2014年 07月 23日

アジアの混沌の中でフォーを食らう

さてだ。寒いゲントの話が続いたから、暑い東南アジアの話をはさもう。
関東は梅雨明けして暑くなったから、暑い話はイヤだ?まぁそう言わないで・・・。

話はチョロンのビンタイ市場でイ課長がすっかりイイ気分になったところから続く。

おそらく前年のインド出張で刺激され、ムクムクと起き上がりかけたイ課長の「アジア混沌欲」。
その欲望はチョロンのビンタイ市場で完全に覚醒し、混沌を味わい、味わって飽くことがなかった。
とにかく混沌として猥雑でゴチャゴチャしてりゃ、それだけで嬉しくなるんだから安上がりだ。
f0189467_23383069.jpg
 
ビンタイ市場から道路一本、二本渡ったあたりにもいろんな露店がすごい密度で集まっている。
こういうところを歩くのはホントに楽しい。ビンタイ市場ワキの道路と違って、幸いなことに
バイクが入ってこないようになってるから、イ課長も落ち着いて歩けるし、写真も撮れる。

うおおっ、ドリアンの山発見。南国フルーツの王様と言われるが、このトシになってもまだ
イ課長はドリアンを食ったことはない。暗くて読みづらいけどドリアン、たぶん値札は3万ドンって
書いてるよね?だとしたら150円だ。安すぎる。しかし買っても始末に困るから買わない。
f0189467_23383067.jpg
 
この黄緑色の果物を撮ろうと思ってカメラを取り出したらこんな光景が撮れた。
「お母さ~~ん、足、ムシに刺されちゃったよ~~」
「えー?どれ見せてごらん。あー、ほら薬塗ってあげるから騒ぐんじゃないの」って感じか。
歩いてるといくらでもこういう光景に出くわす。もう楽しくて仕方ありません。
f0189467_23383051.jpg
 
とはいえ、さすがに腹が減った。ちょうど14時頃だったかなぁ?昼飯ヌキだもんね。何か食おう。
ベトナムに来て初めての外食。ここはやっぱり最も基本的なフォーガー(鶏肉のフォー)を食いたい。
フォー屋さんはないかなぁ?と思ってブラついてたら・・・

おおあったあった。屋台じゃなく、一応店舗になってる。Pho って看板があるからフォー屋だろう。
巨大寸胴鍋からあがる湯気がいかにもって感じだ。ここはいっちょ、暑くても熱いフォーを食おうぜ。
f0189467_23383037.jpg
 
「フォーガー?」って聞いたらうなづくから、1個欲しいことを指で示してテーブルに座ることにした。
ハウマッチ?って聞くと3万ドン(150円)。うーむ安い。この後、ベトナムでいろいろ麺料理を食った
経験からすると、この3万ドンという価格はボッタクリである可能性は低い。おそらく正価だと思う。
台湾なんかと同様、店の入口に厨房(というか屋台)があり、奥にイスやテーブルがある。

テーブルの上にはこんな調味料入れ。この醤油さしみたいなものは何が入ってるんだろう?
f0189467_23383055.jpg
 
・・と思っていたら、アッという間に来ましたフォー・ガー(鶏肉入りフォー)。
一緒についてきたライムをちょっとしぼり、唐辛子みたいなヤツをほんのちょっとだけ入れて食った。
f0189467_23383128.jpg
 
うむ。予想された通りうまいッ。
腹減ってたし、汗かいて塩分を欲してたこともあって、美味しかったねー。
スープの見た目からもわかるように、濃厚なお味というよりはむしろサッパリ系ラーメンに近い。
あーうまい。熱いから食い進むにつれてますます汗をかいてしまうけど、でもうまい。

もぐもぐと食いながらフと後ろを見る。店の中に客はイ課長しかいなかったんだけど、従業員が
床に座って何かやってたんだよね。たぶん明日の材料の仕込みとか・・・
f0189467_23383104.jpg
 
違いました。バケツ水による食器洗いでした(笑)。せっかく流しらしきものがあるのに水道がないんだね。

こういうところ、インドなんかと同じで日本人から見りゃ非衛生的に見えるし、腹を壊す原因にもなる。
しかしこの時は「アジア混沌欲」が全面開放されて気分が良かったから、こういうの見ても動揺しない。
「バケツで食器洗い?騒ぐほどのことじゃねぇ。アジアじゃ当たり前でいッ!どうってこたぁねぇ!」
やけに強気のイ課長なのである。

入口で調理してるオバさんを撮ろうと思ってシャッターを押した。
ちょうどオバさんが振り返るタイミングとばっちり合っちゃったけど、このオバちゃん、こうしてみると
すごいダイナマイトヒップの持ち主で、本人もちゃんとそれを意識したパンツをはいてるっぽいよね。
さぞや昔はベトナム野郎どもを悩殺してブイブイいわせたんだろう。ホイアンのカオラウ屋のおばちゃんといい、
このおばちゃんといい、美人国・ベトナムはオバちゃんたちも「昔はさぞかしブイブイ」っていうタイプが多い。
f0189467_23420133.jpg
さて、鶏肉フォーを食って腹も落ち着いたし、そろそろサイゴン中心部に戻るか。
つい何時間か前はベトナム最初の朝があけて、何の計画もなくて、「どこに行こうかなぁ」なんて
考えてたのに、この頃には心身ともにすっかりベトナム化した気分。

そんなの気分だけの問題だろうって?いやいやそうでもないのヨ。その証拠に、さっきバケツ水で
食器洗いをしていたあの店で「どうってこたぁねぇ!」なんてタンカ切ってたイ課長、実際その後も
腹痛にも下痢にもならなかったのだ。消化器系統もちゃんとベトナム化してたんだよ、きっと。
(ま、その後行ったバンコクでは最後に痛い目を見るわけだが・・)


 
[PR]

by tohoiwanya | 2014-07-23 00:01 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(2)
Commented by カプメイ at 2014-07-23 14:55 x
フォーーー♪大好きです。
ところで、食器洗いの現場、最近日本で同じような光景を見ました。
某ビヤガーデンのバックヤード。
若い子たちがしゃがんでバケツを横に洗い物。
ま、アルコール消毒が効いてるんで大丈夫でしたが。
Commented by tohoiwanya at 2014-07-25 00:26
>若い子たちがしゃがんでバケツを横に洗い物

カプメイさん:
げーー。やっぱ日本もアジアの仲間だったんだ(笑)。
食器をバケツ水で洗うのって、アジアの屋台の不衛生さを示すものとして
よく引き合いに出されるけど、意外に大丈夫なものなのかなぁ?

・・と言いたいところだけど、去年の年末に短期バンコク旅行に行ったときは
しっかりやられました。もっともあれは食器というより、ロクに洗わずに
使いまわしていたと思われるハシのせいという疑いも濃厚だけど・・・。


<< ゲント名物・ワーテルゾーイ      ゲントの祭壇画 -神秘の子羊- >>