2011年 11月 30日

欧州出張あと3日…ハァハァ

イ課長はパリで仕事なんてせずに遊び呆けていると誤解しているみなさま、おはようございます。
本日はイ課長の海外出張のわびしくも悲しい実態をご報告しましょう。
土日が終わればね、海外出張なんてね、大体以下のようなものなんですよ。

フランスでの仕事は毎日パリから長距離移動を強いられる。
月曜日は5時起き、5時半朝食、6時ホテル出発という厳しいスケジュール。
火曜はそれより少しマシになったとはいえ、7時にはホテルを出発し、パリ・リヨン駅発7:24の
TGVに乗らなければならなかったのだ。

朝7時のリヨン駅です。しかし朝に見えません。まだ真っ暗です。
ドイツよりマシとはいえ、寒いです。
f0189467_894441.jpg

パリ・リヨン駅からリヨンという街のリヨン駅に向かうという、ワケのわからない移動なのです。
リヨンという街は生まれて初めて行くところです。とても美しい町らしいです。らしいですが、
どうせ現地ではロクに写真も撮るヒマがないのはわかりきっているから、イ課長の心は暗いのです。
明るいのは車窓から見る朝日だけなのです。
f0189467_8103797.jpg

その次のショットはリヨンでの、午前中の訪問先の建物外観です。
何が珍しいかって?何も珍しくありません。タクシーを待っている間に1枚写真を撮っただけの話です。
f0189467_8173922.jpg

午後も車でリヨン近郊までかなり長い移動を伴う仕事でした。
車の窓から見るリヨンの町は確かに美しいです。こんな美しい街を散策することすら出来ずに
ただ車の中に拘束されなければならないなんて、先日亡くなった北杜夫風の言い方を借りれば
「ヘソのゴマをとられるよりつらい」ことです。少しはイ課長にリヨン観光させたらどうなんだッ!

…仕方ありません。仕事です。そしてもう夕方です。パリに帰らねばなりません。
再び車に乗ってリヨン・ペラーシュ駅に送り届けられるイ課長なのです。くそ、こうなったら
イモ虫みたいにユニークな形をしたリヨンのトラムの写真でも車の窓から撮ってやる。パチリ!
f0189467_812223.jpg

そして後はパリに戻る総二階建てのTGVでも撮るしかありません。
本日のリヨン訪問中に撮った写真はこれでおしまいです。
f0189467_81251100.jpg

ちっきしょう~…。
パリから往復4時間かけて、リヨンについて語るべきことは何もありません。
すごく魅力ある街らしいのに、リヨンの街を歩いたのは駅の構内くらいで、後はすべて
タクシーか車の中か、訪問先の応接室に拘束されていたのです。

明日もまたパリから日帰り長距離移動です。
こんどはリールという街に行く予定です。

明日はスケジュールの都合上、午前中の仕事が終わったら
午後は少しリール観光する時間がとれそうなのです。
今日のリヨンで激しく蓄積された「仕事したくねぇ、観光させろ欲」を、
明日のリールで激しく発散させようと、パリのホテルの一室で決意を新たにする
イ課長なのでした。


…しかしどっちかというと、リールよりリヨンで観光したかったのだが…(まだ言ってる)。



[PR]

by tohoiwanya | 2011-11-30 08:14 | 2011.11 欧州出張 | Comments(0)


<< 使い物にならない帰国直後      ドイツ四都物語、そして… >>