2013年 11月 23日

浜松餃子を食ってみた

やれやれ。
トホ妻は本日無事に退院いたしました。イ課長は昨夜浜松に前泊して、今朝のバスで病院に行き、
ゆっくり歩けるところまで回復したトホ妻を引き取ってきた。もっとも、新幹線で戻ってきたのは
イ課長だけで、トホ妻は親戚の車で明日自宅に戻って来る予定。

その前に家に掃除機をザッとかけ、風呂の掃除もして体裁を整えたイ課長なのである(笑)。

トホ妻が入院してたカンケイで、浜松に行ったのは今月に限っても今回で3度目。
別に観光しに行ってるわけじゃないけど、ただ行ってただ帰ってくるだけってのもつまらない。
そこで今回は浜松名物のB級グルメというのをトライしてみたのである。
f0189467_0591862.jpg

浜松餃子って聞いたことある?
イ課長は全然聞いたことがなかった。こういうものなのである。
(下の画像は遠鉄ストアというところのサイトから拝借してきました)。
f0189467_0594115.jpg

この浜松餃子、B級グルメ業界ではけっこう有名みたいで、例のB-1グランプリでも常連らしい。
餃子っていうと宇都宮が有名だけど、浜松の一人当たり餃子消費額は宇都宮と拮抗してるようだ。

見たところ、普通の餃子の真ん中にもやしがついている、っていうだけのモノのようだが、
まぁとりあえず餃子ならそんなに高いモンじゃないだろうし、イ課長のレベルに合った食い物だ。
今回浜松に行ったら食ってみようかと思っていた。

たまたま昨夜前泊したホテルの近くに、浜松餃子の店があった。
その名も「むつぎく」。この店、実は浜松餃子の名店として地元ではけっこう知られたところらしい。
確かにラストオーダー(21時)直前に入ったにもかかわらず店内は混んでたけど、たまたま
4人掛けのテーブルが空いたので、そこにイ課長一人が座ることができた。

「もうラストオーダーですので、ご注文はまとめて」と言われ、んじゃまぁ浜松餃子の小と、
ホルモン焼きっていうのと、生ビールとをまとめて注文した。

浜松餃子の特徴は「キャベツの多さ」「あっさり」というあたりの賛辞が常にくっついてて、
この名店の餃子も肉より圧倒的にキャベツの方が多いらしい。肉の少ない餃子ってのもなぁ・・と思いつつ
とりあえず一つ食ってみた。
f0189467_102896.jpg

これがね、意外なほど美味しいんだよ。
食ってすぐ「あ、こりゃウマい」と思った。確かに中身は野菜が多そうなんだけど、なぜか美味しい。
パクパク食える。これなら小(8個)じゃなく、中(12個)でもイケたかもしれん。

ちなみに、この店では餃子のタレに関しては醤油・酢を客が好みでミックスするんじゃなく、
専用のタレで食うようになっている。名店のこだわりというヤツか。しかし美味しいのは確かなんだよ。
f0189467_113720.jpg

ホルモン焼きの方は写真で想像したとおり、味噌がたっぷりからめてあって、これまた美味しい。
餃子とホルモン焼きがあればビールはいくらでも飲めそうだけど、もうラストオーダーを過ぎちゃったから
生ビールをお代わりできないのが残念だぜ。
f0189467_11270.jpg

「肉の少ない野菜だらけの餃子なんて・・・」と、正直言ってあまり期待していなかった浜松餃子だが、
予想を裏切るおいしさ。さすが名店だけのことはあったのである。
ちなみにお値段は餃子小が460円、ホルモン焼き650円、生ビール中が600円。しめて1710円。

いまや宇都宮の餃子と覇を競うといわれる浜松餃子。美味しゅうございました。
もうちょっと安ければもっと嬉しいんだけどなぁ。特に生中600円っていうのが・・・(笑)。
このあと、コンビニで第3のビールとバタピーを買って、ホテルで飲んだイ課長なのであった。

トホ妻も退院したことだし、もうしばらく浜松に行くことはないだろう。
でも、もし行く機会があったら、また食ってみたいと思うよ、浜松餃子。


[PR]

by tohoiwanya | 2013-11-23 01:10 | 日本での私生活 | Comments(2)
Commented by marco at 2013-11-23 01:18 x
お疲れ様でございました。
まずは・・・R.I.P

えっと、、、あえてURL載せませんでしたが、誰だかお分かりで・・・す・・か?
あのですね、私、浜松出身なのですよ^^。
北部にある病院、何となく分かります。浜松は医療が発達しているので大丈夫(!)ですがいきなり地元の話題でびっくりしたよォ、もォ。
むつぎくは有名です。ちなみにあの辺りは夜の世界でも有名です(^^)。

ブログ等では身元を明かしてませんので御無礼をお許しください。
そして、またぜひ浜松へ行かれた際には(え?もう結構?)浜名湖ウナギもぜひ~。
“夜のお菓子”ならぬ“真夜中のお菓子”も~。
名物にうまいものあり!

最後に、重ねて・・・・・再度・・・RIP。
またインド行くぞーーー、おーーーーっ!
Commented by tohoiwanya at 2013-11-23 22:14
>あのですね、私、浜松出身なのですよ^^

marcoさん:
なんと、そうでしたか。これはまたびっくり。
浜松北部には有名な大病院があって、その周囲には大病院を定年退官した医師たちが
たーくさん個人開業してるんです。今回トホ妻が手術してもらったのもそういうところで
この春まで大病院に勤務していた、日本屈指の名医。たまたまタイミングがよくて
診てもらえたけど、今手術を頼むと「100人待ち」なんだとか・・・。

むつぎくはすぐ発見できましたけど、あの辺り、「夜の世界」でも有名なんスか?
それはノーチェックだった(笑)。そういう感じにも見えなかったけどなぁ〜?

英国やアフリカや米国等々、世界のいろんなところからお悔やみの言葉を頂戴して
海外好きのオヤジも喜んでますよホント。ご丁寧にありがとうございました。


<< ウォヴィッチ聖体祭 その4      イ課長の父 >>