2013年 01月 31日

飛梅・太宰府天満宮 その1

福岡出張のついでに観光したところ。それは太宰府天満宮なのである。
天神さまの細道。飛梅伝説。しかしイ課長にとっては生まれて初めて行く場所だ。

太宰府天満宮について知っていることはあまり多くない。
その、あまり多くない知識の大半は、さだまさしの名曲「飛梅」の歌詞で形成されている(笑)。

 ♪心字池にかかる みっつの赤い橋は
 ♪一つめが過去で 二つめが現在(いま)

 ♪三つめの橋で君が 転びそうになったとき
 ♪初めて君の手に 触れた 僕の指


当然の結果として、観光計画もこの歌の内容に激しく影響されたものになるのは避けられない。
心字池っていう池にかかる三つの赤い橋を渡ると、そこにあるわけだな?太宰府天満宮。
どうもイ課長は、こういう風に「何かに激しく影響された観光」っていうケースが多いね(笑)。

まぁのんびり書いていこう。
太宰府に行くためには、西鉄福岡駅から西鉄に乗り、二日市って駅で乗り換え。その辺はちゃんと
調べておいた。ところが、カンジンの西鉄福岡駅を発見するのにちょっと迷った(←バカ)。
てっきり地下にある駅だろうと思い込んで地下街をウロウロしたんだけど、ここ、地上駅だったんだね。
f0189467_0225656.jpg

二日市という駅は急行停車駅だから、急行に乗った。福岡から20分くらいかな。
ここで太宰府行きの列車に乗り換えるのである。周囲は中国人団体観光客だらけだよ。
太宰府って(あるいは福岡って、と言うべきか)中国人観光客が多いんだねぇ。
駅の看板もこんな感じなのである。
f0189467_0233678.jpg

二日市で乗り換えたら太宰府までは5~6分ってところか。無事太宰府駅に到着ざます。
駅名表示板に梅の絵が描かれてて、飛梅キブンが徐々に盛り上がる。
f0189467_0235778.jpg

太宰府駅から天満宮までは一本道。これも歩いて5~6分ってところか。
両側は土産物や梅ケ枝餅の店やらがぎっしり並んでるけど、ここが賑わう時間にはまだ
ちょっと早いようだ。
f0189467_0242897.jpg

はーい到着しました太宰府天満宮。この時間はまだ昨夜の雪が屋根に残ってる。
別に受験生ってわけじゃないんだけど、一応参拝して欧州出張の成功を祈ろう。
f0189467_024542.jpg


 ♪手を合わせたあとで 君は御籤をひいて
 ♪大吉が出るまでと も一度ひき直したね

 ♪辿りついたらあとは 下るしかないと
 ♪下るしかないと 気づかなかった
 ♪天神さまの ほそみち


この歌に激しく影響されているイ課長、当然、自分でも手を合わせたあとで御籤をひいた(笑)。
巫女さんから買うのかと思ったら、「おみくじ販売台」みたいなものにお金を入れて
パタンとフタをあけて適当に好きなお御籤を選ぶという方式なんだね。
後ろに写ってるのが「おみくじ販売台」。
f0189467_0254733.jpg

大吉が出るまでもう一度ひく気はないが、凶だったりしたら気分悪いのが人情。
開いてみると・・・ふむ、吉か、まぁこんなもんか。来月下旬に欧州出張を控えるイ課長としては
旅行運が気になるところだが…
f0189467_0262053.jpg

あまり急ぐは宜しからず・・・うう、そう言ったって、出張準備は急がなきゃならないんだよ~。
日程はもう2月下旬でキマリ。後ろ倒しなんてことはあり得ない。急がなきゃならないんだってば。
「宜しからず」なんて冷たいこと言わずに、ちゃんとイ課長のことサポートしてよ、天神さま~。

しゃぁない。太宰府天満宮の財政にもうちょい貢献し、菅原道真にゴマすってご利益を頂戴しよう。
お守りを買うことにした。天神さまといえば学問の神様だけど、別に入試を控えてるわけじゃないから、
合格御守なんて買ってもしゃあないし、まぁごくオーソドックスに厄除けか、飛行機が落ちないように
お願いしたいんだったら、交通安全のお守りあたり・・・

ぎょっ?こんなお守りがあるの?ここまでハッキリと「航空機の安全」だけに特化したお守りって
珍しくないか?とはいえ、前回書いたように今回の福岡出張じゃ787騒動で予約フライトが前夜トツゼン
欠航になって、飛行機に起因したピンチを味わったばかり。来月には欧州往復のロングフライトがある。
よし、買うお守りはコレで決まりだ。しかし太宰府天満宮と航空産業の関係って…??
f0189467_0263812.jpg

ハッ、そうか!!バカだなーイ課長。ここは「飛梅伝説」の太宰府天満宮だぞ?
京都から九州まで梅の木がブーンと飛んできたという、あり得べからざるスーパー飛行伝説の地だ。
梅の木を飛ばすくらいのパワーを持った天神さまなら、飛行機を欧州まで飛ばすくらいカンタンじゃん。

いそいそと航空安全御守を買い、イ課長はさらに太宰府天満宮の奥に向かって進むのであった。
しかし続きは次回ということにしよう。別に何かすごい展開が待ってるわけじゃないけどさ(笑)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2013-01-31 00:27 | 国内出張・旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2013-01-31 07:42 x
いろいろなお守りがあるんですねえ。飛行機に乗って、隣の人がそのお守りを出して、洋服掛けのところに、ぺろーんってかけたら、ちょっとひくぞ(←やってみてくらさい)。でも、購入されたということは、またどこかへ行かれるんですねー。インドかなー。
Commented by tohoiwanya at 2013-01-31 13:44
>洋服掛けのところに、ぺろーんってかけたら

Bきゅうさん:
やらんやらん(笑)。まぁ隣がガイジンだったら、やっても意味がわかんないだろうけど…

しかし交通安全御守っていうのは車の中でよく見るけど、航空安全御守って
私は初めて見ましたよ。パイロットなんかが持つのかなぁ?(笑)

福岡→羽田の復路便のため、ってこともあったけど、やっぱとりあえずは
2月の欧州出張ロングフライト用ですよね。忘れずに持っていかなきゃ。
 


<< 飛梅・太宰府天満宮 その2      博多出張の夜 >>