2013年 11月 05日

ウォヴィッチ聖体祭 その3

さぁいよいよパレードは始まってしまった。
しかし教会出発直後のパレード撮影ポイント確保に失敗したイ課長。
どこか他の撮影ポイントを探さねばならないわけだが、どこに行けばいいかわからない。
なにせパレードの進むルートなんて知らないんだから。

ここでさっき見た祭壇(前々回の記事に写真を載せたヤツ)のことを思い出した。
そうか、パレードはあの祭壇のあたりを通るのかもしれない。だとしたら、反対側の道を通って
あの祭壇のあたりで張ってればパレードを先頭から見られるんじゃないか?
ほとんど小走りになって、さっき見た祭壇のあたりに行ってみた。

結果的にはこれが正解で、何とかイ課長はウォヴィッチ聖体祭パレードの全貌を見ることが出来た。
それでは、読者の皆様にもイ課長のヘボ写真と共にパレードの様子をご紹介しましょう。

まず先頭はこんな感じで十字架とキャンドル?を抱えた若手聖職者。
後ろにポーランド国旗と同じ赤白のタスキをかけたお年寄りたちが続く。これは・・ナンなんだろう?
f0189467_2355195.jpg

このあと、やはりタスキをかけた若者。
美人にはさまれて旗を持って歩くニイちゃん、ちょっと緊張しているような・・(笑)。
f0189467_23553775.jpg

そしていよいよお待ちかね、民族衣装軍団の登場です。
やっぱコレっすよコレ。いやーーー素晴らしい。観光客向けのショーじゃなく、本当に地域に根ざした
こういうお祭りを海外で見る機会なんて少ないから嬉しくなっちゃう。
f0189467_2356981.jpg

民族衣装軍団の行列にはこうやって宗教画らしきものが描かれた幕?みたいなものがたくさんある。
まぁこれはただのフェスティバルじゃない。聖体祭なのである。宗教行事なのである。
f0189467_23563599.jpg

こんな感じで、老いも若きも男も女も入り混じって歩く。特に歩き方に統制がある、というわけでもなく
何か踊りながら練り歩くわけでもない。のんびりテクテク歩いていく、このゆるさが好きだ。
f0189467_235709.jpg

おっ、こちらはまた他とはちょっと違った民族衣装をまとった連中だ。
花柄の刺繍が華やかな他の民族衣装に比べると、こちらは白を基調としてシンプルなデザイン。
ちょっとロシア風に思える。
f0189467_23571573.jpg

と思ってたら、はははは!突然登場する拡声器マン。
これ、祈祷の文句を沿道の人に聞かせるためのものみたいなんだよね。イ課長がもしこのパレードに
参加するとしても、この役だけはやりたくない(笑)。
f0189467_23575360.jpg

お、この辺からパレードは僧服を身にまとった聖職者軍団にかわっていく。
やっぱり宗教的行事なのである。
f0189467_23581354.jpg

うーわ。これは日除け付きの乗り物に乗ってるくらいだから、一番エラい大僧正かナニかだろう。
さすが、一番エラいだけあって、もう自分で歩くのは難しそうなくらいの超年寄りだ。
f0189467_23583686.jpg

おお、その後ろにはさっき見た兵隊サンたち。
宗教的行事のパレードに軍隊の行進が混じってるあたり、軍人に対する尊敬の高さが感じられるよね。
f0189467_23585171.jpg

そして最後は吹奏楽団。どんな音楽を吹いてたかって?全然覚えてません(笑)。
f0189467_2359512.jpg

・・・と、パレードの全体構成はこんな感じだったのである。
とりあえず先頭から最後まで見て写真を撮ったところで、今度はパレードが通り終わった道を逆に走って
次の撮影ポイントに移動するという感じで、イ課長の観光活動もなかなかアグレッシブだった。
とにかく、帰りの電車まであんまり時間がなかったから、撮れるだけ写真を撮っておきたかった。

というわけで、とりあえずパレードの全体像はご紹介したけど、聖体祭の記事はまだ続く。
次回はとっておき写真の中から「美女図鑑・ウォヴィッチ編」企画でいく予定なのである。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2013-11-05 00:00 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(6)
Commented by 加代子 at 2013-11-05 16:59 x
お祭りの行列を 初めから終わりまで見られたのですね。
ポーランドは美人が多いですねェ。
素朴な花模様の民族衣装より ロシア風?衣装が
すっきりして素敵♪ 帽子がユニークですね。

↓ ノルウェーの民族衣装は 私のブログのOsloとEvents の項の
  5月17日に沢山入れてます。宜しかったら見て下さい。
Commented by piki at 2013-11-06 12:48 x
こんにちは、

ポーランド人、容姿いいですね。
制服みたいなのを着た中年の太ったおばちゃんは、どんな性格なんだろうと考えてしまいます。
ポーランドは、周辺の旧共産圏のなかでも、知的レベルが高いんだと思います。 スペインに出稼ぎに来ていたポーランド人は、英語教師とかの仕事してました(ルーマニア人は、肉体労働)。
素敵な民族衣装、美人軍団、で、楽しい時間をすごされたんじゃないでしょうか?
Commented by tohoiwanya at 2013-11-07 10:28
>ポーランドは美人が多いですねェ

加代子さん:
でしょ~~?そう思うでしょぉ~~?

反対側の道から周って、パレードの先頭から最後まで見届けたあと、こんどは
パレードが通貨し終わった道を走って、教会前広場で再度待ち構えました(笑)。
ぴかぴかの青空とはいかなかったけど、この日は天気がそこそこで
ホントによかった。この衣装着て雨に降られたら可哀想だし、
傘さしたパレードなんて見せられたら観光客がかわいそう(笑)。
 
Commented by tohoiwanya at 2013-11-07 10:41
>ポーランド人、容姿いいですね

pikiさん:
でしょ?でしょ~~?そう思うでしょぉ~~?

2010年に私が欧州出張でロンドンの、B&Bがずらっと並んだ一角の
安ホテルに泊まったとき、通訳さんが「あの辺のホテルの従業員はポーランドとかから
来た人が多いんですよ」と言ってた。
見た目じゃわかんないし、英語の発音でも(こっちがヘボだから)わからないでしたけど、
pikiさんのお話と総合して考えると「ポーランド人はおそらく英語のレベルが
近隣東欧諸国と比べても高い」ということなのかもしれませんねぇ。
 
Commented by fiveyellow at 2013-11-07 19:52 x
イ課長様現場からのレポートは臨場感ありあり。宗教行事に若者の参加多数は、頼もしい限りね、我町内の祭りの年齢層との違い、、、。衣装の彩可愛い事、美女多すぎの街。次回も楽しみです。
Commented by tohoiwanya at 2013-11-08 00:42
>美女多すぎの街。次回も楽しみです

fiveyellowさん:
美女、多いと思うでしょ〜?思いますよね〜?私も強くそう思いました(笑)。

すみません、美女図鑑はもうちょっとお待ち下さい。
毎度のごとく、同じネタが連続すると、他のネタをはさみたくなるもんで
今日は全然関係ない話を書いたんですけど、美女図鑑は必ずやります。
美女のクォリティに関してはご期待を裏切ることはないと思います(笑)。


<< 空港ピックアップあれこれ      ウォヴィッチ聖体祭 その2 >>