2013年 06月 11日

イ課長ミシュラン・ホテル評価21

フランクフルトネタ、重要なのを忘れてた(笑)。
イ課長ブログ恒例、ホテル評価。フランクフルトで2泊したホテル、いってみようではないか。
例によって評価はこの5つ星システムね。

★★★★★  サイコウ
★★★★☆  ケッコウイイ
★★★☆☆  マァマァ
★★☆☆☆  イマイチ
★☆☆☆☆  ダメダメ
☆☆☆☆☆  ウンコ


Hotel Excelsior

ホテル・エクセルシオール。これはだいぶ前に書いたホテル・モノポールの隣にあるホテルで、おそらく同じ系列。
モノポールが4ツ星なのに対し、隣のエクセルシオールは3ツ星。だからグレードに大きな差があるかというと、
これがあんまりない。そのくせ2泊で117ユーロだ。当時の円高レートなら一泊せいぜい6000円。これは安い。
安くても、基本的には非常に良いホテルなのだ(下の写真、右隣の茶色いのがモノポール)。
f0189467_23531221.jpg


利便性 ★★★★★
フランクフルト中央駅からすぐ近くで★5つあげたモノポールの隣。しかも「駅寄り」の隣なのだ。
モノポールより数十m、さらに中央駅に近いわけで、駅からの近さは文句つけようがないし、そういう立地だから
缶ビールを買うんでも食事でも何でも駅で済む。便利さじゃ文句なく星5つだ。

部屋 ★★★★☆
そんなに広いってわけじゃないけど、部屋の広さもまた問題なし。何度も言うけど6000円のホテルだからね。
国内出張で6000円のビジネスホテルに泊まれば、もっと部屋は狭いだろう。建物はやや古いし、調度や設備も
ピカピカではないけど、ゆったりしたソファがあって、ちゃんとデスクもあって、wifiでネットもできる。
「この料金なら」という条件つきで星5つあげてもいいくらいだ。
f0189467_2354564.jpg

f0189467_23544465.jpg

ドイツのホテル、必ずと言っていいくらい、ベッドの上に何かちょっとしたお菓子が置かれている。
よくあるのはクマのグミの小袋だけど、ここはこんな専用ホルダ?に入れたチョコレートなのである。
写真を撮って、すぐに食った(笑)。
f0189467_23542234.jpg

部屋のカギの開けやすさ ★★☆☆☆
最初はあせった。カギが開かないんだもん。
フロントでチェックインするとき、係員が「こうやって開けなさい」っていうのをドアノブの模型を使って(!)
説明してくれた。模型まで置いてるくらいだから、「どうやってカギ開けるの?!」っていう声が多いんだろうな。

フロント係員は「コレをここに差し込んだ状態でこの緑のヤツを、こうやって回す」と「左に」回して実演してくれた。
言われた通りにやったんだけど、これが開かない。何度やっても開かない。ドアの前でひたすらガチャガチャ。
「もしかして・・」と思って、しゃがみ込んでドアのところを見た。
f0189467_23551373.jpg

ドアノブの下にある、この緑のボタン。回す向きが右か左かは部屋によって違うんだと思う。
イ課長はフロントの係員がやった通りに「左に」回したんだけど、この部屋は「」だったのだ。
え?ちゃんと書いてあるじゃないかって?あのねぇ、イ課長は身長の不自由な巨大ロボットなの。
ドアノブの下の、緑のボタンのさらに下の、小さい紙なんて、立った状態じゃ目に入らないの!ぶう!

朝食 ★★★★★
朝食は良かった。モノポールと同系列なら朝食がいいことは予想がついたけど、すごくいい。
グレードとしては三ツ星ホテルで四つ星ホテルと同じ朝食が食えると評価していいと思う。

特にスモークサーモンがついてるのが嬉しい。イ課長の経験だと、三ツ星ホテルでスモークサーモンを朝食に
置いているホテルは少ない。ライスと、それにかける煮物、さらにヤキソバみたいなアジアンフードもあったりして
メニューのバラエティも豊富。前夜は到着当日の時差ボケでロクな晩飯食わずに爆睡しちまったから、
朝はがっつり食わせていただきました。おいしかったよ。
f0189467_23553717.jpg

