駅訪問だった。
去年行った時点で、すでに「来年は(つまり今年は)ドイツ出張はないだろう」ということが
予想されていた。

海外出張がなきゃホッとする。はっきり言ってイ課長はここ数年海外出張多すぎ。
でも、来年はもうフランクフルト中央駅に来ることはないんだなぁなんて考えてたら
ちょいと残念だったのも確かだ。

ただねー…
海外出張、今年はないと思ってたんだけど、どうも…ここにきて少し雲行きが…
まだどうなるかわかんないんだけど…ちょっとキナ臭い雰囲気が漂ってきて…
いやたぶん大丈夫だとは思うんだが、いろいろ事情が…

…急に歯切れが悪くなるイ課長なのであった…。



[PR]

by tohoiwanya | 2011-08-05 00:10 | 2010.11 欧州出張 | Comments(2)
Commented by ちわわん at 2011-08-05 16:09 x
おお〜この駅ってよく映画ででてくるやつ?
それかヨーロッパはこういう駅がデフォなのだろうか。
ヨーロッパ映画にはしょっちゅうこんな駅がでてくる印象がある!!
私はヨーロッパは94年に一回だけいったきりなのでよくわかりません…
けして嫌いではなかったが、縁がなかったのう…
Commented by tohoiwanya at 2011-08-06 23:29
>それかヨーロッパはこういう駅がデフォなのだろうか。

ちわわんさん:
それはけっこうそうかもしれない。基本形がカマボコ型長〜〜いドームの駅って
欧州にはけっこうあるよ。
ハリーポッターが(見てないけど)魔法学校に行くために列車に乗るのが
ロンドンのキングス・クロス駅で、やっぱりカマボコドーム型。
「男と女」のラストに出て来たサン・ラザール駅はカマボコ型ではなく角形屋根ってだけで
基本的構造は同じだし。

大きな建物で、しかも目的から言って内部にムヤミに壁を作れないから
必然的に似たような建築形態になっちまうんだろうな。
 


<< フランクフルト駅ナカ生活      ザンクト・シュテファンというところ >>