2014年 09月 05日

日本に行きタイ!

ホイアンの話が続いたから、ちょっと違う話をはさもう。

日本に来る外国人旅行者の数が昨年初めて1000万人を突破したっていうニュースを目にした人は多いだろう。
特にビザが緩和された東南アジアからの旅行者が大きく増えたそうで、その辺まではイ課長も知ってた。

たまたま先日、アジアから日本に来る訪日旅行者の統計を調べる機会があった。
2014年の月別・国別入国者数データが7月まで速報値が出てるから、これを見れば今年1~6月の上半期で
どの国からどのくらい来たか、昨年に比べてどのくらい増えてるか、みたいなことがわかるわけだ。

このデータで2014年上半期の国別来日者数が昨年1年間の何%にあたるか?というのをやってみた。
昨年の総数に対する「今年上半期比率」が高いってことは、ただでさえ多かった去年に比べても今年半年間の
来日者数がさらに急増している国ってことだ。上位はどこだと思う?

それでは結果発表です(ドラムロール)

1位フィリピン(昨年比84.7%)、2位中国(同76.8%)、3位タイ(同72.9%)、4位ベトナム(同70.5%)。
フィリピンというのはちょっと意外だったが、ここも昨年ビザが緩和されたんだよね。去年1年間の8割超が半年の間に
来日しちゃったってすごい。2位中国はほぼ予想通りか。そして3位と4位にはイ課長が昨年行ったタイとベトナムが
そろってランクインしている。何となく嬉しい。
f0189467_03100768.jpg
 
確かにね、去年行った時にイ課長はちょっとそれを肌で感じたんだよ。
「それ」っていうのはなんつうか・・・彼らの対日感情の良さというか、日本に対する憧憬とでもいうか。
タイやベトナムには「日本に行きたい」と思ってる人がこんなにいるんだと思ってちょっと驚いた。

「あたし、あなたの国がすっごく好きでぜひ行きたいんだけど、日本は物価が高いでしょ?ビッグマネーが必要なの」
ハノイで土産物屋を経営してる女性(といってもまだ20代前半のお嬢さん)からそんなことを言われた。もちろん
日本語ではなく英語で言われたわけだけど、とにかく日本に行きたくてしょうがないって感じだった。

「あたしもう何度も日本行ったよ。日本好き。日本の食べ物も好き。日本行くと食べ物おいしいから太る。でもまた行きたい」
バンコクのカラオケでイ課長の相手をしてくれた女性もそう言ってた。これは日本語で、こんな感じの口調で言われた(笑)。
いずれにしても、アジアじゃ「日本好き、日本行きたい」ムーブメントが意外なほど高かった。それも若い層に。

昨年末に行ったバンコクでもそれを実感した。前に書いた「ウォシュレットのある高級ショッピングビル」での話。
ここはフロアごとに違う都市をイメージしたフロアデザインになってて、2階がパリ、3階がロンドンだったかな?だから
「ロンドン・フロア」に行くとトイレもこんな風にロンドン地下鉄表示風のデザインになってる。凝ってるねぇ。
f0189467_03080034.jpg
 
そんな高級ショッピングビル、さて1階はどこの都市のイメージで作られてるかっていうと、これが東京なんだよ。
タイの人にとっちゃ東京はパリやロンドンと並ぶ、典型的な「海外のあこがれの大都市」っていうことなんだろうな。
f0189467_03080076.jpg
 
当然トイレ表示も和風なのである。男女を示すマークがお雛様になってるあたりはホントに凝ってるんで感心した。
f0189467_03080000.jpg
 
トイレだけじゃなく、このフロアにはタイ人が考える「日本的・東京的なもの」がそこらじゅうに取り入れられてる。
一番上の写真もそうなんだけど、日本人から見ると何かちょっとヘンかもっていうのもかなり混じってる(笑)。でも
欧米に時々ある「日本も中国もゴッチャ」的デタラメさはなくて、おおむね正しい。でも微妙にヘン。
その「ヘンさ加減」がおっかしくてさぁ。

