2012年 09月 10日

インドへの道 その2

インドへの道は険しい。

出発までもう1ヶ月を切り、イ課長のインド出張準備は佳境にさしかかっている。
インドについて様々な情報を収集し、それを元に出張計画の細部を詰める日々だ。

以前はインドネシアやタイといった発展途上国に出張経験を持つイ課長だが、
今の会社に入ってからは不思議と海外出張先っていうと欧州を中心に先進国ばっかり。
シンガポールだって今や日本以上に先進国と言っていいくらいだもんね。

しかし今度ばかりは違う。
相手は世界中から来る観光客や出張者を次々と打ちのめしているインドだ。
考えなきゃならないことが多くてタイヘンなんだよ。たとえば…


①ゲーリー問題

インドといやぁ、まず問題はコレだ。
「下痢」を表す英語はいくつかあるけど、中にはDelhi bellyなんていう言い方もあるらしい。
そのくらい、インドとゲーリーとは切っても切れない深刻な問題なのである。

海外出張で風邪をひいたことがある。
しかし、風邪なら熱っぽくてもセキが出ても、まぁ無理して仕事しようと思えばできる。
2009年のブリュッセルではそういう感じで、極めてツラかったけど、何とか決められた
スケジュール通りに訪問先に行き、面談してきた。
しかし、インドのスーパーゲーリーに襲われたらそれすら不可能だろう。

「歯をみがく時でもミネラルウォーターを使え」って言われた時は、怖がらせるために
冗談言ってんだと思ったけど、これがマジだっていうんだからイヤんなる。

まぁね、しょうがないからメシは基本的にホテルのレストランに限るしかない。
外での飲食は火を通したもの、チャイみたいに沸騰した水を使ったものに限る。

…といった対策をしてても、完全であるという保証はどこにもない。

現在、イ課長はゲーリー対策に関する情報収集を必死に続けている。
「正露丸はあまり効かない」
「意外にビオフェルミンがいい」
「赤玉という下痢止めを飲めば治る」
「インドの薬屋で、現地の下痢止めを服用すればイッパツで治る」等々…
f0189467_0173338.jpg

17年前のジャカルタ、バンコク、マニラではイ課長はゲーリーにはやられなかった。
果たして、現在のデリーとムンバイではどうなのであろうか?
いうなればインドの「東京と大阪」くらいの大都市に行くわけだから、なんとか
大丈夫じゃないかって気もするんだけどなぁ…?甘いかなぁ…?


②インド飲み

最近、ネットのニュースで最も衝撃的だったのはこの話だ。
インドではペットボトルと唇を接触させず、大きく口をあけたところに空中から
ダバダバッと液体を流し込むのが常識的な飲み方なんだと。

「水はみんなで回し飲む」ことが一般的なインドでは、自分の口をボトルにくっつけて
しまうことは宗教的にも常識的にも禁忌とされている…らしい。
f0189467_019260.jpg

暑い国だし、口から水に雑菌が入ることを防ぐ(従って、水の劣化を防ぐ)という意味では
確かに理にかなっている。かなってはいるが…。

技術的にはものすごく難しいよ、コレ。
ヘタにやったらたちまちワイシャツをじゃばじゃば濡らしてしまうのは間違いない。

汗っかきのイ課長はインドでペットボトルは必携品になることは間違いない。
しかしインド行ったら、この「インド飲み」をやらないといけないのか?
出発までまだ1ヶ月ある。来週から会社でウーロン茶を飲むときは
インド飲みの練習をするべきなのであろうか??


③インドのタクシー

インドにだってタクシーはある。特に地下鉄のないムンバイじゃ、移動はタクシーを
使うことが多くなるだろうと思っていた。だがしかしだ。

インドのタクシーはけっこうヤバいらしい。
料金をふっかけてくるとか、英語が通じないとか、お釣りを持たないとか、それ以前の問題で
相当に汚いらしい。中には臭いのもあるらしい。

ムンバイあたりじゃタクシー運転手ってかなり下層階級の人が多くて、自分の車の中に
寝泊まりして生活してる人も多いんだと。要するに彼らの“住居”なんだよ。

しかも、たとえばホテルでタクシーを呼んでもらったとしても、“インド時間”だから
いつ来るかわからないとか。まいったね…。
f0189467_020357.jpg

勧められたのは「ハイヤーの一日チャーター」だ。1日5000円くらいかかるらしい。
デリー・ムンバイ各3日ずつ使うと、全部で3万円くらいになってしまうではないか。
うーーむ。しかしここは「安全と確実性を金で買う」と考えるべきか。
まぁおそらく、使うことになるだろうな。
(本日の写真もネットで拾ってきたものです)

インドへの道は険しい。

本日は懸念事項を3つばかりご紹介したけど、心配すべきことはまだまだある。
ビザもまだとれない。ビザがとれないのに飛行機だけ予約するわけにもいかん。

10月2日(火)出発、水・木・金とデリーで仕事。土日をはさんで
月・火・水とムンバイで仕事。水曜深夜便に乗り、木曜午後に帰国。金曜から出社…

…と、こんなスケジュールだけはキッチリ決まって準備も進んでいるんだけど、
ホントに行けるのかね?インド。
インド大使館、早いとこビザのハンコ押して、イ課長にパスポート返しちくり。



