2012年 02月 24日

フランクフルトで迎える朝

3月に行くヤツを勘定に入れずに考えれば、イ課長はこれまで6回、欧州に出張した。
その6回の欧州出張全て、1回の例外もなく現地での最初の朝はフランクフルトで迎えた。

つまりイ課長は「まずフランクフルトに泊まる」というパターン以外の欧州出張って
一度もしたことがないわけだ。これもずいぶん偏った話だよねぇ。

何でこういつも必ず最初はフランクフルトから始まるのだろうか?
これが「自社の海外支社がフランクフルトにある」とかいうなら話はわかる。
しかし、そもそも海外支社なんてイッコもない会社の社員であるイ課長の欧州出張が
毎回必ずフランクフルトから始まってるっていうのには我ながら少し驚く。

まぁ最大の理由は「イ課長の欧州出張の訪問先には必ずドイツがあるから」だろうな。
日本からドイツに直行便で行くとなれば、最初はフランクフルトかミュンヘンしかないもんね。
その後欧州内をあちこち移動するとすれば、ミュンヘンよりフランクフルトの方が
移動には何かと便利だ。

遠いガイコクでありながら、イ課長にとってはすっかりおなじみの街になったフランクフルト。
最近5年間で6回だからねぇ。出張回数で言えば、大阪・名古屋・福岡・京都・福井等々…
同じ5年間に国内出張で行ったどの街より、フランクフルトに出張した回数の方が多い。
イ課長にとってはフランクフルト出張より札幌出張の方がはるかに謎と神秘に満ちてるよ(笑)。

別の表現を使えば、イ課長にとってフランクフルトは心情的にはもはや半分「ホーム」であり、
フランクフルト以外の街に行くところから、名実共に「アウェー」の海外出張が始まるとも言える。

というわけで、昨年11月の欧州出張も、最初の朝はフランクフルトで迎えた。
ホテル・モノポールの窓を開けると、フランクフルト中央駅が目の前だ。
やや西の方向に目を向けると中央駅からドイツ中に伸びているDBの線路がズラリ。
f0189467_23305761.jpg

反対の東の方をみれば、フランクフルトの中心部に並ぶ高層ビル群が、これまたズラリ。
ふーむ…ホテル・モノポール、部屋からの眺望は悪くないね。
f0189467_23312455.jpg

窓から正面(つまり北の方)を見ると、屋上にヘンなヒサシ?が出っ張ってるビルがある。
このビルもフランクルトに来るたびに目にしてるよなぁ。
f0189467_23314796.jpg

ちなみに、2008年9月ドイツ出張のときはもっとこのビルの近くにホテルをとったから
同じビルがこんな風に見えたもんだ。まだ真っ暗。早朝に起きたんだなぁ。
f0189467_2332157.jpg

ホテルの窓からフと下を見ると、駅の南に沿って走る道路が見える。
スゴい道路標示ペイントだねぇ。市電の線路と道路標示がグチャグチャに混じってる上に
左上には雷マークみたいなギザギザもあってさっぱりわからん。よくこんな道を走れるな、ドイツ人。
f0189467_23322254.jpg

フランクフルトという街が大して面白い街ではないってことは前に何度も書いた
すごい名所があるわけでもないし、ドイツ観光するなら他の街をお勧めするよイ課長は(笑)。

しかしフランクフルトはイ課長にとって訪問回数ダントツの街。さっき言ったように、
海外でありながらほとんど「ホーム」の感覚。こうなるとケナしづらくなってくる。
ちったぁフランクフルトを褒めて、日本人観光客誘致に貢献するか(笑)。

…というわけで、次回もフランクフルトについて書こうと思う。
フランクフルトのネタを次の出張までにある程度消化しておきたいのだ。


なぜかって…?

だってほら、再来週に行く出張でもまた…そう、そういうわけだからだよ(笑)。



[PR]

by tohoiwanya | 2012-02-24 23:32 | 2011.11欧州出張 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2012-02-26 23:34 x
昨年、仕事で、フランクフルトに行ってもよかったのですが、周囲の雑音に負けて(?)行きませんでした。いわんや様のように、みんな、おもしろくないぞー、やめとけーって言うてました。
Commented by tohoiwanya at 2012-02-27 01:54
>みんな、おもしろくないぞー、やめとけーって言うてました。

Bきゅうさん:
はははははは!まさにミもフタもない率直なご意見(笑)。
それを否定できないところがフランクフルトの悲しさで…。

しかしまぁ、仕事で行くならフランクフルトは悪いトコじゃないですよ。
空港と市街がすごく近いし、街はそれなりに都会だし。
フランクフルトでは純粋に仕事に没頭してればいいんです。仕事シゴト(笑)。
 


<< フランクフルト版・散歩の達人      ウィーンでメリー・ウィドウを観よう >>