2014年 09月 30日

エアアジアおそるべし -予約編2-

予約編だけで続き物になっちまったお詫びに二日連続更新するのである。
さて、とにかくイ課長はエアアジアの安〜いチケットを予約するのには成功した。
往路は乗り継ぎありとはいえ、ANAより3万円以上安いとなりゃ、そりゃもうエアアジアにするよ。
f0189467_23011210.jpg
 
だがここからがクセモノ。

まず荷物。機内持ち込みだけじゃなく、預け荷物が当然ある。これにお金がかかる。
詳細な金額は忘れたけど、往路の成田→バンコクとバンコク→ホーチミン、帰りのバンコク→成田、
全部それぞれ有料。ただし値段は区間によって違って、成田→バンコクで2,000円くらいだったかな。
全部で5000円くらいコストが増大したことになる。しかも重量は20kgまで。もっと重いともっと高い。

まぁ預け荷物に金がかかるなんていうのはLCCじゃよくある話だよな。以前乗ったEasy Jetだってそうだったし、
このくらいは仕方あるまい。それでもまだANAとの価格差はたっぷりある。

さらに機内食や飲み物も有料で、フライトを予約するとその選択画面が出てくる。
機内食有料ってのもLCCじゃ珍しくない。ただエアアジアの場合「これを食いたい」というメニューを
先に予約しておくと少し安くて、機内で買おうとするとちょっと高いらしい。

ドンムアン空港で4時間乗り継ぎがあるから、待ち時間にゆっくり空港で飲み食いはできる。だから
行きは何も注文せず、帰りだけパスタを注文。ドリンク・デザートとセットで1200円くらいだったと思う。

さらに毛布も有料なのである。ひー!毛布もですか。ま、毛布なんて普段メッタに使わないからいいけどさ。
冷房が効きすぎてる場合に備えて上に着るもの持ってくか(この判断は大正解だった。機内はけっこう寒い)。
f0189467_23024838.jpg
 
さて、これでフライトはもちろん、預け荷物、機内食、毛布その他諸々、手続きは全部済んだ。
そんじゃ、通路側の座席指定でもすっか・・・。

ところがここでもお金がかかる。成田→バンコク間の座席を事前に指定したきゃ1,700円かかる。
もっと高いお金を払えば足を伸ばせる非常口前のシートだって予約できる。世の中カネなのだ。
乗り継ぎのバンコク→ホーチミン、帰りのバンコク→成田も座席を指定したきゃ有料なのである。
(ただし全部1,700円というわけでもない。バンコク→ホーチミン間は座席指定料600円くらいだった)
そういやeasy jetも「基本は自由席」で早く搭乗したきゃその分のお金を払う方式だったっけなぁ。

うーむ、しかし座席は先に決めておきたい。
ここで金をケチッて三人掛けの真ん中になったりしたら巨大ロボットとしては苦しい。払うしかあるまい。
3フライト全て座席を指定した。座席指定料だけで3000円くらいはかかったはずだ。

というわけで、預け荷物から始まって機内食、ドリンク、毛布、そして事前座席指定まで全部有料。
当初ANAと3万円以上あった価格差も(正確な金額は忘れたけど)だいぶ縮まった。まぁそれでも
まだ2万円前後は安かったと思うが。

ちなみに、エアアジアは搭乗のチェックインも事前にWebでやっておくとタダだけど、当日空港のカウンターで
搭乗券を印刷してもらおうとするとこれも有料らしい。ひー!エアアジアに乗る方は事前に搭乗券(A4のペラ1枚)を
印刷し、Webチェックインしてしておきましょう。そうすると当日空港で普通の細長いボーディングパスを印刷して
くれるけど、それはさすがにタダだった。
f0189467_23011220.jpg
 
イ課長は往路も復路も事前にWebチェックインを済ませ、搭乗券もプリントアウトしておいた。
Webチェックインは2週間前から可能になるから、出発直前に帰国便のチェックインを済ませておけたのは
幸いだったといえる。

さて、これでようやく乗るところまで来た。
いよいよ「搭乗編」ということになるのだ。しかしどこまで続くのだ?エアアジアネタ。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2014-09-30 23:09 | 2014.09 東南アジア旅行 | Comments(16)
Commented by Bきゅう at 2014-10-01 07:52 x
米国は総LLC化しちゃったよーな気がしないでもないです。違いがあるのは、席の指定だけかも。値段は変動するし、食べ物はないし、うなでも、でるたんでも、Southwestと同じような運賃で出ていることもある。そして、ヒトの足元みて、うなぎ上りの運賃の上昇もある。あ、毛布もエコだと基本ないです。日系航空会社が高すぎるというのもありますよね。二万円の差、、どうなるか次の記事を楽しみにしていますう。
Commented by げんまいちゃ at 2014-10-01 09:12 x
前回の記事を拝見して、エアアジア各社のHPを見に行きました。この一連の記事、ものすごくエアアジアに貢献していると思います(w)。

