2012年 12月 26日

インド動物図鑑

はぁはぁ…ただでさえ忙しい年末なのに、インド仕事の原稿化と欧州仕事の原稿化で
イ課長は疲弊しておる(じゃ、何でブログの更新なんかしてるのだという質問はムシ)。

本日はインドネタでいくぞ。
疲れてるから、思いついたことを書くのである(笑)。

インド出張中、イ課長がゲーリーにおびえ続けたのはご存知の通りだけど、
インドにおいては狂犬病もコワいのだ。向こうから野良イヌが来ると「うひっ」と思って
気をつけたけど、イヌだけじゃなく動物全般避けた方がいいとされる。

ところがインドじゃ街を歩いててもけっこう遭遇するんだよ、動物に。そこで本日は
インド動物図鑑企画でいってみよう。ヘンな企画だが、思いついたから書くのだ。


①ワンコ
f0189467_17511772.jpg

狂犬病の元凶・ワンコ。ネコはあまり見なかったけど、野良イヌはけっこういた。
イヌを見ると動揺して逃げることの方が優先されたので、近くから撮った写真は少ない(笑)。
もっとも、「うわ、イヌだ!」と思って大げさに逃げるとかえって追ってくるらしいから
さりげなく何気なくスルーするしかない。


②ウシ
インドといやぁウシ。確かによく見かけた。
上の写真はアグラからデリーに戻る車の窓から撮ったんだけど、こうやって広い道路では
中央分離帯にウシを放してるのをよく見かけた。中央分離帯は草が生えてて、ウシの食い物は
抱負だし(この写真に関してはそうでもなさそうだが)、両側は車がビュンビュン通ってて逃げられない
構造だから、“放牧”させとくにはいい場所なんじゃないかと思う。
f0189467_17472611.jpg

何せ「牛乳屋サンが毎朝ウシを連れて巡回してくる」というインド。ウシの写真は他にもあって、
いずれ別途「ウシ特集」をやりたいから今日はこのくらいで。それにしても、これ、子ウシだよね?
ヤギじゃないよね?(笑)


③ヤギ…?
f0189467_17442046.jpg

上の写真、たぶんヤギだろうと思うんだけど、自信はない。
四足獣でこの体つきはヤギだよねぇ?


④ウマ
f0189467_17511389.jpg

馬車はインドではまだ重要な交通手段みたいで、大都市の中心街ではともかく、
車で郊外に出るとたまに見かけた。上の写真はアグラにいた観光用馬車だけど、
たぶんインドの田舎だと馬車なんてちっとも珍しくないんじゃないんだと思うよ。


⑤リス
f0189467_17522055.jpg

リスいたねぇ。上の写真はアグラ城の庭園にいたリス。
つまり大自然の中ってわけじゃなく、けっこう都市部でもいるんだよリスが。
ワシントンDCの公園にもリスはいっぱいいたし、アグラ城の庭園にもリスはいた。
そのくせ、なんで東京の新宿御苑とかにはいないんだろうなぁ?


⑥サル
f0189467_1754132.jpg

これだよ危ないのは。狂犬病ウィルスのキャリアとしてイヌが怖いのは当然なんだけど
サルも意外にヤバいらしい。しかもけっこう町のそこらにいるんだ、サルが。
リスが都市部にいるのには驚かないけど、野生のサルがいるとやっぱ多少は驚く。
下の写真みたいに、大自然のカケラもないような雑踏の都市部にもいるわけだから
飼いザルと考えられなくもないが、よくわからない。
f0189467_17535983.jpg


⑦トリ
f0189467_17543441.jpg

インドじゃスズメやカラスといった見慣れたトリを見かけることはついぞなかった。
というより、トリ自体があんまり飛んでなかったように思うんだが…。
上の写真はホテルの窓ンとこにいたトリ。シンガポールでも黄色いクチバシのトリを
よく見かけたけど、あれとはまた違う種類なんだと思う。


⑧ヒト
f0189467_1756081.jpg

とはいえ、インドで圧倒的に勢力の強い動物といえばやはりヒトだ(笑)。
上の写真、高級ショッピングモールの入口にいた門番?のヒトは体長も大きく、立派で
外国人がイメージする「ターバン+ヒゲもじゃのインド人」像を体現したようなインド人だった。


