2015年 02月 20日

ハノイ・ノイバイ空港というところ

観光したあとホテルで荷物をピックアップし、空港に行き、飛行機に乗る。よくあることだ。

普通の気温であれば服に関して特に考える必要はない。観光が終って、そのままの服装で
空港に行き、そのままの服装で飛行機に乗る。ただ、これが暑い国だとちょっと事情が違ってくる。

ベトナムみたいな暑い国を徒歩で観光となると、涼しい格好でいたい。だから短パン姿になる。
しかしそのままの格好で冷房の効いた飛行機に乗ると風邪ひきかねん。どこかで着替えなきゃ・・。
ノイバイ空港に行く車の中でそう考えた。

長ズボンはスーツケースの中に入ってるから、荷物を預けちゃったら着替えられん。ってことは
チェックインして荷物を預ける前に、空港のドコカで、スーツケースを開いて長ズボンを取り出し、
着替えないといけないわけだ。面倒くさいけどしょうがない。

しかしどこで着替えようか?靴脱いで短パン脱いで長ズボンにはき替える以上、不可避的に
途中で一度は下着パンツ姿になる。となればトイレで着替えるしかないよなぁ。
f0189467_00383950.jpg
 
一人旅はこういう時、決定的に不便だ。
誰かが一緒であれば、「荷物見ててね」と頼んでズボンだけ持ってトイレに行けばいい。
しかし一人なのだ。荷物を外に置きっぱなしにしとくわけにはいかないのだ。必然的に
スーツケースごとトイレの個室に入り、そこで着替えることになる。

もうこれが大変でタイヘンで・・・(笑)。
トイレの個室なんてごく狭い。そこにムリヤリ自分とスーツケースを押し込む。デカい荷物を
床に置くなんて不可能で、トイレのフタの上によいしょと乗っけてフタをあけ、着替えを取り出す。

スーツケースがあることで一段と狭くなった個室で靴を脱ぎ、短パンを脱ぎ、ズボンのはきかえ。
イ課長は身体がデカいから、作業の最中にヒジやら足やらを個室の扉や壁に何度もゴツゴツぶつける。
トイレのフタ上に置いたスーツケースが不安定だから、それも押さえないといかん。ぜいぜい。
何とか長ズボンに履き替え、荷物と一緒に個室から出てきた時には汗びっしょりになってた。
トイレの個室でこっそり爆弾を組み立てるテロリストでもここまで大変な思いはしないだろう。
f0189467_00383931.jpg
 
ノイバイ空港っていうと、トイレで必死に着替えた記憶だけがやたらに強いんだけど(笑)
空港自体はモダン。ただ、ものすごく混んでたねー。ダナン空港とは大違い。
 
イ課長が行ったとき、何かの工事してたんだけど、あれは実は新しい国際線ターミナルで、
つい最近、2015年の1月にオープンしたらしい。イ課長が「すげー混んでる」と思ったターミナルは
今は国内線専用になったみたいだから、混雑もずいぶん緩和されただろう。
f0189467_00402718.jpg
 
このノイバイ空港、新しい国際線ターミナルは円借款で作られたらしい。つまり日本の援助。
経済発展著しいベトナムで航空インフラを整備し、航空輸送能力を向上させるというのは
援助の使い道としてはたいへん有効だとイ課長は思う。

ノイバイ空港の場合、円借款は空港の新ターミナルビルだけじゃなかったらしい。
空港からハノイ市内までの新しい高速道路を作り、その道路が紅河(ソンホン川)をわたるための
橋も一緒に作った。ニャッタン橋、またの名を日越友好橋というらしい(写真は日経新聞から拝借)。
f0189467_00345521.jpg
 
この橋、空港に行く車の中から作りかけのを見た。「大きな橋だなぁ〜」と思ったけど、あれが空港と
市街を結ぶ新しい道路のための橋とは知らなかったし、ましてや円借款で作ってるなんて知らなかった。

いまやノイバイ空港には国際線用の新ターミナルができ、ニャッタン橋も開通した。
つまり、ノイバイ空港からハノイに向かう(あるいはその逆)時はこの橋を通るケースが多いはずだ。

上の写真見ると、夜はえらくキレイにライトアップされてるよねぇ。
ノイバイ空港に夜到着した人は、この5色のライトアップに照らされた日越友好橋を通って
市街に向かうわけだ。きれいだろうなぁ・・・イ課長も見たいぞ、くそ。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2015-02-20 00:59 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(6)
Commented by diamant at 2015-02-20 07:50
こんにちは。たまに遊びに来る星野です。
私、地元新潟で、メーカーの海外営業に転職しました。東京を離れるのはとても心辛いですが、現状維持よりいいかなと思い、そっちを選びました。
面接の時に聞いた話が本当だとすると、1年間製品の勉強をしたりした後は、ばんばん海外出張に行かせてもらえるという話なので、イ課長さんのブログも大いに参考にしたいと思います。常々「いいなー、いろんなとこ行けて」って思いながら、チェックしてました。
(もっとも「やっぱり女性だから出張なんか出せないな。留守番お願い」って言われる可能性も大きいので、あんまり期待しないでいますが)
Commented by ピキ at 2015-02-20 21:09 x
こんにちは、

ジッパーで半ズボンになるパンツは、山登りのお店とかによく売っています。
http://hapilaki.hateblo.jp/entry/convertible-pants-are-comfortable

Commented by Bきゅう at 2015-02-20 22:03 x
Bきゅうは、遠くに行くときは、たいていある程度の着るものは手荷物にしてますよー。飛行機の預け入れ荷物が到着しないで困る場合もあるし、乗り換えでオーバーナイトステイを余儀なくされる場合もあるし、帰るまでに着ているものが汚れたり、破れたりしたら、何か着るものが必要ですう。
Commented by tohoiwanya at 2015-02-21 00:38
>女性だから出張なんか出せないな。留守番お願い

ほしのさん:
いやいや、「我が社の担当のミス・ホシーノをよこしてくれたまえ」って
先方に言わせりゃいいんです。「すまんが、行ってくれんか」って頼まれますよ。
ただし、バッチい地域とか治安が悪いトコとか、観光物件のなさそうな所の出張は
老い先短そうなオッサン社員に押し付けましょう(笑)。
いやーしかしスゴいな。私のイメージだと海外営業なんてまさに
世界をマタにかけるエグゼクティブって感じで、私には到底ムリ。
しかしほしのさんなら大丈夫ですよ。ぜひ海外出張ブログ書いてください。
Commented by tohoiwanya at 2015-02-21 00:41
>ジッパーで半ズボンになるパンツ

ぴきさん:
ああーーーー・・・実は私が東南アジア観光で穿く短パンって実は全部
「ジッパーで本来はヒザ下部分が元はついてた」ってタイプなんですよ。
しかしダメですな。結局短パンとして穿くことが圧倒的に多いから
ヒザ下部分は必ずなくしちゃう。何のために買ったんだか・・・
Commented by tohoiwanya at 2015-02-21 00:48
>たいていある程度の着るものは手荷物にしてますよー

Bきゅうさん:
げ、そんなこと、一度もやったことない(←バカ)。
出張でも旅行でも機内持ち込みっていつもショルダーバッグだけで、
服を詰め込むほどの容量がないっていうのもあるけど、そもそも
そこまでチャンとリスク管理してない。万一預け荷物がどっか行っちゃったら
現地でTシャツ買って着りゃいいや、くらいの認識。しかし旅行ならそれでもいいけど
出張だったらやっぱキチンとリスク管理しないとなー。Bきゅうさん、さすが。


<< 観光地 AKIHABARA を歩く      ハノイを去る日 >>