しかしあれですね、ここにも写真出てますけど、エアアジアうんたらXって「X」のつくところはトレードマークの後ろに大きくバッテンがつくんですね。日本人の感覚からすると、かなりびっくりなんですけど、いいんでしょうか。

「エアアジアまる」会社と「エアアジアばつ」会社があったら、とりあえずマルのほうに乗りたいと思います。
Commented by tohoiwanya at 2014-10-01 12:59
>米国は総LLC化しちゃったよーな気がしないでもないです

Bきゅうさん:
ありゃまーー。米国でもいまや毛布ナシ機内食ナシ?
でもさすがにドリンクサービスくらいはあるでしょ?
エアアジアの座席指定有料っていうのはちょっと驚きましたね。早いもの勝ちの
原理より、カネ払うもの勝ちの原理が徹底している。非常口前座席だとたしか
4000円くらいしたはずで、あきらめました・・・(笑)。
まぁ運賃さえ安きゃ、他はすべて有料っていうのはそれはそれで一つの考え方だけど
水くらいはタダでくれたって・・って気もしないでもない。

Commented by tohoiwanya at 2014-10-01 13:03
>「エアアジアまる」会社と「エアアジアばつ」会社があったら、とりあえずマルのほうに

げんまいちゃさん:
マルバツは考えなかったなー(笑)。それよりエアアジアとエアアジアXの違い、
タイ・エアアジアとタイ・エアアジアXの違いというのが気になる。Xの有無で何が違うのか?
同じタイ国内でエアアジア系2社が存在するメリットが何かあるのか?
まぁさすがに同じ路線で競合関係ってことはないはずなんだけど、では日本路線担当が
なぜ「タイ・エアアジアX」であって、「タイ・エアアジア」ではないのか?
わからんス。
Commented by カプメイ at 2014-10-01 14:37 x
今回のハワイ行航空券は少し安かったUAで予約したんですが、コードシェアでエアジャパンって出てたんです。
ANA系の貨物便らしいんですが、最初、格安か?荷物とか全部有料か?とビビったものです。
結局ふつーのANAだったんですが、エアなんちゃらって付くと安い?って思うようになりました。
航空券を買うのも、難しい時代になりましたわ。ま、楽しめばいいんですけど。
で、水も有料って、やっぱり重さがかかりますからね。
積めば燃費に影響する。
そのうち体重で運賃が変わるようになるかも。
お相撲さんは大変だぁ。
Commented by TOY at 2014-10-01 17:57 x
むかーし、TVのバラエティで
新幹線のビールはなぜ高いのか?
という問いに
時速300キロで走ってるビールだから
って素敵なお答えをした方がw

新幹線より速く
高度ン千メートルを飛んでる水ですもの
タダなわけありゃしまへんって
Commented by RIKACO at 2014-10-01 18:45 x
シンガポール航空も非常口座席前の指定は追加料金必要でしたよー。日系は追加料金無かった筈。
我が家は預け荷物で紛失&破損が怖いので欧州旅行でも全部手荷物で頑張ってます。機内持ち込み最大級のスーツケースにすると意外と入ります。スーツケースの他にハンドバッグも持ち込めますしね。
Commented by tohoiwanya at 2014-10-01 22:56
>航空券を買うのも、難しい時代になりましたわ

カプメイさん:
ほんと。昔は飛行機の予約なんて自分じゃムリで代理店に頼むモンだったのに
今やネットでひょい。その代わり株式相場に投資するような気分ですよね(笑)。
今回、エアアジア乗る時は20kg分の預け荷物の料金しか予約しなかったから、
酒とか調味料とかの重いお土産をイイ気になってたくさん買ったりすると
超過料金とられる。従って現地ではいらない衣類を捨てるのはもちろんのこと、
お土産も重量の軽いもの中心で、一番良かったのはトムヤムクン味のカップヌードル(笑)。
Commented by tohoiwanya at 2014-10-01 23:01
>高度ン千メートルを飛んでる水ですものタダなわけありゃしまへんって

TOYさん:
でもホント、これからはどんどんそういう時代になっていくんでしょうな。
2万円高くて機内食も毛布も水もビールもタダか、2万円安くて全部有料かという時代。
私の場合、6時間くらいなら機内食なんてなくてもいいんだけど、カラダが巨大だから
事前の席予約だけはやっておきたい。これが有料というのはちょっとイタい。
あと、やっぱり水だけはないと困る。「金はない、でも、み、水をくれぇ〜」とか言って
のたうち回るとタダでくれるのかな?
Commented by tohoiwanya at 2014-10-01 23:04
>紛失&破損が怖いので欧州旅行でも全部手荷物で頑張ってます

