2012年 04月 08日

エニグマ・タトゥーの男

今日はウィーンネタの中から、ちょっと変な話を。

刺青について詳しいかと聞かれれば、全く無知であるとイ課長は答える。
しかし書くのである(笑)。

イ課長のバクゼンとした印象として、海外では刺青をした人を見かけることが
日本より多いんじゃないかって気がするんだよ。

「イレズミ率」なら日本も海外も差はないのかもしれない。
ただ、日本じゃ刺青を彫る場所として背中~肩あたりが中心のはずで、服を着てるときは
刺青してるかどうかはわからない。当然、目に入らない。遠山の金さんみたいに片肌脱いで
「この桜吹雪が目に入ぇらねぇか!」…となってくれないとわからないわけだ。

一方、海外のタトゥーってのはパンク系ファッションなんかに身を包み、鼻ピアスとか
つけてるニイちゃんネェちゃんたちの、過激なオシャレって側面が強い(んじゃないかと思う)。
そのせいか二の腕なんかに彫ってる場合が多い。服で隠れることが少ない部位だよね。
オシャレだから日常的に人の目に入る場所に彫る、必然的に目に入りやすい。

で、結局、海外での方が刺青目撃率が高くなるのではないか…と、まぁ例によって
これはアテにならないイ課長の仮説だけどさ(笑)。

こんなことを考えた理由はウィーンが悪いのだ。
ウィーンでは刺青をした人を見かけることが多かったと思うんだよなぁ。

一番スゴかったのはフロイト博物館に行った時に市電の駅で見かけたネエちゃんで、
クビから上、顔や頭皮にけっこうハデに刺青してたんでギョッとしたよ。
ただ、このネエちゃんは明らかに「過激ファッション系の人」で、刺青だけじゃなくて
服もメイクも髪型も全部スゴかったから、そういう意味では「ありがち」ともいえる。

ただね、ウィーンの場合、そうじゃない人、要するにごく普通の人が刺青してるのを
何度か見かけたんだよね。ちゃんとその証拠写真もあるのだ(笑)。

一つはコレだ。空が暗くなってドシャ降りになったあの日
イ課長がザンクト・シュテファンからマリアヒルファー通りに移動するために
地下鉄に乗ったら、前にいたネエちゃんが刺青をしてた。
f0189467_23221484.jpg

ちょっとわかりづらいけど、右足の甲に彫ってる。
「ははぁ~…足に刺青ねぇ…」と思った。日本じゃあまり見かけない部位だ。
でもこうやって刺青がよく見えるような靴を履いてるくらいだから、刺青を意識した
オシャレをしてるのは間違いない。

もう一人は男性。これは市電の中で見かけて「おお」と思った。
海外での「漢字タトゥー」が日本人から見て意味不明、もしくはギャグになってる例は
よく聞くけど、これは「謎」一文字。英語なら(おそらくドイツ語でも?)enigma(エニグマ)だ。
「エニグマ・タトゥーの男」というわけだよ(笑)。
f0189467_23225171.jpg

ただ、足の甲に刺青してたおネェさんや、このエニグマ・タトゥーのおニイちゃんは
上にも書いたようにごく普通の人に見える。顔中にピアスはめまくって、見るからにアブなそうな
「ドラゴン・タトゥーの女」のリスベットちゃんとは違うのである(笑)。

ウィーンで(あるいはオーストリアで?)ごく普通の人たちの間で刺青が特に流行ってるとは
考えづらいけどなぁ…それとも、実は流行ってるのかな?? 
まぁ明確な答えはないよね。あのおニイちゃんの刺青が言ってるように、この疑問は
「謎」のままなんだろう、きっと。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2012-04-08 23:23 | 2011.06 ウィーン旅行 | Comments(14)
Commented by hanatomo31 at 2012-04-09 00:05
流行っている…とまで言えるか分かりませんが、欧米では男女ともにタトゥーをいれることは結構、普通のことっぽいです。

女子の場合、イ課長さんが撮影した足の甲などのワンポイントの他、腰周辺に入れる人が多いです。ローライズのジーンズから模様がチロリと見えるようにしているみたい。

彼氏の名前を彫って、別れて消して…また別な名前を彫って…という人も案外いるみたいです。痛いんだから、止めればいいのに…と思いますが。
Commented by tohoiwanya at 2012-04-09 00:42
>欧米では男女ともにタトゥーをいれることは結構、普通のことっぽいです

hanatomoさん:
やっぱ欧米全体に刺青率、高いんですかね?たしかに目撃回数多いもんなぁ。
しかし、刺青って基本的に消せないでしょう?最近の刺青は消せるの?
別れた男の名前には二重線とか入れて「なかったこと」にするのかな?(笑)

日本だと、刺青を彫る「痛さに耐える」こともひとつの自慢のタネみたいになってるけど、
欧米の女子もそうなんですかねぇ?それとも今はそんなに痛くないのか?
その辺、リスベットちゃんに聞いてみたいところですが…(笑)。
Commented by マダムKenwan at 2012-04-09 07:28 x
私が直接知っている人で
刺青している人はいないのですが
でも、確かによく見かけますね。

娘の学校にもいるそうです。
ただ、彼女が親しく付き合っている友人には
いないそうなので、
ピアスよりは、やっぱりメジャーじゃないかも、です。
Commented by みゅげ at 2012-04-09 15:12 x
この普通のおねーさん、ちょっと見ただけなら“足の汚れ”のようだわ・・・。

中欧を旅して、黒人さんをめったに見かけなかったのですが・・・(関係なくてすみません)。
Commented by tohoiwanya at 2012-04-09 15:25
>娘の学校にもいるそうです

