2014年 08月 16日

【盆休み企画】谷中霊園散歩

昨年11月にオヤジが死んだから、今年は新盆。
イ課長も母や姉、トホ妻その他総勢7名で墓参りに行ってきたのである。

ウチのお墓自体はブログネタになるほどご立派なものでは全然ない。
しかしウチのお墓がある墓地は非常に有名なのである。日暮里にある谷中霊園。
雑司ヶ谷・青山と並ぶ東京三大霊園の一つと言われる(こともある)墓地だからね。

歴史ある有名な墓地だけに有名人・セレブの墓も多い。
イ課長がパリ旅行の時にモンパルナス墓地に行ったのと同じように、有名人墓めぐりで
ここを訪れる人も多い。最近は下町ブームで人気の谷中銀座なんかとセットになって、
ちょっとした観光地。ボランティアのガイド、さらに人力車(!)まであるっつうんだから。

日暮里駅からウチの墓に行くまでの途中にもけっこういろいろあるんだワ、見どころが。
せっかくだから携帯で撮ってきた写真をご紹介しよう。

まず五重塔跡地。
昭和32年7月まではここに大きな五重塔があった。残った写真を見ると確かに立派な塔で、
幸田露伴の「五重塔」のモデルにもなっている。谷中のシンボルみたいな塔だったらしい。
(携帯写真以外の資料写真はぜんぶWikipediaから)
f0189467_23221441.jpg
 
ところがこれが焼けてしまった。原因はなんと不倫男女の心中に伴う放火だったのである。
子供の頃、お墓参りに行くとオフクロが「ここに五重塔があったけど焼けちゃったのよ」と
話してくれたけど、ウチのお墓が谷中霊園に作られたのは実は消失直後で、オフクロも
実際の塔は見たことがないことになる。
f0189467_23274306.jpg
  
五重塔跡地は谷中霊園のいわばメインストリートに面してるんだけど、この通り沿いには
有名人の墓が多い。たとえばこれは川上音二郎の墓・・・というか顕彰碑ということらしい。
貞奴とオッペケペー節で有名だけど、かつてあった銅像は戦争の金属供出で取られちゃって、
今は台座だけが残る。
f0189467_23274320.jpg
 
このすぐ近くに高橋お伝の墓がある。これも正確には墓というよりは一種の慰霊碑で、この下に
遺骨はない。高橋お伝って明治時代に強盗殺人で斬首刑になった女性。けっこう美人だったから
「毒婦」として有名になってるけど、記録を読むと同情すべき部分も多い。
f0189467_23221496.jpg
 
f0189467_23274311.jpg
  
こういう大きな霊園には「お花屋さん」というのがいくつもある。
線香とお花を買い、さらに水桶や柄杓、ホウキやらいろいろ借りる店だ。よくわからないんだけど
霊園の区画ごとに一種の“花屋の縄張り”があるみたいで、決まった店以外から買ったことがない。
今回もいつもの花屋さんで線香と花を買い、無事に墓参りを済ませたのでありました。
f0189467_23274301.jpg
 
墓参が済むと、イ課長だけが奴隷となって水桶やホウキをさっきの花屋に返しに行く。
オフクロたちはご近所のセレブ墓地を鑑賞しながら別の道から帰るわけだ(当然あとで合流するが)。
ウチと特にご近所のセレブとしてはまず鳩山家の墓。民主党政権になった当時は墓参りしてると
「鳩山家のお墓はどこですか?」なんて聞かれるくらい人気スポットだったけど、今は・・(笑)。
f0189467_23274359.jpg
 
鳩山家の墓とほとんど隣接してるのが日本画家・横山大観の墓。鳩山さんと横山大観のお墓はホントに
ウチの墓と近くて、死ねばこういうセレブとご近所づきあいできるがオフクロのちょっとした自慢(笑)。
f0189467_23274387.jpg
 
さすがは谷中霊園というべきか、写真は撮ってこなかったけど他にもセレブの墓はいーーっぱいある。
あまりに多くて、Wikipediaには五十音順で整理されてる。ざっと挙げると・・・