チョウチンっていうのはタイ人に限らず、世界中の人が「東アジア的」と感じる装飾なんだろうな。文字もちゃんと日本語。
間違いはない。間違いはないが、意味がちょっと・・いや、もちろん嬉々としてしあわせなのは良いことだが・・
f0189467_03080022.jpg
 
こっちじゃ食い物づくしで・・・拉麺なんて漢字、今じゃあまり使われないよなー。どこで入手したのだ?こんなチョウチン。
f0189467_03080028.jpg
 
うお、こっちはまたナンですか。「貴重な経験」という商号か?それとも貴重な経験を販売してる店なのか?(笑)
具体的にどんなものを商っておられるのか、ぜひ聞きたいところだ。
f0189467_03080093.jpg
 
こっちはさらにナゾの店。ナニ屋なのだ?どういう意味だ?しかも「い」の字の貼り方がヘンだ。それではイカン。
ハシゴにのぼって貼り直してあげたいくらいだ。
f0189467_03144310.jpg
 
てな具合に、バンコクの高級ショッピングモールTerminal 21の「東京フロア」には、ちょっとハテナな日本語だの
ビミョーにずれたジャパニーズイメージだのがテンコ盛りで、面白くてしょうがない。でも同時にこういうの見てると
タイにおける「日本的・東京的イメージ」の人気の高さ、その浸透ぶりに驚く。お金持ちだとか、経済大国だとか
そういうこと抜きで、日本や東京のカルチャーにあこがれてる様子が見受けられるんだよね。

昨年末に行ったときの「東京フロア」でダントツ人気だった飾りつけはこれ。巨大ウィンク招き猫と満開の桜だ。
これも日本人が見ると何となくビミョ~にヘンなんだけど(笑)、地元の人には大変な人気スポットで、
誰もカレもが嬉しそうにここで記念写真を撮ってる。招き猫デコレーション、大成功だったようだ。
f0189467_03155884.jpg
f0189467_03080059.jpg
 
あの時は12月30日夜のタイ航空で帰ってきたんだけど、周りにはお正月を日本で過ごそうっていう裕福そうな
タイの家族連れがい~っぱいいた。みんな「これから東京行くんだ、楽しみだな」っていう顔してるんだよね。
日本が好き、日本に行きたいと思ってもらえるのはもちろん日本人として単純に嬉しい。嬉しいが・・・

アナタたち、こんなに暖かいバンコクからクソ寒い東京に(当日の成田の気温は零下4度)行くんスか?
 マジっすか?何をまた好きこのんで・・・せめてもうちょっと気候のイイ時にしたらどうスか?


そう言ってあげたい気持ちになったことも事実なのだが(笑)。

今年の訪日外国人数はすでに昨年を大きく上回るペースで推移している。通年で1200万人は軽く超える勢いだ。
タイ人に限らず、日本に来た人たちには日本でイヤな思いせず、楽しんでもらいたいと思うよ。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2014-09-05 03:20 | 2013.12バンコク旅行 | Comments(8)
Commented by Mimi at 2014-09-05 05:58 x
わー、なんかうれしい記事でした。
嬉々としてしあわせ(笑)いいわー、気に入ったわー(^^♪
変な中国モノや仏像が混じってなくていい感じです。
アメリカだと中国も韓国も日本もベトナムもごっちゃなんですよねー。
私は引っ越し祝いにアメリカ人から仏像の首(割りと良く見かける
ポピュラーな置物)をいただいて絶句しました(^^;
いや、まあ、いいんですけど・・・日本の家庭に普通アレは無いかと。

トイレ表示のお雛様!しゃれてる!
むしろ日本でもこれ使ったらいいのに、って思うくらい。
Commented by tohoiwanya at 2014-09-05 11:13
>変な中国モノや仏像が混じってなくていい感じです

Mimiさん:
そうなんですよ。欧米人が演出した「蝶々夫人」みたいな、日本人が見るとゲンナリするような
無知や思い込みみたいなのが全然なくて、基本的にはすごく正確に「日本風」を再現してる。
それだけに、細部の微妙な「ヘンさ」がやたらおかしくて・・・。

