2014年 04月 17日

タンソニャット空港からタクシーで市街へ

成田に「NRT」、羽田に「HND」という3文字コードがあるのと同じように、ベトナム・ホーチミン近郊の
タンソニャット空港にも3文字コードがある。それは「SGN」だ。SGN・・・これが「サイゴン」という旧地名を
元にしたものであるのは明らか。サイゴン陥落・ベトナム戦争終結のニュースの記憶が残っている
イ課長としては、この街のことはどうしてもホーチミンではなくサイゴンと呼びたくなる。
(17:25発、HO CHI MINH CITY っていうのがイ課長の乗るANA)
f0189467_10322281.jpg
まぁそんなことはいい。

久しぶりに、おなじみの空港→市街アクセスネタ。
今回はベトナム、ホーチミンのタンソニャット空港到着時の話なのである。
空路でホーチミンに行こうとすれば、誰もがまずタンソニャット空港に降り立つことになる。
そして、この空港に降りた人の多くがタクシーを使って市街のホテルに向かうはずだ。
なにせ鉄道路線ないし、あとは市バスくらいだからねぇ。

特にANAの直行便で到着した人は夜の到着のはずで、タクシー確率はますます高まる。
イ課長の乗った便の到着時間は21時40分。この時間になると市バスもない。タクシーだけが頼り。

まぁタクシーを使うのは仕方ない。しかしボッタクリタクシーも多いといわれるベトナムだ。
しかもこっちはベトナム初入国、右も左もわからん。しかも夜遅く。最初から不利な条件ではないか。
到着したときのイ課長の警戒モードは非常に強いものがあった。

これがタンソニャット空港到着フロア。夜遅いのに、なんだかすげー人ごみだったよ。
しかし人ごみに感心してるヒマはない。タクシーをつかまえてサッサとホテルにたどり着かねば。
f0189467_10242289.jpg
空港ビルを出るとこんな感じ。やっぱりすごい人ごみ。
タンソニャット空港にはエアポートタクシーっていう空港内で予約するタクシーもあるらしいんだけど、
ちょっと高いって話を読んだので、普通のメータータクシーで行くことにした。空港ビルを出てタクシー乗り場を探す。
事前情報によると、空港からサイゴン中心部までは7ドル(約700円ってことは14万ドンくらい)程度が目安だとか。
そんなに安いの~?東京のタクシーの初乗り運賃程度ってことじゃん。
f0189467_10242252.jpg
タクシーはすぐに見つかった。メガネをかけたマジメそうな運転手だが安心はできない。
何せイ課長は警戒モード。まずメーターを確認。うむ、あるな。・・・と思って乗ったはいいが、しばらく走っても
メーターがいっこうに回らんではないか。実はこのメーター故障してるんだよねーでも料金はいくらで~す、なんて
調子のイイぼったくりタクシー、昔の東南アジアにはいくらもいた。まさかコイツもそうじゃねぇだろうな?

ドライバーに聞いた。「メーターは?動かないの?」
繰り返すがイ課長は全身ハリネズミのごとき警戒モードだったのだ。
彼は「大丈夫、メーター、OK」とか言ってるけど、相変わらずメーターはぴくりとも動かない。うーむ怪しい。
こういう時は早めに行動を起こした方がいいかもしれん。毅然たる態度で先手を打つか。

イ課長は思い切って「よしすぐ車停めろ、ここで降りる」と宣言した。宣言したトタン、メーターが回りだした(笑)。
ありゃりゃ?こりゃ勇み足だったらしい。「初乗り」でしばらくはメーターが固定のままみたいで、しばらくすると
回り始めるってことのようだ。これは大変失礼いたしました。ごめんごめん。

そこから夜のサイゴンをひたすら走る。といっても、タンソニャット空港とサイゴン中心部はわりと近いのだ。
乗ってた時間は15~20分くらいだったんじゃないかな?もちろん、その間メーターは順調に?回って料金を刻む。
f0189467_10242283.jpg
無事、タクシーはベンタイン市場ワキのホテルにイ課長を運んでくれた。
料金は12.7万ドンくらいだった。ドルに直すと6ドル強。おお安い。これは正当な料金請求に違いない。

さっきイ課長が早合点して「停めろ!降りる!」なんて騒いで彼を戸惑わせただけに、イ課長としては
このドライバーに対していささかヒケメがあった。5万ドン札3枚を渡して彼が「お釣りが・・」という顔をしたから
「お釣りはいいよ」と言って最後はサワヤカかつニコヤカに別れたのでありました。

