2014年 01月 30日

ヘルシンキの地下鉄 副題:サイホクの話

さて、ヘルシンキネタに戻る。
以前紹介した市電に続いて、今回はヘルシンキの地下鉄だ。

ヘルシンキには地下鉄は1路線だけしかない。
だから乗る方向さえ間違えなければ、乗り換えに悩んだり迷ったりする必要はない。
非常にわかりやすくて、市電を乗り間違えたイ課長も地下鉄はまったくオッケーだった。
さぁそれではご一緒にヘルシンキ地下鉄に乗ってみましょう。

ヘルシンキの地下鉄の旅はまずなっがぁ~~い下りエスカレーターから始まる。
長~い斜坑一本でイッキにホームまで、っていうとプラハの地下鉄なんかが思い出されるけど
欧州の地下鉄にはけっこう多い。東京みたいにホームにたどりつくまでに何回も何回も
エスカレーターに乗りなおさなきゃならんっていう方がむしろ変わってんのかも。
f0189467_23554051.jpg
さてホームに到着。こんな感じ。広い。
土曜日の朝だからか、駅が広いわりに乗客はマバラ。こんなんで経営が成り立つのか?
f0189467_23554041.jpg
フィンランドって国旗が白と青だから、そんな感じの色使いの車体を想像していたら、
意外にも車体カラーは柿色ではないか。柿メトロ。
f0189467_23554079.jpg
車内はこんな感じ。柿メトロの中にある柿シート。けっこうハデだ。
f0189467_23554032.jpg
色使いも印象的だけど、ヘルシンキの地下鉄で印象的だったのはやっぱり島式ホームの幅の広さだよ。
東京の地下鉄に慣れた目で見ると、とにかくもうベラボウに広く見える。東京の銀座線、新橋駅あたりの
ショボいホーム3つか4つ分はありそうなくらい幅広い。

ある駅で、その幅広さを何とか写真に撮ろうとしたんだけど、広角でやっとこさ画面の端と端に
乗り場が入る。そのくらい広いのだ。しかし広いわりに乗降客の数はやけに少ない(笑)。
非常にゆったりした作りといえるだろうけど、逆に、こういう地下鉄に慣れたフィンランド人が東京に来て、
銀座線の狭いホームからこぼれんばかりに乗客がひしめいているのを見れば腰を抜かすだろう。
f0189467_23554121.jpg
目的地の駅に着いたらエスカレーターで地上に戻りましょう。当たり前だが。
もちろん、ここでも待っているのは長大な上りエスカレーターなのである。
f0189467_23554198.jpg
この旅行では偶然にもワルシャワ、ヘルシンキと「地下鉄が1路線しかない街」を渡り歩いたことになる。
そういう意味じゃ同じようなものだけど、ただ、ヘルシンキの地下鉄にはワルシャワのソレにはない重要な
付加価値というか、売り文句がある。それは何かというと・・・




世界最北の地下鉄


へぇ~~そうだったの?!
イ課長はヘルシンキにいる時はそんなこと全く知らず、帰国してから知った。
そうだったんだぁ。ヘルシンキって思ってた以上に北にある街なんだねぇ。

地図をみると、確かにヘルシンキはモスクワよりずっと北だし、サンクトペテルブルグや
ストックホルム、オスロなんていう都市と比べてもちょっびっとだけ(ほんのわずかだが)北っぽい。

世界最北の地下鉄っていうだけでも「へぇ~」と思うけど、調べてみるとそれだけじゃない。
ヘルシンキっていう街自体が「世界最北の、人口100万人以上の“都市圏”」なんだと。
地下鉄を持つくらいの大都市圏としては地球最北記録を持ってたんだね、ヘルシンキが。
ただ、人口100万人以上の“都市”ではサンクトペテルブルグが最北らしい。都市と都市圏。
この辺は若干「最北記録をつくるためのムリヤリ分類設定」っぽくもあるが・・。

というわけで、イ課長は自分でも知らぬうちに世界最北の100万人超都市圏に行き、そこで
世界最北の地下鉄に乗っていたのでした。なーんだ、そういうことだったら、イ課長がヘルシンキで
したことの全てが個人的には「人生最北」ということになるよ。だってヘルシンキより北の町なんて
行ったことないんだから(アンカレッジは空港ン中だけだったしなぁ)。

ヘルシンキで食ったメシはイ課長の「人生最北メシ」、飲んだビールは「人生最北ビール」。
「人生最北宿泊」したホテルで「人生最北睡眠」から目覚め、「人生最北観光」を楽しんだわけだ。
市電の「人生最北乗り間違い」なんて、今後の生涯で破られることは絶対ないだろう。

最北経験という意味ではヘルシンキに行くことは実に意義深いことが判明した。
さぁアナタもヘルシンキにサイホクしに行きましょう。




[PR]

by tohoiwanya | 2014-01-30 00:05 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(6)
Commented by piki at 2014-01-31 15:01 x
こんにちは、

ヘルシンキでは、空港往復以外は、
徒歩範囲で、満足でした。
ニューヨークの地下鉄からみると、
なんと、明るくて、きれいな乗り物なんでしょう!
冬が暗いから、明るくしないと、鬱になりますよね。
夏は、のーてんきになっちゃいますけど。
Commented by Bきゅう at 2014-02-01 07:35 x
まけた〜。ヘルシンキは、緯度60.17度。Bきゅうの行ったアンカレッジは、60.13度。
Bきゅう的には人生最北レンタカーしたとこですう。でも、地下鉄はなかったです。そこのホームが広いのは、造りが、合掌造りとかでなく、核シェルターだからだと思いますよ。
Commented by tohoiwanya at 2014-02-01 23:59
>なんと、明るくて、きれいな乗り物なんでしょう!

ぴきさん:
駅はダダッ広くてキレイだし、車両もキレイ、車両の中もキレイで、
いかにもキレイな街・ヘルシンキらしいっていう感じの地下鉄でした。
これでもうちょっと乗客が多ければいいんだろうけど、東京の地下鉄に慣れた
私にとっちゃ、いかになんでもガラガラすぎだろ、と思わずにはいられない。
 
Commented by tohoiwanya at 2014-02-02 00:04
>ヘルシンキは、緯度60.17度。Bきゅうの行ったアンカレッジは、60.13度

Bきゅうさん:
なんとッ!こりゃ驚いた。てっきりアラスカにあるアンカレッジの方が北だろうと思ってたけど
ヘルシンキの方が0.04度だけ北なんだ、こりゃ驚いた。
「核シェルター」っていうのは私もちょっと思ったんだけど、まさかなぁと思って
記事には書かなかったんだけど、やっぱそうなんですかね。確かにムダに広かった。
Commented by fiveyellow at 2014-02-06 10:37 x
昨日パリのツアーから帰国。1年前の地下鉄の残りの切符で、乗れました、駅は綺麗でない所が多いですね。モンサンミッシェルの島内に泊まったので、大潮をまじかに見れました。
Commented by tohoiwanya at 2014-02-06 12:34
>1年前の地下鉄の残りの切符で、乗れました

fiveyellowさん:
おお、あの10枚つづりになってるヤツですよね。
そうか、あれって料金改訂がない限り使用期限ないのかもしれないですな。

モンサンミッシェルはパリから日帰りもしくは1泊くらいのツアーの定番ですよね。
でも私は行ったことないんですよ。島内のホテルに泊まったとはうらやましい。


<< ヘルシンキの床屋で髪を刈る      タイとイ課長の間にあったこと その2 >>