しかし仏像の首を引越し祝いにするアメリカ人のセンスも困ったもんですな(笑)。 
首だけの仏様ってそもそもヘンかもしれないって思わないんだろうか?
「首だけのキリスト像」はヘンだろうって、私でも思うけどなぁ。
アユタヤ遺跡じゃあるまいし・・・。
Commented by Bきゅう at 2014-09-05 22:16 x
日本人だって、ベトナムやフィリピンに行きたい!!
いや、Bきゅうもタイやフィリピンに行きたいですうーーー。
やっぱ、タイは王国だから、日本が皇室持っている点で親しみを感じるのではないかと思いますう。フィリピン人は、、、なぜだろう。
米国人が、中国と日本を区別できないのは、わしらが欧州人と米国人を区別できないのと同じだと思うかな。
Commented by tohoiwanya at 2014-09-07 01:22
>Bきゅうもタイやフィリピンに行きたいですうーーー

Bきゅうさん:
ぜひ行くべきですよー。次の休みはまずいったん来日して、そこから東南アジアっすよ。
フィリピンは昔出張で行ったきりだけど、バンコク同様、すっかり近代化したんだろうなぁ。

私がこの「東京フロア」で感心したのは、タイ人の「日本イメージ」が基本的には
すごく正しくて正確であること。もし逆に日本人が「バンコク風」のデコレーションをしようと思ったら
おそらくタイ風もビルマ風もカンボジア風も、ほとんどゴッチャにして飾り付けるはずで、
その点、タイ人の日本イメージが「おおむね正しい」のにはホントに感心した。
 
Commented by マダムKenwan at 2014-09-09 17:55 x
ツボを外していないというのは、感心します。
概ね正しいけれど、微妙に、というのは、こそばゆい可笑しみです。
全然的外れとなると、腹立ちますものね。
日本庭園にガネーシャとか、「夢」って看板掲げているのに「NATSU
」ってお店だったり、、、「さよならミシクス」もありましたね〜
やっぱり、近いのかな。
Commented by tohoiwanya at 2014-09-10 13:17
>全然的外れとなると、腹立ちますものね

マダムKenwanさん:
「さようならミシクス」はかなりのモノでしたが(笑)、しかしその日本庭園にガネーシャって
何スかそれ。間違いっていうより、もうまるっきりメチャクチャ。
・・・なんて言ってみても、ガイジンからみりゃ同じように見えるんでしょうねぇ。

文字ひとつ取ったって、たとえばタイ語の文字とカンボジアやラオスの文字って
すごく似てて、我々には区別がつきづらい。彼らにしてみりゃ「全然違うじゃん!」ってことなんでしょうけど。
それだけに、この「東京フロア」の文字が「い」の字の貼り間違い以外は
誤字脱字もなく、ちゃんと日本語になってるってだけでもけっこう立派なことだと思うんですよ。
Commented by ぴき at 2014-11-17 19:31 x
こんにちは、

年末にここの近くのホテルに泊まります。

ハシゴにのぼって貼り直してあげたいくらいだ。

小田急の満員電車のなかで、読んでて、
ぷっと吹き出してしまいました。 だれも、反応しませんでしたけど。

Commented by tohoiwanya at 2014-11-18 00:31
>年末にここの近くのホテルに泊まります。

ぴきさん:
ほう、どこだろう?あの辺は安宿から高級ホテルまでたくさんあるけど、
交通の便はいいし(地下鉄とスカイトレインの両方乗れる)、コンビニも多いし、すごく便利。
もしソフィテルにお泊まりなら夜のお姉さまも見られるはずです(笑)。
年末バンコクですかーいいなー。プミポン国王の健康状態だけが気がかりですが、
ぜひ楽しんできてください。ついでに「商い口」も直してきてあげて(笑)。


<< チャールズ・ディケンズの家      ホイアンの床屋で髪を切る >>