俳優の森繁久彌
女優の河内桃子
詩人の上田敏
俳優の長谷川一夫
十五代将軍 徳川慶喜
作家の円地文子
横綱の柏戸
実業家の澁澤栄一・・・・いるわ、いるわ・・・。

このうち、お墓を見たことあるのは長谷川一夫くらいかなぁ。「この人も谷中だったの?」っていう
人が圧倒的に多いね。イ課長の知らなかった「谷中セレブ」はまだまだヤマのようにいるわけだ。
もうちょっと季節のいい時にお墓参りに行ったら少し探索してみっか。谷中霊園ではちゃんと
「有名人お墓マップ」みたいなのを配ってるのだ。

イ課長にしたって、いずれあの世に行けば「谷中霊界町内会」に入会することになる(笑)。
町内の著名人の方々の場所くらいは少し知っておかねば。

というわけで、お盆休み特別企画、墓参のついでの谷中霊園散歩でした。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2014-08-16 00:04 | 日本での私生活 | Comments(6)
Commented by Bきゅう at 2014-08-16 01:01 x
谷中ってかっこいいですねえ。
わしは〜、子供のころ雑司ヶ谷近くに住んでいました。
やはり、セレブの墓が多かったですう(小泉八雲とか)。あと、外人墓地も中にちょっとあって、不思議だった。わしは、あの世にいけば、新宿在住になりますう。パークハイアットとかに寄るつもり。
Commented by 権左衛門 at 2014-08-16 22:34 x
谷中にお墓があるなんて憧れます。一時、お墓巡りがマイブームだった時があって、知らずにイ課長様家のお墓の前を横切ってしまっているという失礼をしております。申し訳ないです。お墓といえば、本駒込にある吉祥寺も著名人のお墓が多いですよ。文京区はお墓参ラーにはたまらないスポットですね。
Commented by tohoiwanya at 2014-08-17 00:06
>子供のころ雑司ヶ谷近くに住んでいました

Bきゅうさん:
おお、雑司ヶ谷墓地といえばまさにセレブ墓の集積地。夏目漱石もそうでしたよねぇ。
有名なわりに、一度も行ったことがないんです。雑司ヶ谷とか青山とか、たまには
都内霊園めぐりしてみようかなぁ。
来世では新宿ですか。近いですから山手線に乗ってぜひ谷中におこしください(笑)。
Commented by tohoiwanya at 2014-08-17 00:10
>本駒込にある吉祥寺も著名人のお墓が多いですよ

権左衛門さん:
おお、なんと、そのお寺はたぶん「八百屋お七」ゆかりのお寺のはずで、
お七の恋仲の相手、寺小姓の吉三がいたのが吉祥寺のはずです。
昔、のぞきからくりの口上で「お寺さんは〜こまごめ〜の〜きち〜じょう〜お〜じ〜」って
唄ってたはずです・・って、ぜんぶ落語を通した知識ですが。

私もパリではやったくせに東京でお墓巡りしてないっていうのもナンだから、
だんだんやってみたくなってきました(笑)。
Commented by ぴき at 2014-08-21 12:35 x
こういうのを読んでますと、
なんか、お墓ガール(有名人のお墓をみるのを趣味とするガールたち)の気持ちもちょっとわかります。
高橋おでん、だれだかわからなかったので、ググっちゃいました。 いろいろなストーリーがあり、どれが本当だか、わからないけど、高橋おでんのお墓詣りをすると、三味線がうまくなるというジンクスもあったそうな。。
Commented by tohoiwanya at 2014-08-21 13:15
>高橋おでんのお墓詣りをすると、三味線がうまくなるというジンクス

ぴきさん:
あ、それ、あるらしいですね。私も読んだ。
しかし、そうだとすると谷中の慰霊碑じゃなく、実際にお伝の遺骨が埋まってる
都内のナントカ回向院だかに行かないと効力がないんじゃなかろうか(笑)。

お墓ガールとか墓参ラーって、けっこう多いらしいですよ。
高橋お伝は昔の人だし、今や近しい親戚もいないはずですけど、それでもああやって
キレイなお花が供えられてるのは、どこかのお墓ガールが持ってきたんでしょうね。


<< ゾウに乗ったイ課長      巨大数の国・ベトナム >>