[PR]

by tohoiwanya | 2012-09-10 00:20 | 2012.10 インド出張 | Comments(16)
Commented by Bきゅう at 2012-09-10 00:50 x
すいません、ここのところ、毎回おぢゃましておりますが、これは大事なことなので書きます。下痢は無理に止めちゃだめっす。ウイルスや菌を体内にためることになるので危険です。そういうのがなくなった時に、まあ止めるかってのはいいと思うけど。そんで、脱水にならないように、ミネラルウォーターの確保と粉末のスポーツドリンクがあるとよいです。

これは余談ですが、水の飲み方は、インドというか、軍隊とかの人は皆そうすると思うよ。水が腐ったら困るもん。片手をあごのところにつけて、両手で水筒を持って飲むと飲みやすい。

あと、あったら便利なのはウエットタオル。手や顔を拭くのに使う。
Commented by Mimi at 2012-09-10 01:15 x
なんだかすごそうですね・・(^^;
スポーツドリンク粉末は役に立ちそうな。
こちらだと手の消毒用アルコールローションって一般的なのですが、
日本にも売ってますか?あればお持ちになって、こまめに手に塗るとよろしいかと。
ビザ、早く降りるといいですね。
私の友人(インド人)のお父様はインド在住で、ロンドンの息子のところへ
オリンピック時期に遊びに行こうとしたのにビザがなかなか下りず、
じゃあもうそっちのビザはいらんからアメリカの娘のとこへ行くので
パスポート返してくれ、と言ったのにそれも返してもらえず苦労なさってました。
インド人でも苦労するみたいで・・・・(^^;
Commented by hanatomo31 at 2012-09-10 16:44
私、デリーとタージマハルしか行ったことがありませんが、いいホテルでまともな食事をして、まともなミネラルウォーターを飲んでいる分には水で下痢の心配は殆どないかと思います。

ただし、インド料理には日本食と違ってたっぷりスパイスが使われているので、辛くなくても、お腹には「薬膳の効果」がでて、お腹が緩くなる、そして、日数を重ねるうちに下痢になる…という状況になりました。

良いホテルで会議や打ち合わせをしている間は、綺麗なトイレもあるわけで無問題ですが、電車や車などで長時間の移動の時にそれがくると辛いので、適宜、インド食以外を口にして、お腹を休ませてあげるのが良いかもです。
Commented by tohoiwanya at 2012-09-10 18:32
>下痢は無理に止めちゃだめっす

Bきゅうさん:
ひーーー。むやみな下痢止め服用は菌の体内滞留につながるとな?
うーむ…しかし実際「30分おきにトイレに」なんて状況にもしなったとすると
仕事にならないから、無理やりにでも止めるしか…だめ?

恐るべきことにインドじゃ薬局で抗生物質、売ってるそうですな。
それで菌を殺しちゃうという方法もあるそうだけど、それはそれで非常に
オッカナい気もするし…ううう…ゲーリー許して。
Commented by tohoiwanya at 2012-09-10 18:36
>手の消毒用アルコールローションって一般的なのですが

Mimiさん:
あーそれ、新型インフルエンザが流行ったときに、それを受付台あたりに
ドンとおいておく会社がイッキに増えた。うちの会社にもまだあるんじゃないかな?
手を媒介した感染を防ぐにはアレを持っていくのは有効そうですな(重たいけど)。

この分だと、インド出張の時にイ課長のスーツケースの中は
様々な胃腸薬や下痢止め、大量のウェットティッシュ、手の消毒液等々、
まるでドラッグストアの店頭みたいな中身になりそう…(笑)。
 
Commented by tohoiwanya at 2012-09-10 18:45
>「薬膳の効果」がでて、お腹が緩くなる、そして、日数を重ねるうちに下痢に

hanatomoさん:
おお、それはちょっと心当たりがある。実はバリ島に行ったとき、
「ちょっと緩くなったな…」という自覚があった。下痢ってほどじゃないんだけど。
あれは香辛料による「薬膳効果」だったのかも。

出張途中で土日がはさまるので、一日はタージマハル、見に行きたいんだけど、
あれって行きの電車が2時間、帰りの車が4~5時間くらいかかるみたいなんですよねぇ。
もちろん途中に休憩はあるんでしょうけど、ゲーリーだったらとても参加不可能。
平日の仕事も、土日の観光も、その成否はゲーリーが握っている…。
 
Commented by みゆ at 2012-09-12 00:56 x
インド出張、難関が多くて大変そうですね。(><)
下痢問題はやはり日程の後半戦に、厳しさを増しそうですね。
飲料水に気を付けていても、食器がすでに汚染されているらしいです。
先に病院で薬をもらっておくことは、できないんでしょうか・・・。