しかも、ここ、確か朝食が5時半からだったと思う(5時だったかな?)。これはものすごく早い。
パリのリヨン駅前のホテルが朝食が5時半からだったけど、それに匹敵する早さ。これは助かる。
チェックアウト当日はチョー早起きして、朝6:25分発のICEでブリュッセルに行かなきゃいけなかったんだけど、
そんな日でも余裕でホテルの朝食が食えたのは嬉しい。前日に比べると、少し量が減ってるね(笑)。
f0189467_23555675.jpg

カギに若干の問題はあるが(笑)、総じて、すごくいいホテルだったと思うよ。
フランクフルトで何度もホテル選びしてるから、比較的料金の安いこのホテルが駅の真ん前にあることは
以前から知ってたけど、泊まったのは初めてだ。非常によろしい。


        た・だ・し・・・・

一つだけ注意事項。2月・3月にこのホテルに泊まる時は(イ課長が泊まったのは3月初め)覚悟が必要だ。
何の覚悟かっていうと、「周囲は日本人の、卒業旅行の若者だらけである」ということに対して、だ。
おそらく、日本のどこかの旅行会社がここを使ってるんだろうな。便利だし、安いし。ホテルのガワにしたって、
観光シーズンには程遠い3月に、大量の観光客を運んできてくれるのは営業上助かるはずだ。

ただねぇ・・やっぱ異様な状況だよ。実際その場に身を置いてみると(笑)。
朝飯を食う時なんて、周囲は全員東洋人の、おそらく日本人の、おそらく卒業旅行のワカモノで埋まる。
出張ビジネスマンなんてイ課長一人。何だか「日本人コドモ専用ホテル」に間違って泊まっちゃったみたい。
ま、日本人の学生たち、そんなに行儀は悪くなかったし、いいんだけどさ。ああ大量だとさすがに・・・


 
[PR]

by tohoiwanya | 2013-06-11 00:01 | 2012.03 欧州出張 | Comments(4)
Commented by 加代子 at 2013-06-11 17:37 x
駅が近くて便利なホテルは有難いですよね。
それに部屋にソファがあるもの良いです。
日本の卒業旅行の若者に遭遇した事はないですが
ベルリンのペンション兼安・ホテルで
修学旅行のノルウェー人中学生に当たった事があります。
これが高校生以上だったら お酒飲んで騒がしいと思うので
小さい子で有難かったです。
Commented by Bきゅう at 2013-06-11 20:58 x
>ライスと、それにかける煮物、さらにヤキソバ
すごい。朝食というより昼食。でも、出されたら食べるなあ。

日本人の学生って、お子ちゃまでも、うるさくても、やっぱり、総じてあんまり汚くはないから、ホテルとしては安全な客でしょうね。
Commented by tohoiwanya at 2013-06-12 15:04
>修学旅行のノルウェー人中学生に当たった事があります

加代子さん:
卒業旅行の日本のワカモノはほんとに行儀よくて、食堂でもわりと静か。
身なりも悪くないし、他の客への迷惑になるかっつうたら、ほとんどならない。

ただねー、もうハタチ過ぎなんだからもう少し単独行動力をつけたら?と私なんかは思っちゃう。
ミラノの空港じゃ、学生のツアーグループ一人ひとりに添乗員が航空券渡してるんですよね。
「スズキさーーん」「はーい」「カトウさーーん」「はーい」って感じで(笑)。
社会人になったら、一人でチェックインできなきゃバカにされるぞ!と
お説教したくなった(笑)。
 
Commented by tohoiwanya at 2013-06-12 15:07
>朝食というより昼食。でも、出されたら食べるなあ

Bきゅうさん:
2日目の朝食(ヤキソバのない方)の、左上にあるスープ。
これ、たしか味噌汁だったはずです。モノポールもこのホテルも値段が安いから
アジア系宿泊客が多くて、メシもアジアメシに注力してるようです。

卒業旅行チルドレン、行儀はいいし、たぶん部屋もキレイに使うはずで、
そういう意味じゃ確かに安全な団体客なんでしょうな。
 


<< イ課長ミシュラン・ホテル評価22      夜のフランクフルト >>