2014年 11月 25日

イ課長ミシュラン・ホテル評価 30

とうとうこの定番ネタも30まで来たか。

ロンドンのホテルがまだ残ってるんだけど、先にベトナムのホテルのことを書いてしまおう。
2013年のサイゴンネタは大体主なものは書いたと思うので、最後に恒例のホテル評価。


Tan Hai Long Hotel & Spa

タンハイロンホテル&スパ・・・と読むんだと思う。他に読めないもんねぇ。
2泊94ドル。当時のレート1$=100円とすれば1泊4700円。ベトナムのホテルは総じて安かった。


立地・利便性★★★★★
サイゴンでは市内観光の移動に鉄道という選択肢はほぼないから駅近かどうかは問題にならない。
でもこのホテルは何しろベンタイン市場前のロータリーに面してるから、市場に行くのは近いし
ロータリーの向こうのバスターミナルに行くのも近いし、その他主要なサイゴン市内の見所は
(暑いのさえガマンすれば)大体歩いて行ける。利便性はまず文句ナッシングだろう。
ホテル壁面に巨大なキャノンの看板がついてるから遠くからでも大変わかりやすい(笑)。
f0189467_10321959.jpg
 
何しろベンタイン市場の近くだから夜遅くまで賑やかだし、周囲にはメシ屋はたくさんあるし
路上で缶ビールを売ってる露店もたくさんあるし、まぁ何をするにも困らない。
立地に関しちゃ星5つあげていいんじゃないかと思うよ。

部屋★★★★☆
そんなに広くはなかったけど、決して狭くもなくて、部屋も良かった。わりと新しくて清潔だし。
ちなみに、ベトナムではこうやって枕の前にクッションをヒシ型?に置いてるホテルが多かった。
f0189467_10321514.jpg
 
バスルームもキレイだったねぇ。そのうえバスタブまでついてる。
f0189467_10320191.jpg
 
一つだけ不思議だったのは部屋に体重計がついていたことだ。
客が体重を計りたがるというニーズに応えたものなんだろう・・なんだろうが、そもそも
そんなニーズがあるのか?(笑)
f0189467_10321129.jpg
 
イ課長はこれまで海外のホテルに泊まって体重を計りたいと思ったことはない。
しかしベトナムに来る旅行者の間にはそういうニーズがけっこうあるんだろうか?
この後泊まったホイアンやハノイのホテルには体重計はなかったから、もしかすると
このホテル独自の「キメ細かいサービス」ということなのかなぁ?

朝食★★★★☆
朝メシはグッドでした。
パンやジャム、ジュースみたいな洋食が基本になってるけど、オカズはベトナム・中華系。
こんな感じで揚げ春巻き、生春巻き、蒸し餃子、シュウマイその他モロモロ・・・
アジアンおかずがふんだんに用意されているのである。まずは文句ございません。
f0189467_10322205.jpg
 
よく見なかったけど、ドンブリで麺を食ってた人もいたから、もしかすると朝飯にフォーを
食うことも出来たのかもしれない。ベトナムのホテルらしい、ナイス朝食だと思う。

従業員★★★★★
従業員の感じもすごく良かったし、サービスもいい。
アオザイの似合うこのメガネ美人、すでにこのブログで何度か載せた写真だけど、このメガネ美人は
このホテルの人だったのである。
f0189467_043827.jpg
 
2度めの(つまりチェックアウトの日の)朝食を食ってたらフロア主任みたいな、ちょっとエラそうな人が
「いつまでご滞在ですか?おお、本日お発ちで・・それは残念です」みたいな感じで上品に話しかけてきた。
連れもなく一人で朝メシを食うイ課長に気を使ってくれたのかもしれない。

チェックアウトすれば「空港ですか?タクシーをお使いで?」と聞いてきて、タクシーを呼んでくれた。
こういうところのサービスは非常にキッチリしてて安宿的なダラシなさは全くない。


というわけで、とにかくすごくいいホテルだったんだよ。
1泊4700円なわけだから、ベトナムでは首都サイゴンの中心地でも5000円出せばこのくらいのレベルの
ホテルには泊まれるってことだよな(注:去年6月の話ではあるが)。

ベンタイン市場近く、サイゴンのいわばど真ん中。
超ゴージャスというわけでは全然ないけど、イ課長みたいな貧乏性旅行者には十分なグレード。
サイゴンで便利なところに泊まりたいという旅行者には自信をもってお勧めできるホテルなのである。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2014-11-25 00:04 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(4)
Commented by ふじっこ at 2014-11-26 08:06 x
おはようございます〜
昨日までサイゴン、滞在してました。
今、帰りのスカイアクセスで、旅の終わりの「あー。終わっちゃった…」感を満喫?中です。

体重計ですが、昔、大荷物で旅行していた時は、荷物の計量によく使っていました。それに、アジアの何処かの国では、道端で体重を測る商売を見かけたことがあります。
なので、旅先で記念に?測りたい人もいるのかもしれないですね〜^_^
Commented by tohoiwanya at 2014-11-26 11:12
>「あー。終わっちゃった…」感を満喫?中です

ふじっこさん:
お帰りなさい。ご無事でお戻りで何よりです。いまは帰国した安堵感と、
旅行中の高揚した気分が失われた喪失感?と両方味わっている感じですかね(笑)。

体重計はこのホテルにだけあって、ホイアンやハノイではもちろん
タイやカンボジアのホテルでも見た記憶がない。なんでサイゴンにだけ・・?
暑いから、「痩せたかな?」と思って体重計りたくなるのかな?
Commented by Bきゅう at 2014-11-26 20:32 x
体重計、日本のホテルとかでも見かけますよー。
わしは、ジムとか行った後に使うのかなーと思いましたあ。

朝からエビ餃子、飲茶っぽくていいですね。
でも、その場合は、朝コーヒーでなく、朝茶にしたいなあ。
東南アジアまた行きたいですう。
Commented by tohoiwanya at 2014-11-27 00:41
>体重計、日本のホテルとかでも見かけますよー

Bきゅうさん:
ほんと?まぁ私が泊まる日本のホテルってビジネスホテルがほとんどで
ジムのあるホテルなんて、日本じゃ泊まらないからなぁ・・。
ビジネスホテルだとズボンプレス機があることはあっても体重計はなかったっす(笑)。

お茶は・・あったかなぁ?
たぶんあったと思うけど、ご覧のように主食はパンとジャムだったので
コーヒーしか考えなかったた。もしかするとお粥とかもあったのかもしれない。


<< ハノイ駅というところ      モンゴロイドとコーカソイドの温... >>