2014年 12月 17日

ハノイの夜

新興国を旅してると夜の娯楽が少ない。
インドが典型的だったし(それ以前にほとんどホテルから出なかったし)、シンガポールだってコレといって
夜の娯楽なんてなかった(ナイトサファリぃ?あんまり興味ないなー)。昔行ったジャカルタなんかもそうで、
晩メシ食ったらもうすることがない。缶ビール買ってホテルで飲んで寝るだけ。欧米の大都市みたいに
夜はオペラだミュージカルだコンサートだというわけにはいかない。

「夜はメシ食ったら特にやることがない」という“新興国・夜の法則”はベトナムにもあてはまる。
ハノイだと水上人形劇シアターの夜の公演があったみたいだけど、これも特に興味がわかなかった。
COM食堂でメシ食ったら、あとは缶ビール買ってホテルで飲んで寝る・・・

・・・なんてスンナリ引き下がらないぞ。夜のハノイをぶらぶら散歩してみようじゃねぇか。
ホイアンみたいなお祭りというわけにはいかないが、南国の夏の夜をブラつくっていいじゃん。
こういうところは、連れのないオッサンの孤独な一人旅であるがゆえの気楽さともいえるわけで、
ご婦人一人だとなかなかそうもいかないよね。

街には街路灯もあるけど、全体的に暗い。道行くバイクの多さは相変わらずだけど、サイゴンに比べて
全体的に道幅が狭いせいか、道路を横断するのも比較的ラクだ(つまり、依然として少し難しいわけだが)。
f0189467_01000278.jpg
 
地図を見て、フとハノイ大聖堂に行ってみようかという気になった。旧市街の中にある。
どうせすることもないんだし、ふらふらと散歩気分で行ってみようではないか。

これこれ。うーむ・・・まったくライトアップもされぬまま闇夜の中にそびえ建っておる。
なんとなくマガマガしき暗黒大王がひそむ暗黒大聖堂という感じで、ハッキリ言って不気味(笑)。
とても観光名所には見えましぇん(昼間見るとそれなりに風格あるけどね)。
f0189467_00580873.jpg
 
この大聖堂前がちょっとした広場になってて、近所の子が自転車で遊んでる。
晩飯の後、こうして夜は屋外で涼むっていうことが日本にもあった。ガキが集まって花火やったりとか。
エアコンのない時代は「暑い夜は屋外で過ごす」ってことが珍しくなかった。
ハノイの夜を見てるとそんな昔の風景を思い出す。
f0189467_00580857.jpg
 
これ、「町中がジャングル」って感じのハノイの中にあって、植物のツルがブラ下がってる例の道だと思う。
しかし夜歩くと不気味なことこの上ない(笑)。すごい道だね。あんまり人気もなくて、女性の一人歩きは
さすがにお勧めできない・・とはいえ、ハノイで危ない思いなんて一度もしなかったけどね。
f0189467_00580120.jpg
 
表通りに出た。地元の人たちで夜になっても店は賑わってる。ナニ屋だろう?
みんな(よく見えないけど位置的に見て確実に)風呂イスに座って歩道で飲み食い。いい雰囲気だ。
「何でぇ、みんな集まってるじゃねぇか」「なんだおい、素通りはねぇだろ、ちょっと寄ってけやい」
なんていう古典落語の長屋的雰囲気が漂ってる感じ。ああ・・あの中に混じりたい・・。
f0189467_00580198.jpg
 
何となくハノイの夜が気に入ったから、翌日の夜も散歩した。今日はホアンキエム湖の方に行ってみっか。
特に何かがあるわけじゃないけど、何となく今夜も地元の人たちに混じって南国の夜を屋外で涼んで過ごしたい。

夜のホアンキエム湖は暗かった(笑)。湖面に夜景が映ってキレイではあるけど、その夜景自体がそれほど
スゴいものじゃないからね。でも町の中心にこういう湖があるっていいなぁ。
f0189467_00581574.jpg
 
湖の北に小さなロータリーがあって、サイゴンにおけるベンタイン市場前のロータリーと同じように
みんながバイクで集まって走り回ったりタムロったりしてる。南国の夜って感じだねぇ・・。
f0189467_00581525.jpg
 
うわー、夜のハノイに突然現れる風船売り。誰を相手に売るんだ?観光客か?
しかし観光客が旅先で風船買うかぁ?
f0189467_00582131.jpg
 
ところが驚くべきことにこれが売れてるんだよ。地元の子供たち向けに売ってんだな。
ナイトツーリング?でバイクに乗ってる親子が、バイクに乗ったまま買ってる。のどかでいいなぁ・・。
f0189467_00582128.jpg
 
サイゴン、ホイアンと渡り歩いて今こうしてハノイ。
何かすごい見所があるわけでは全然ないんだけど、夜の散歩が楽しい。イ課長がベトナム滞在中に感じ続けた
「自分が子供の頃の東京」を歩いてるような感じがハノイの夜にも濃厚にある。

もうこの頃にはイ課長もすっかりベトナムに体がなじみきってたから、新興国の大都市ではありながらも
小さい頃に自分が過ごした場所のようなハノイの雰囲気がすっかり気に入っちまったのである。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2014-12-17 00:02 | 2013.06 東南アジア旅行 | Comments(4)
Commented by Bきゅう at 2014-12-17 21:52 x
イ課長さん元気だ。Bきゅう、旅行に行くと、歩いたり、緊張していたりで、疲れるので、夕飯食べたら、そのまますぐヨコになりたいほうですう。。。。。南国の夜というと、蚊が気になるのですが、どうでしたか。
Commented by tohoiwanya at 2014-12-18 11:17
>疲れるので、夕飯食べたら、そのまますぐヨコになりたいほうですう

Bきゅうさん:
ポイントの一つは気候だと思います。これが冬の欧州なんかだったら
「寒いからトットとホテル戻ろう」ってことになるけど、暑い国だと夕涼み散歩しようか、って気になる。

しかし、言われるまで蚊のことは全然考えたことなかったなぁ。
つまりベトナムでもタイでも蚊に刺された記憶がないわけで、考えてみると不思議だ。
マラリーヤとかデーング熱とか、南国の蚊ってそれなりにリスクあるけど
なんで刺されなかったんだ?日本人の血は好みじゃないのかな??
Commented by hanatomo31 at 2014-12-18 23:51
今週末ハノイじゃないけれど、ホーチミンに行って来ます。子連れだから、多くは望まずぶらりとゆるく。
イ課長さんの過去記事読んで予習します。
Commented by tohoiwanya at 2014-12-19 13:09
>今週末ハノイじゃないけれど、ホーチミンに行って来ます

ハナトモさん:
おおおおお、それは羨ましい。しかしお子さん連れですから、
道路を渡るときはあまり決然と横断せず、信号のあるところをわたりましょう。
シンガポールドルとベトナムドンって、たぶん為替レートが5ケタ違うはず。
10シンガポールドルのものがウン十万ドンとかになるはずですから、
その“巨大数ショック”をたっぷり味わってきてください(笑)。


<< キングストン・アポン・ハルまで...      ホーチミン→プノンペン国際バス... >>