2014年 03月 25日

一応ロンドン地下鉄の名誉のために

せっかくだからロンドンの話をもう一つ続けるか。

イ課長は2010年の出張ですごく久しぶり(新婚旅行以来)にロンドンに行った。
その時のことはこのブログでいろいろ書いたけど、 中でロンドン地下鉄の切符自販機の言語対応性能を
激しく賞賛し、一方で地下鉄の運行やメンテナンスのクソヘボさ加減は激しく罵った

イ課長にとってロンドンの地下鉄というのは「すごくヨイところ」と「超ヘボなところ」が同居した地下鉄、
たとえて言うなら顔は美女だけど首から下は超バーサマのご婦人・・たとえがヘンか。
ま、いずれにしても「気を許しちゃならねぇ相手」として強く記憶されたわけよ、2010年の出張でね。

で、そのロンドンに2013年にまた出張した。出張すればまたロンドン地下鉄に何度も乗る。
「気を許しちゃならねぇ相手」と、また数日間つきあわなきゃいけないわけだ。

まず賞賛の方からいこう。地下鉄の切符自販機。
前回記事では日本語対応能力まであることを褒めてるけど、カンジンの写真がなかった。
今回はバッチリ写真を撮ってきたから、世界に冠たる切符自販機をお目にかけよう。

最初見たときはこんな風に英語表示画面になってるはずだ。しかし画面下の青いオビの部分に
「日本語」と書かれてるでしょ?タッチパネルだから、その辺を指でチョンとつついてみる。
f0189467_18010238.jpg
するとこういう画面になる。これこそ2010年にイ課長が見て、心底感心した言語選択画面だ。
これだけ多彩な言語に対応した地下鉄の切符自販機なんてよその国じゃまったく見たことがない。
言語選択っつうてもせいぜい3~4ヶ国語から選べりゃいい方だけど、ここは17言語から選べる。
(前回記事じゃ20カ国語くらいあったって書いたけど、それよりはちょっと少なかった(笑))
f0189467_18000334.jpg
いやーしかしこれは何度見ても感心するよ。インド系住民が多いことに配慮してだろうけど、ベンガル語とか
タミル語だとか、特にインド系言語の充実ぶりが素晴らしいね。

しかし我々としては「日本語」のところをポチッとするわけだ。するとこんな感じの画面になる。
f0189467_18003313.jpg
おお、わかりやすい。イ課長がほしいのは普通の切符じゃなくトラベルカード(一日乗車券)なんだけど
ちゃんと表示されとる。さっそくトラベルカードのところをまたポチッ。すると今度はこんな画面に。
f0189467_18003392.jpg
仕事で使うなら中心街のゾーン1~2で十分だよ。ポチッとやればアッという間に一日乗車券が買える。
いやもう実に素晴らしい。前にも書いたけど、「日本人が最も容易に切符を買える外国の自販機」という点で
ロンドンの右に出る街がこの地球上にあるとは思えないのである。

さて、ではヘボな方、つまり地下鉄の運行状況はどうか。
これに関しちゃ2010年に撮った「いかにヒドいかの証拠写真」まであるから、イ課長も最初から警戒していた。

どころがどうよ。ロンドン仕事の初日、地下鉄に乗ろうとしてフとディスプレイの表示を見たイ課長は
ものすごく驚いた。驚きのあまり、その場でゴソゴソとカメラを出して撮った。
f0189467_18003319.jpg
なんとまぁ、全線で平常運転とは。ロンドン地下鉄にもこんな日があるのかよ(笑)。
2010年に見たときは半分近くが閉鎖だナンだで青くなってたのを知ってる身にすれば、こんな風に
Good Serviceがズラリと並んだ表示を見りゃ驚きたくもなるぜ。

翌日、ロンドン仕事の二日目に地下鉄に乗ったときもイ課長はこういう表示を目にした。
f0189467_18003385.jpg
うひょーー今日も全線平常運転ときやがった。二日連続パーフェクトかよ。
(1路線だけ、ちょっとした遅れがあるようだが、そんなもん、東京の地下鉄にもしょっちゅうある)
こりゃひょっとすると本物か?数年前には全路線の半分が閉鎖だナンだとドヘボぶりを露呈していた
あのロンドン地下鉄がついに本気で改心したのか??

