2012年 04月 01日

飛行機座席選びお役立ちサイト -その2-

以前にこういう記事を書いた。

どのフライトのどの機種なら、どの席がイイとか、この席はダメダメとか
教えてくれるサイトで、とりあえずこのサイトの命じるまま?に席を予約して
今度の出張でルフトハンザのA380に乗るよ、という話。

本日はその結果をご報告しよう。いうなれば「検証結果編」といったところか。
ズバリ結論から言うとだね…あのサイトの情報は、だね…








非常に有用なものであることがわかった。


予約したのは出発のせいぜい1ヶ月前くらいで、特に早かったわけでもないのに、
行きも帰りも前座席のない、足を伸ばせる座席。
イ課長のように身長の不自由な人にはこれはホント~~に嬉しかった。

前にも書いたように今回はポケットにカメラを入れてたから機内での写真もある。
じっくりご報告しようではないか。

イ課長は国際線に乗るとすぐ、昔100円ショップで買ったスリッパに履き替える。
従って、写真もスリッパを履いたいささかブザマな姿だがご容赦いただきたい(笑)。
f0189467_23375834.jpg

往路の座席、選んだのは53Gという席だった。
例のサイトではこんな感じで、足元が広く、同列の人も通路に出やすいけど
荷物を置くスペースが小さいってことで「要注意座席」で黄色くマークされている。
実際はどうだったかというと…

ここはちょうど2階席に行く階段のすぐ裏の席だったんだよね。
見てよこれ。非常口前と同じくらい、どっかーーーんと足を伸ばせる。
写真を見るとわかるように、左の53Fより、53Gの方がさらに足を伸ばせるのだ。
これはホントに助かったよ。
f0189467_23364145.jpg

前に座席がないから、テレビは座席下から持ち上げて回転させる方式。
メシの時はこんな感じでテーブルを出しつつ、テレビを見ることになる。
ちなみに、テレビに写ってるのは音楽ビデオから選んだオペラ「ルサルカ」で、
偶然にも同じ演目をイ課長はブリュッセルのモネ劇場で予約してあり、この数日後に
違う演出で鑑賞することになってたんだよ。奇遇やのう。
f0189467_23373259.jpg

もっとも、「飛行機の中では眠れないイ課長」だから、これだけ足元が広くても
ほとんど眠らずに、映画見て過ごしたんだけどね。
まぁ欧州便は「朝出発して、現地午後(体内時間じゃ夜中)到着」だから、最初から
寝るのはあきらめているのだが。

着陸直前にはこんな朝食?が配られた。機内照明が暗いから写真も暗いが。
機内食は特段美味しいというわけじゃなかったけど(笑)、足を伸ばせる席のおかげで
往路が非常に快適なフライトだったのは確かだ。
f0189467_2340716.jpg

さて復路。あのサイトの情報を見てイ課長が選んだのは88C。
この席の前にはギャレーがあるから足を伸ばせるっぽいって以前の記事に書いた。
f0189467_23501828.jpg

実際にはこんな感じ。さすがに往路ほど前がガラ空きというわけにはいかなかったけど
前が壁(赤ん坊用のベッドを引っ掛けるようになってる、あそこ)で、足元ゆったり。
f0189467_23412571.jpg

下はミラノ→フランクフルト間のルフトハンザの席だけど、普通ならこんな風に
前の座席がイ課長のヒザにぶつからんばかりに接してるわけだから、上の写真のように
前が壁の席に座ってフランクフルト→成田間11時間半を過ごせるのは本当に助かった。
f0189467_23415682.jpg

以前にも書いたように、卒業旅行ラッシュでA380は行きも帰りも満席だった。
それだけ混んだ飛行機で、往復ともにこうやって足を伸ばせる席にありつけたのは
イチにもニにも、このサイトのおかげだったと言わざるを得ない。どうもありがとう。
これからも使わせていただきます。

ちなみに、ちょっと余談になるけど、フランクフルト→成田フライトに乗ってる時、
最初のドリンクサービスがあった。

大体の航空会社はまず軽いスナックみたいな小袋を全員に先に配り、その後に個々の注文を聞いて
飲物を出す。ルフトの復路便でスナックの小袋が配られたとき、イ課長はその色を見てハッ!とした。

見覚えのある青い色。さよう。それはソレッティだったのだ。
まさか「さようならミシクス」が配られるのか?と思ってハラハラしたんだよ(笑)。
日本行きの便だし、「さようならミシクス」がオツマミに採用されてても不思議はないじゃん?
配られるソレッティの商品名にドキドキしてた乗客は、満員のA380の中でも
イ課長一人だったに違いない(笑)。
f0189467_23445541.jpg

幸い?「さようならミシクス」ではなかった。「ジョー」はちゃんといるけどね(笑)。
ホッとしたような、ちょっとガッカリしたような気分を味わいながら、空の上で
ビールを飲み、ソレッティをかじったイ課長なのでありました。



[PR]

by tohoiwanya | 2012-04-01 23:46 | 2012.03 欧州出張 | Comments(2)
Commented by マダムKenwan at 2012-04-03 17:04 x
最後の写真を見て私も「お!」って感じになりました。
「さよならミシクス」、あれ以来見てないんですけど(笑)

それにしても、座席予約は有益ですね。
日本/ヨーロッパ間は、航空時間も長いですから
足が伸ばせる、伸ばせないで、かなり違いそうです。
夫がもうすぐ帰国するので
今からでも間に合えば予約します。
どうも有り難うございます!
Commented by tohoiwanya at 2012-04-04 11:44
>私も「お!」って感じになりました

マダムKenwanさん:
試しに「さようならミシクス」で検索すると、けっこう出てきますね~。
スペインで買ったって人もいるからドイツ・オーストリアだけじゃないみたい。

座席評価サイトはほんとに重宝しました。
ANAとかルフトの、実際の座席指定画面みてもその良し悪しなんて
わからないですから、これまでは「通路ガワならどこでもいいや」って感じで
テキトウに選んでたけど、これからは必ずこのサイトで事前に
確認しようと私も思ってます。
 


<< イ課長が驚いたニュース      ウィーン郵便貯金局 >>