とりあえずタンソニャット空港からタクシーに乗るときは
①メータータクシーで、ちゃんとメーターが機能(赤い数字が点灯)していることを確認すること。
②たぶん最初の何百mだかを走る間(感じとしては空港を出るあたりまで)はずっとメーターは変わらないので
 偽メーターだとか悪徳ドライバーだとかと早合点しないこと。
 
イ課長は見事に②で失敗を犯したわけだ。彼が善良なドライバーだっただけに、悪徳ドライバーと早合点したのは
申し訳ないことをした。到着早々でまだベトナムに身体がなじんでなかったんだよ。ごめんね。

イ課長の数少ない経験から考えると、空港前の正規の乗り場からメータータクシーに乗れば、悪逆非道なドライバーに
あたる危険性はわりと低いんじゃないかと思えるんだよなぁ。ちなみに、イ課長が乗ったタクシー会社のカードを
下に載せておくけど、このSAVICOタクシーっていうのはVINAタクシー、VINASUNタクシーなんかと並んで
サイゴンでは評判のいいタクシー会社の一つとされているようだ。
f0189467_10242227.jpg
しかし初めての国に到着早々、しかも夜の空港で「タクシー会社を選べ」って言われてもムリだよねぇ。
メータータクシーにも悪徳ドライバーは皆無ではないだろうし、そういう人に当たるかどうかは結局確率の問題。
でもイ課長の印象じゃ「悪いのにアタる確率」はかなり低いんじゃないかって気がするんだよ。
この二日後、逆にホテルからタンソニャット空港まで乗ったタクシーもごくマトモだったし。

タンソニャット空港からのタクシー。
「どいつもこいつも危険」「まず疑ってかかれ」というほどヒドくはない。それは確か。しかし「まったく安全」と言い切るほどの
自信もない。平均するとほのかにグレーというか・・。この「そこはかとなくグレーかも?」っていう感覚はこの後ベトナムで
モノを買う時、メシを食う時、全部につきまとった。慣れてくるとコッチも買い物のたびにその店の「グレー度・ブラック度」を
評価したりしたもんだけど、それがまたやけに楽しくてさぁ・・・(笑)。




[PR]

by tohoiwanya | 2014-04-17 00:15 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(4)
Commented by Bきゅう at 2014-04-19 22:44 x
わしも〜、昔、イタリアで「ぼられたらどうしよう」って強気に出て、でも、ふつーの運転手さんだったことがありますう。でも、その運転手さん、イ課長さんの、ぬかイかりのおかげで、チップもらえたから、結果的にはよかったのかなー。
Commented by tohoiwanya at 2014-04-21 01:18
>ぼられたらどうしよう」って強気に出て、でも、ふつーの運転手さんだった

Bきゅうさん:
それもイタリア到着早々じゃなかったですか?
でかい荷物もったガイジンが空港からタクシー乗りゃ、もう完全に
「ボクこの国不慣れで〜す」「悪徳ドライバーにはカモネギで〜す」って言ってのと同じで
だからよけい「ボラれてたまるか」っていう気持ちになっちゃうのかも。
初めて行く国、夜の到着、いきなりタクシーって、何度か経験ありますけど、
イヤなもんですなー、あれは。
Commented by piki at 2014-04-21 12:54 x
こんにちは、

慣れてくるとコッチも買い物のたびにその店の「グレー度・ブラック度」を
評価したりしたもんだけど、それがまたやけに楽しくてさぁ・・・(笑)。


さすが! わたしは、この反対です。 何度がバリにいったあと、さすがに、新しいところにいきたいと、ベトナムをかんがえましたが、ほかの方のブログで、いろいろな話をきき、ぼられるのは、不愉快でいやだとやめたんです!

スペインのタクシーも悪質です。 いちど、訴状をだすところまでいったけど、面倒なんでやめました。
Commented by tohoiwanya at 2014-04-21 17:52
>ぼられるのは、不愉快でいやだとやめたんです!

ぴきさん:
いや私もね、最初はそうで、ベトナムへの警戒と不安は強かった。
しかし、仮に3万ドンのところを4万ドンとボられても差額は50円。
一つにはこの貨幣価値の差が大きい。普通のメシや缶ビールでボられても
日本円になおすとそんなに巨額じゃないっていう思いがある。

そういう時のベトナム人の態度を見るのがもう面白くて。
概して、ブラック店の方が愛想が悪いんだけど、そうとばかりも言い切れない。
新しい店で買い物するたびに「この店のブラック度は?」って感じで、最初から
そのつもりで買い物してるから、ますます面白い(笑)。


<< タンソニャット空港国内線ターミナル      デリーとムンバイどっちがいい? >>