マダムKenwanさん:
私の偏見と言われればその通りですと言うしかないんだけど、たとえば
港湾荷役労働者とか、革ジャン着たバイク軍団なんかだったら刺青見ても
「なるほどね、ふむふむ」としか思わないだろうけど、やっぱり学校やオフィスで
接してる人が刺青してたら、日本的感覚だとギョッとしちゃいますねぇ。

ピアスほどじゃないけど、けっこうポピュラーなおしゃれなんですかねぇ?
トホ妻も、ピアスはしてるけど刺青はしないだろうなぁ…(笑)。
 
Commented by tohoiwanya at 2012-04-09 15:30
>黒人さんをめったに見かけなかったのですが・・・

みゅげさん:
ウィーン、ブダペスト、プラハあたりって確かに黒人の数は少なかったと思う。
ドイツもパリやブリュッセルに比べて、黒人はグッと少ないように思う。
旧植民地との関係なんでしょうねぇたぶん。ドイツはアフリカ大陸にほとんど
植民地持ってなかったし、ハンガリーやチェコに至っては自分たちが
支配されてるガワだったことの方が多い国だし…。
 
Commented by Mimi at 2012-04-09 22:33 x
アメリカというか私の周囲では、Tattooを入れてるのは下層階級って感じですが。
ちゃんと教育を受けて育ちのいい人は普通入れてませんよ。
子供がTattoo入れたいって言ったらマトモな親なら反対するし。
「若気の至り」のTattooを消したいという人も多いらしく、そういう方法もあるそうですが
やはりきちんときれいには消えないみたいですよ。
うちの子達には「Tattooを入れてるのは『私は知能程度が低いです』と喧伝してるのと同じだ」と言い聞かせてます。
Commented by tohoiwanya at 2012-04-10 10:36
>子供がTattoo入れたいって言ったらマトモな親なら反対するし

Mimiさん:
まぁ日本でも反対するでしょうねぇ。ナンだかんだ言って、日本じゃ刺青って
まだまだ「ヤクザ者」のイメージがある(んじゃないかと思う)し。

ひょっとすると、日本や米国にくらべて欧州は刺青に対する抵抗感が少ないのか?
リスベットちゃんもスウェーデン人だし(笑)。
でもドイツなんかじゃあんまり見かけた記憶、ないんですよねぇ…。
Commented by maru at 2012-04-11 01:17 x
イ課長さん、
はじめまして。楽しく拝見しています。私も今年の 6 月にウィーンへの旅行を計画しているので、とても参考になりました。
ブダペスト日帰り旅行の記事にご質問コメントをいれさせていただきますのでできましたらアドバイスください。
Commented by tohoiwanya at 2012-04-11 10:23
>6 月にウィーンへの旅行を計画しているので

maruさん:
初めまして。書き込みありがとうございます。
6月にウィーン旅行、その間にブダペスト日帰りっていうと、ちょうど1年前の
我々と同じ時期に同じパターンです。6月ならちょうど初夏のいい気候で
楽しい旅行になりそうですね。ぜひ満喫してきてください。
この後、ご質問の方にレス書きますね。
Commented by maru at 2012-04-11 14:52 x
こんにちは。お返事ありがとうございます。
時期だけでなく、行く予定の場所も重なっていますので (私もメルク - バッハウ渓谷 - デュルンスタインに行く予定です)、その辺りの記事もとっても面白く拝見しました。私も「そういう町(デュルンスタイン)で降りたがる配偶者(笑)」なので、デュルンスタインのバスの時刻を確認しておきますね(^o^)/。
Commented by tohoiwanya at 2012-04-12 00:19
>私も「そういう町(デュルンスタイン)で降りたがる配偶者(笑)」なので

maruさん:
ははははは!お互い苦労が絶えませんな(笑)。
でも、ブログの記事にも書いたように、立派な都会のクレムスの街と比較すると
デュルンシュタインは本当に「ドナウ河畔の田舎町」っていう感じで、
風情のある場所でした。

しかしヴァッハウ渓谷行ったり、ブダペスト日帰り観光行ったりっていうのは
ホントに我々の旅程と似てますねー。このブログが少しでもお役に立てば幸いです。
ぜひ楽しんできてください。
Commented by Bきゅう at 2012-04-14 07:54 x
遅くなりましたが、聞いてください(あれ、これ前に言ったかな)。わしが以前シェアしていた家に一時住んでいたイケイケな女の子が、肩に漢字のタトゥーしとりました。ぎょっとして、『その意味知っている?』って聞いたら、えらそーに『エンジェルよ!』って答えました。

Bきゅう、吹き出しそうなのをこらえました。そこには、『仙人』って書いてあったんです。中国人に聞いたら、エンジェルの意味にも使うと言うのですが、日本的感覚では、若い子が仙人のタトゥー、、シブいです。

わしに子供がいたら、タトゥーしてもいいけど、一応、自国語のみにしなさいって言うと思います。
Commented by tohoiwanya at 2012-04-15 20:43
>中国人に聞いたら、エンジェルの意味にも使うと言うのですが

Bきゅうさん:
中国じゃ仙人って天使の意味も含むんですか?そっちの方に驚いた。
ってことは、ギャルの肩にある「仙人」っていう刺青を見て、同じ漢字文化圏でも
中国人は「ふむふむ」と思い、日本人は「えええ〜?!」と思うわけだ。うーむ…。

こうなると、その刺青屋(っていうのかな?)が「中国系」か「日本系」かで
チョイスする漢字も変わってくるわけだ。エンジェルなら「天使」でしょ、日系刺青屋ならねぇ。
 


<< くさり橋を渡ってみたら…      イ課長が驚いたニュース >>