話変わってドイツ旅行の件、ドレスデンのゼンパーで見るオペラは、ラ・ボエームです。
一人だと気が引けるかと思いましたが、折角の機会なのでS席です。
この旅のハイライトなので、楽しんできます~☆
Commented by tohoiwanya at 2012-09-12 23:43
>ドレスデンのゼンパーで見るオペラは、ラ・ボエームです

みゆさん:
おお、ボエームでしたか。私、むかしベルリン・コーミッシュオパーの来日公演で
ドイツ語上演のボエーム観ましたけど、面白い演出でしたねーあれは。
ぜひ楽しんできてください。

それに比べてインドは…ううう…夜の楽しみなんてないだろうなぁ。
相対的に安全そうなホテルのレストランで晩飯食って、あとは部屋に戻って
ビールでも飲んでるしかない。
まぁ観光じゃなく仕事なんだから、とはいうものの、味気ない…。
そのうえゲーリーに襲われた日にゃ、目もあてられないですよホント。
 
Commented by あくの at 2012-09-14 15:16 x
で、印度飲みの練習は着々と進んでおられますでしょうか?
Commented by tohoiwanya at 2012-09-15 01:09
>印度飲みの練習は着々と進んでおられますでしょうか?

あくのさん;
進んでないっす!! 全然進んでないっす!(笑)
率直に言って、これ、服を着た状態で練習するのはこわい。
「風呂場で練習すれ」という画期的アイディアを出した人がいたんだけど、
風呂はいる時にペットボトル持ってくの、毎回忘れちゃって…(笑)。
 
Commented by Bきゅう at 2012-09-15 06:34 x
やっぱ、こっちに書き込みたくなりますう。
↑のイ課長さんの『30分おきにトイレ』を読んで思ったのですが、りーげーっていうコトバが誤解を与えていると思います。いわゆるこういう”ひどい”下痢ってのは細菌感染なので、かかったら、トイレもそうだけど、ベッドの上でのたうち回って、熱も出てって(場合によってはoudoも)やつよ。インドで高級系ホテルに泊まってれば、そんなことないと思いますが、まあ、罹ったら仕事落とすようなやつっすよ。りーげが気になるんなら、観光って考えない方がよいと思うよ。水はホテル泊なら毎日、新しいのをもらえば大丈夫。歯磨き、顔洗いに使ったら、すぐなくなるし。
Commented by tohoiwanya at 2012-09-15 16:00
>こういう”ひどい”下痢ってのは細菌感染なので

Bきゅうさん:
イ課長がドロナワで勉強したところだと、下痢には3段階あって、軽いほうから順番に
①寝冷え、疲労、暴飲暴食系の下痢
②細菌系の下痢
③バクテリア系の下痢

…という順番みたいで、②だと殺菌性のある薬(正露丸とかね)で治る可能性もあるけど
③になったらもうアウトで、医者行って抗生物質投与コースらしい。
(まぁインドじゃ薬屋でも抗生物質売ってるらしいけど…)

実は②は日本でなったことあるけど、アッという間に上り下りの超特急が両方同時に来ますな。
1度はイタめしで食った「貝」、1度は「フルーツ」が犯人と目される。
会社の同僚の息子さんは③コースだったそうで、最後は現地の病院行き。

まぁ今回は現地の関連会社からもいろいろ忠告をもらって、とりあえず
宿泊ホテルも「交通の便のいいところ」を一度予約したのをキャンセルして
不便でもチャンとしたところに変更したり、とにかく気をつけまっす。
もしかするとデリーのHトンに泊まるかもしれないっすよ。

でも土曜は観光したいいい…ううう…。
Commented by Bきゅう at 2012-09-16 00:38 x
にょ〜? こっちだと、バクテリアの日本語訳が細菌ですよお。その上というと、ウイルス系。抗生物質もきかん。ともかく、チャンとしたところに宿泊されるそうなので、イ課長フアンとしては、安心しましたあ〜。
Commented by tohoiwanya at 2012-09-16 23:59
>バクテリアの日本語訳が細菌ですよお。その上というと、ウイルス系

Bきゅうさん:
ありゃ?一番スゴいのはウィルス系だっけ?(←要するに全然わかってないのがバレバレ)

もしHトンに泊まれば、デリーでは四つ星ホテル。ムンバイで泊まるホテルなんて
市街地にあったの三ツ星をキャンセルして変更した五つ星ホテル。
設備が立派でゲーリーリスクも低いのは確か。しかし周囲はビルしかなくて
散歩してもちーとも面白くなさそう。すでに行く前から(そういう面では)ガッカリ気分。
 

Commented by あくの at 2012-09-20 15:37 x
私は牡蠣休暇取ったときは上だけだった。というか下に行く前に全部上で処理されることが多い気がする。
えびとか…
Commented by tohoiwanya at 2012-09-21 00:52
>私は牡蠣休暇取ったときは上だけだった

あくのさん:
牡蠣休暇って…(笑)。
いやしかしね、私ン時のムール貝もそうだけど、貝でやられるとヤバい。
貝の毒はイッキに来ますな。私ン時は上下超特急だったけど、その代わり
トイレで20分くらい悶絶してたらスッとラクになった。
 


<< ルーアンの休日 完結編      インドへの道 >>