2010年に行ったときは「オリンピックまでにシャキッとするんだろうか?」って書いたけど、あの当時の
大ガタガタ工事のおかげでオリンピック後のロンドン地下鉄は性根が入れ替わったのかもしれない。
確証は持てないが、その可能性はある。
f0189467_18003351.jpg
ま、前回はヒドいこと書いたからね。
2013年出張では一応チャンとした地下鉄だったっていう事実も書いて公平を期すと共に、
ロンドン地下鉄の名誉を少しは回復させてやろうと思ったわけだよ。

しかしなぁ、オマエに関しちゃどうしても「ホントに気を許して大丈夫か?」っていう疑いが残るんだよなぁ。
信じていいのか?ロンドン地下鉄。いまはお行儀よくしてるけど、しばらくすると“本性”が出て、
元の怠惰なアバズレ女に戻るんじゃねぇか?ヲイ(しかしなぜ地下鉄を女にたとえたがるのだ?)


  
[PR]

by tohoiwanya | 2014-03-25 00:33 | 2013.02 欧州出張 | Comments(6)
Commented by 加代子 at 2014-03-25 16:31 x
自動販売機に日本語があるなんて 有難いですね。
何度もロンドンに行ってるのに気が付きませんでした。
最も いつもオイスターカードを利用。
本当に土・日閉鎖の地下鉄は多いですよね。
全部が工事中とは思えないのですが・・・

↓ ベーカー街のペンションに 同期生と数年前滞在。
  ちゃんと地下鉄の写真も撮って来ました。
  最近のTVシリーズ【シャーロック】でも 街並を使ってたような?
  現代版ホームズも それらしい役者さんでした。
Commented by Bきゅう at 2014-03-25 19:52 x
日本みたいに、一部不通なく、週末も深夜まで、ちゃんと動く地下鉄のほうが少ないのかも。ところで、ロンドンがoysterだから、香港は octopusなのかなー。海鮮シリーズ。米国だと Go なんとか系とか、無機質な名前が多いかも。あ、ボストンの地下鉄はチャーリーカードだ。
Commented by tohoiwanya at 2014-03-26 01:21
>自動販売機に日本語があるなんて 有難いですね

加代子さん:
ロンドン地下鉄の切符自販機で最初に日本語を見たときは有り難いっていう以前に
ホントなのか?と思って信じられなかったですよ。大英帝国の威信を感じた(笑)。

Baker Streetにはたしか3路線くらい地下鉄が通ってたと思いますけど、
路線によってはレンガ造りの、びっくりするほど古い駅で歴史を感じさせました。
たぶんロンドン地下鉄の中でも最も古い部類の駅だったんだろうなぁ。
Commented by marco at 2014-03-26 01:24 x
同感!と、、、称賛。
「気を許しちゃならねぇ相手」は同感!
日本語対応なんちゅーーすんばらしいものがあるロンドンには称賛します。
それから、イギリスの「ちょっとした遅れ」などはアテにならない。。。3分でも30分でも「ちょっとした遅れ」、イギリスあなどってはいかんのだ。
パーフェクト、も、どこまでがパーフェクトなのか、ここが問題だなヘイスティング君。
Commented by tohoiwanya at 2014-03-26 01:32
>ロンドンがoysterだから、香港は octopusなのかなー

Bきゅうさん:
香港は蛸カードっていうんですか?っていうか、そもそもなんでロンドンじゃ
「牡蠣カード」っていうんだろうか?
日本じゃ「スイカ」とか「イコカ」とか、基本的に駄ジャレ系ネーミングですなぁ。
あんまり外人フレンドリーじゃない。
Commented by tohoiwanya at 2014-03-26 01:47
>イギリスの「ちょっとした遅れ」などはアテにならない

marcoさん:
おっと、レス書いてる間にコメントありがとうございます。
2010年に半分近い路線が閉鎖してたのは土曜だったし、今回全線平常運転だったのは平日。
そういう点じゃ厳密に同条件の比較とはいえないんですけど、2010年出張じゃ
平日に乗ってた地下鉄の「突然死」を体験したから、やっぱりヘボのイメージは強い(笑)。

しかしロンドンからハルだのリーズだのっていう地方都市に行った数少ない経験だと
普通の長距離鉄道は意外にマトモでそこそこ定時運行してるっていう
印象ありますねぇ。


<< インド人は借景がお好き?      ベーカー街221Bを歩く >>