RIKACOさん:
げーー。確かにそれが一番安全確実だけど、それはすごい。
私は2008年の海外出張の嵐の年に大きめのゴロゴロスーツケースを
買っちゃったから、それ以後はもう完全にあきらめて預けてます。
出張先で書籍とか書類の束とかもらうと、紙ってご存知のように重いから
どこかの出張帰りの時は24kgくらいになったこともありました。幸いそのときは
日系大手航空会社で、お目こぼし?してくれましたが・・・。
Commented by ふじっこ at 2014-10-02 01:37 x
こんばんは〜

LCCって預け荷物にも料金かかるんですね。。。
私も全部手荷物派です。
アフリカ9日間も手荷物のみで行ってきました^_^;
LCC、まだ使ったことないのですが、手荷物派には向いているのかもですね。。。って、まさか手荷物もサイズの規制とか厳しいのかしら!?

余談ですが、小さい荷物だと、ロストの心配がないのもありますが、慣れると準備が楽、移動も楽、帰りのパッキングも、帰宅後の片付けも楽、の楽々づくしデス。更に、バッゲージクレームで荷物が出てくるのを待つ必要がない!私の場合、コレが一番の理由デス(せっかちなもんで^_^;)
Commented by tohoiwanya at 2014-10-02 10:16
>まさか手荷物もサイズの規制とか厳しいのかしら!?

ふじっこさん:
機内持ち込み荷物はサイズの規定がありました。よく見てこなかったけど、おそらく
「タテヨコ高さ●cm以内」っていう規定は他の大手航空会社と同じじゃないのかなぁ?
私も国内線に乗る時は持ち込み手荷物だけなので、あの「荷物の回転寿司」を
待たなくていいんだけど、大きいスーツケース使う海外だとしょうがないですねぇ。
しかも東南アジア一人旅だったりすると行った先でも軽装だから持ってくものも
けっこう少ない。結果的にスーツケースの中はけっこうスカスカで・・・。
Commented by RIKACO at 2014-10-02 13:48 x
重たい物は預け荷物の中よりも手荷物で持 てば、大丈夫ですよ。一応手荷物もサイ ズ、重量制限ありますが計測されたことは ありません。大きな声で言えませんが…。 国内線→(乗り継ぎ)国際線だと、まずな いです。最初の国内線で国際線のチェック インも済ませてしまうからだと思います。
国際線のみだと航空会社(係員)によっては手荷物だけですと、たまーに計測されます。
Commented by ピキ at 2014-10-02 21:35 x
Air Asia 酷い目にあいました。キャンセルOK
のチケットだったので、キャンセルしたら、お金が戻ってこないで、インドネシアのオフイス(そのころは日本にはなかった)に100回電話して、らちがあかず。 何度も、シンガポールのオフイスに着てといわれ、私は日本にいるんですというと、シンガポールにお友達はいないの? という返事だったり。それでも、一度、ジャカルタからバリ島にのって、短距離だったこともあり、乗り心地は楽しかったです。白人をえこひいきしてたけど。 で、ちょうど昨日あたり、日本からバンコックに乗ろうと、予約しようとしたのですが、なんか変なことが、発生し。やめよう、やめようってことになりました。 そして、今、このブログをみて、その話題だったので、びっくり
Commented by tohoiwanya at 2014-10-02 22:37
>一応手荷物もサイ ズ、重量制限ありますが計測されたことは ありません

RIKACOさん:
私の場合、でかいスーツケースを預けちゃえばあとはショルダーバッグひとつだから
計測もヘチマもないんでしょうけど、預け荷物なし・大きめの機内持ち込み荷物があると
計測ってこともあるんでしょうねぇ。以前欧州でeasy jetっていうLCCに乗ったときは
チェックインカウンターで荷物のサイズを測定してモメてた。オーバーしてるから
預けろ、とか言われてたんだろうなぁきっと。
Commented by tohoiwanya at 2014-10-02 22:39
>Air Asia 酷い目にあいました

ピキさん:
シンガポールまで取りに来いって、メチャクチャですね・・・。私ももしキャンセルしてたら
どうなってたんだろう?バンコクまで取りにこいとか、言われたのかなぁ?
ところで、バンコクまで予約しようとして「なんか変なことが発生」って、どうしたんですか?
Web予約でヘンなことが発生したんですか?非常に気になるので、もしお差し支えなければ
どんなヘンなことだったのか、教えてください。


<< エアアジアおそるべし -搭乗編-      エアアジアおそるべし -予約編- >>