2014年 02月 11日

イ課長ミシュラン・ホテル評価 26

「その街」のネタも大体書き終わったかな、という頃になると、おもむろに登場する
「その街で泊まったホテル評価」。本日はヘルシンキで泊まったホテルで、ヘルシンキネタも
そろそろ終りということだ。このポーランド・フィンランド旅行で75記事も書いちまった。すんません。

例によって評価は下記の通りの6段階なのである。

★★★★★  サイコウ
★★★★☆  ケッコウイイ
★★★☆☆  マァマァ
★★☆☆☆  イマイチ
★☆☆☆☆  ダメダメ
☆☆☆☆☆  ウンコ


Hotel Arthur 

これまた「例によって」で恐縮だが、このホテル名をどう読むべきかがわからない(笑)。
英語風に読めば「ホテル・アーサー」だと思うんだよ。でもフィンランド語でも「アーサー」と読むとは
思えない。もしかすると「アルトゥール」もしくは「アルチュール」って読むのかな?とも思うけど
これも単なるオクソク。まぁこの記事の中では便宜上「アルトゥール」にしておくか。


利便性★★★★☆
これはかなり良い。空港からフィン・エアーバスに乗ると、終点はヘルシンキ中央駅なんだけど、
中央駅から駅前広場を突っ切って、徒歩6~7分ってとこかなぁ?
しかも、トラムが何路線か、すぐ近くを通ってるし、メトロの駅もホテルからすぐのところにある。
中央駅が「ちょっと遠い」と思えちゃうくらい、市内公共交通のアクセスがいいから非常に便利。
f0189467_07443531.jpg
中央駅が近いわけだから、中央駅そばのメシ屋集積エリアにも近いし、地下鉄が近いわけだから
地下鉄構内のコンビニ売店にも近い。メシ食いにも、ちょっとした買い物にも便利なのだ。
利便性に関しちゃ迷わず星4つは進呈していいだろう。


部屋★★★☆☆
部屋はまぁこんなもんだろうって感じ。2泊で190ユーロだったから、1泊95ユーロ。当時で1万円弱。
他の国だったら「1万円も出してこれ?」と思ったかもしれないけど、物価の高いフィンランドでは
ホテル代も高い。だから1万円で「まぁまぁの中級ホテルグレード」って感じか。星三つが妥当。
f0189467_07430826.jpg
ただし、部屋はまぁまぁだったけど、バスルームに関してはイマイチだったかなー。
ご覧になるとわかるように、トイレスペースとシャワースペースの間に段差も仕切りも全くない。
同じ床がそのままつながってる。だから、シャワーをあびればどうしたって水がトイレスペースにまで
流れ出していっちゃうわけだ。
f0189467_07430802.jpg
トイレの床が濡れたら、これでどうにかしろっていうことか、こんな排水用の道具が・・・(笑)。
まぁね、そりゃ、これはこれで配慮が行き届いてるとも言えるけどさぁ~・・・
f0189467_07430810.jpg
朝食★★★★☆
このホテルで特筆すべきものっつうたら、やっぱ朝食かな。
見たことも食ったこともない地元北欧料理が用意されてて、なかなか面白かった。

たとえば下の写真、お皿の角度でいうと「2時の方向」に、何やら見慣れぬ物体がある。
コゲ茶色の皮?でウスラ黄色いナニかが包まれたものみたいだが、なんだこりゃ?
f0189467_07430824.jpg
欧州のどの国で食った朝食でも、こんな物体見たことないから、フィンランド独特の食い物なのか。
まぁいくら世界で最もマズい飴・サルミアッキを好むフィンランド国民とはいえ、ホテルの朝メシに
激マズフードを用意するとも思えないから、一つとって食ってみた。

うーむ・・半分食べても依然として組成がわからない。ジャガイモ系かと思ったけど、イモじゃない。
じゃ何だ?と言われるとサッパリわからない。味?いや、味らしき味ってないんだよコレ。
f0189467_07430843.jpg
このナゾの物体については帰国後に知った。
フィンランドではものすごくありふれた食い物で「カルヤランピーラッカ」っていうのだ。
牛乳粥をライ麦の皮で包んで焼いたモノだそうで、オカズというよりは主食に近いものっぽい。

だからカルヤランピーラッカを食うときは、「それだけで食う」んじゃなく、調味料や他のオカズ等々と
併せて食うべきなんだろうな。これだけ食っても、何となくアンなしマンジュウの皮だけ食ってるようで、
マズくはないけど、とりたてて美味くもない。

ネットで調べてみると、ゆで卵をつぶしてバターを混ぜたものをカルヤランピーラッカに塗るみたいな
ことが書いてあるけど、そんな「塗りモノ」あったかなぁ~??

それでも、ホテルの朝食ビュッフェでソーセージだ卵だベーコンだっていう「定番メニュー」ばかりじゃなく
ちょいと珍しい地元料理を食わせてもらったから星4つ。


宿泊費は決して安くない。ちょい高。でもヘルシンキ相場ならたぶん“並み”のホテル・アルトゥール。
「そこそこのホテルでいいよ」っていう人なら不満は少ないはずだ。部屋は「こんなもん」だけど
利便性はいいし朝食もいいし、名物・カルヤランピーラッカも食わせてくれたしね。


でも同じ名物っていうなら、ワルシャワのホテルで食ったピエロギの方が個人的にはずっと好きだなぁ・・


 

[PR]

by tohoiwanya | 2014-02-11 07:51 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(2)
Commented by piki at 2014-02-12 08:59 x
こんにちは、

ヘルシンキで泊まったホテル、狭くて、きれいじゃなくて、入口がBARになっていて、ゲッとなり、それ以来ホテルに神経質になりました。 駅の近くとはいえ、けして安くはなかったですよ。こちらは、床がフローリングできれいそうなので、いいなと思います。 Bathは、高級なところにいかないとこんな感じですね。北欧の人は、シャワーを浴びるためのサンダルをもってるので、日本人みたいに、はだしではいらないのだと思います。 それにしても、寒いときは、あったかいお風呂でという日本人のかんかく、裏切られますね、ヨーロッパでは。 ベルリンのシェラトンも、価格がたかく、立派でしたが、お風呂はありませんでした。
あと、英国も含めて、体のおおきいヨーロッパ人なのに、ベットが小さいのが不思議なんです、アメリカ大陸にくらべて。
Commented by tohoiwanya at 2014-02-12 15:18
>Bathは、高級なところにいかないとこんな感じですね

ぴきさん:
フィンランド行ったときは6月だったからまぁいいとしても、冬のヨーロッパじゃ
バスタブがあるかないかって大きいですよねぇ~。
ドイツとかベルギーじゃ三ツ星でもバスタブのあるホテルに何度か泊まったことがあって、
あれは嬉しかった。逆にクソ寒いワシントンDCのホテルがシャワーだけで悲しかった。

欧州のホテルって、特に小さいホテルなんかだと、ホテルとして建設したんじゃなく
古い建物をホテルに改装したってところが多いから、設備充実も限界があるんでしょうな。
東南アジアのホテルの方が、部屋もユッタリ&ベッドも大きくて、よっぽどいいくらい。
 


<< インド コントン トラフィック      大雪 >>