おそらく狂犬病という点ではワンコ、ヤギ、リス、サルあたりは気をつけた方がいいんだろう。
(ネコの写真がないけど、もちろんネコもね)

ウシやウマといった大型家畜になると、危険度がどうなのかイ課長もよくわからない。
ウシのせいで狂犬病にかかったって話は聞いたことがないが…。

しかしインドで、眺めて飽きない動物といえば、やっぱヒトに尽きる。
「インド人」という種の中でも極めてたくさんの亜種?がいるし、個体差も大きいから
結果的に非常にバラエティに富んだヒト風景を眺め、ヒト体験ができることになる。
もっとも、中にはタチの悪いヒトもいるから、一応気をつけましょうね。
 
イ課長の勤務先は本日、26日が仕事納め(早いのだ)。
しかし、イ課長個人は明日の出社は決定的。あさっての出社も濃厚。

ばっきゃろー。

…と言い残して、イ課長はこれから忘年会に行ってくるっス。飲んでやる!

  
[PR]

by tohoiwanya | 2012-12-26 17:56 | 2012.10 インド出張 | Comments(6)
Commented by マダムKenwan at 2012-12-27 19:27 x
お仕事熱心なようで、お疲れさまです。

サルは、ちょっと驚きました、いるんですね〜
馬はウィーンの馬を見慣れているので
妙に痩せて見えますが、どうなんでしょう?

イヌは、これ野良ですか?
結構ふくよかで、何食べているのかしら?
Commented by tohoiwanya at 2012-12-28 14:51
>ウィーンの馬を見慣れているので妙に痩せて見えますが、どうなんでしょう?

マダムKenwanさん:
やせてると思います。インドで見たウシにしても、どっぷり太ったウシなんて皆無でした。
まぁインドの場合、ウシやウマだけじゃなく、ヒトもやせた人が多いけど…。

あのイヌもたぶん野良だと思いますけどねぇ…。
何せ首輪をしてクサリにつながったイヌなんて、これまた皆無ですから
よくわからない。たぶん、インドで「イヌを飼う」っていうのは、「特定の野良イヌを
手なづける」っていうのと大きな違いはないのではないかと…
 
Commented by marco at 2013-01-08 16:51 x
イ課長さん

お久しぶりです、marcoです。
えっとぉ・・・インドに精通している友人から聞いた話ですが、インドの痩せたウシは、あぁいう種類なんですと。うっしっし。。
決して痩せてるわけではないらしい。
馬は分からないケド。

さて、我が夫、またインドに出張かも・・・と言っていて、私の目はキラリと光ったのであります。観光ビザは有効、2月半ば以降なら3か月以内にはならないから今のビザで入国出来るじゃぁ~ん!!
「そうかぁ、大変だね」と言いながら心は躍っている私です。。。

スッチョーでイギリスにお越しの際は一声かけてくださいね!
田舎者なのでロンドン案内は出来ませんが、是非日本語で「人生について」語ろうじゃあーりませんか。
Commented by tohoiwanya at 2013-01-09 11:32
>インドの痩せたウシは、あぁいう種類なんですと

marcoさん:
あ、そうなんですか?栄養状態が悪いわけじゃないんだ(笑)
普通の乳牛なんかと違って、ちょっと水牛っぽいウシに見えましたね。

しかし、またインドですか?お好きですね~(笑)。
私は私で、2月の最終週に欧州出張する公算が大きい。
その時はロンドンに行く可能性、かなりありますよ。ブリュッセルとロンドンは
今のところ訪問候補地としてかなり濃厚。
ちょうどmarcoさんがインド行ってる頃じゃない?
 
Commented by みみけ at 2014-02-26 16:37 x
これ、最後のヒトって、いわーなじゃねえの?
Commented by tohoiwanya at 2014-02-27 02:02
>いわーなじゃねえの?

みみけさん:
オレぢゃねぇってば。ちょっと似てるけど(笑)。


<< 2012年終了時点での集計      リールの街で食った甘いワッフル >>