2013年 12月 09日

ワルシャワ・最後の夜

前にも書いたようにポーランド滞在中のメシ生活は極めてショボいものだった。
これはポーランドのメシがショボいという意味ではなく、イ課長が(特にクラクフでは)疲れてて、
メシも食わずにビール飲んで寝ちまってばかりいたからなのだが。

しかし、ポーランド滞在中にマトモなものはホテルの朝食くらいしか食ってないっていうんじゃ
あまりにヒドすぎる。そこで明日ポーランドを離れるという最後の晩(つまりウォヴィッチ聖体祭の前夜)、
さすがに反省して「今夜はイスとテーブルのあるレストランで晩飯を食う」と固く決意してホテルを出た。

夜のワルシャワ。
賑やかというほど人通りは多くないけど、かといって物寂しいというほど少なくもない。
ネオンまばゆいというほどじゃないけど、かといって暗くはない。そこそこキラキラと明るい。
まぁこんなもんだろうな、という感じの夜だ(笑)。でも治安が悪そうな雰囲気が全然ないのは助かる。
f0189467_00053209.jpg
明かりのついたレストランがあったから、ここでいいやと思って入ってみた。
内部はちょっと薄暗くて、なかなかムーディな店内。
f0189467_00053531.jpg
何せポーランドに来て以来、ロクなもん食ってないからねぇ。栄養補給しないと。
とにかく肉料理だ、ニクニク。「リブなんとかかんとか」ってヤツをオーダーした。

どっかーーーん。
f0189467_00053446.jpg
肉ざます!っていう感じの立派な肉塊と、パンと、あとはビールだけ。
非常にシンプルだけどおいしそうだ。日本を発って以来久々に食うマトモな食事。
f0189467_00053513.jpg
こういう店で一人淋しくメシ食うのはわびしっちゃーわびしいけど、ハッキリ言ってもう慣れた。
楽しく談笑しながら食事する現地人に混じって、地図とかガイドブックとか眺めながらビールを飲む。
これはこれで「ああ我、遠き異国の地にて今宵も一人夕餉をこそ食いけれ」てな感じで
思わず係り結びの助詞なんかひっぱり出して旅情に浸りたくなる時間でもあるんだよ。

この店、ウェイトレスの制服がちょっと民族衣装風でなかなか可愛いね。
f0189467_00053410.jpg
・・・と思ったら、これ、今年正月の海外美女図鑑に載せた、かわいい「口ひん曲げ女子」と
同じ服じゃん。ってことは同じチェーン店だったんだな。へー。
f0189467_01537.jpg
ビールをお代わりし、久しぶりに食うマトモなメシを一生懸命食った。この通りキレイに完食。
ただしメシ代がいくらだったかは忘れた(書きとめろって)。
f0189467_00053447.jpg
日本の6月ならもうけっこう蒸し暑いだろうけど、ワルシャワの6月の夜はまだ「涼しい」といっても
いいくらいで、暑くも寒くもなく、いい感じだ。のんびりとホテルまで歩く。

文化科学宮殿のライトアップが見える。キレイだ。
キレイだけど、「魅惑の夜景に酔いしれる」というほどでもない。まぁまぁの夜景というべきか。
相変わらず「まぁこんなもんだろうな」という感じの、夜のワルシャワ。
f0189467_23523216.jpg
ワルシャワって、第二次大戦でボコボコにされたせいか、街にプラハみたいな「中世の香り」っぽい部分が
極めて希薄で、ある種の「アカ抜けてなさ」、言い換えると新興国の大都市的な感じがある。
でも、第二次大戦がらみのダークな場所をたっぷり見学してきたイ課長にとっちゃ、そういうワルシャワも
また愛着が湧くってもんだ。

生まれて初めて行った国・ポーランド。
5泊したポーランドでの最後の夜はこんな風に過ぎていったのでありました。


[PR]

by tohoiwanya | 2013-12-09 00:11 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(2)
Commented by カプメイ at 2013-12-09 15:05 x
大きなお肉!!
行き当たりばったりで美味しいお店を見つけるなんて、凄い嗅覚ですね。
HPを見ましたが、ポーランド料理とピエロギ専門店みたいで、知ってたら行きたかったです。
精力的に動き回ると、よっぽどチェックしておかないと、個人旅行では食べ損ねることがありますよね。
何とかなるだろうと調べて行かなかったうえ、疲れ果ててしまったので、ワルシャワの夕食はレストランに行けませんでした。
それにしてもユニフォームが可愛い。
関係ないですがアンナミラーズを思い出しちゃいました。
Commented by tohoiwanya at 2013-12-10 10:38
>行き当たりばったりで美味しいお店を見つけるなんて、凄い嗅覚ですね

カプメイさん:
いやいや。行き当たりばったりで入って失敗した例も少なくないっす(笑)。
こういうのって、たぶんその国のメシの全体的レベルの問題で、台湾とか
スペインあたりだと、当てずっぽうでどんな店に入ってもほぼ例外なく美味しいだろうと
期待できるし、アメリカなんかはどこ入ってもあまり期待できない(笑)。

ちなみに、私が食ったこの「リブなんとかかんとか」。
メニューに記載された金額は単位重量(たぶん100gあたり)の値段みたいで、
もちろんもっと大きかったから、値段も高かった。いくらだったっけなぁ?
でも、ポーランドは全体的に物価は安かったですよね。この時もそんなに
「げっ」っていうほどの値段じゃなかったですよ(笑)。


<< ワルシャワ・ショパン空港というところ      ワルシャワ中央駅のナゾの数字 >>