2015年 03月 18日

ロンドンのトホホな歩き方

さてだ。
イ課長はメークロン市場に着いたわけだけど、線路市場の様子を紹介する前に
気分転換にもう一つ違うネタをはさもう。ヨーロッパネタだ。

といっても、最近東南アジアばっかでヨーロッパって行ってない。
欧州訪問といえば一昨年の欧州出張が最後。さすがにあの出張のネタは大体書き尽くしたけど
写真を見ると「ああ、あの時ロンドンでここにも行ったんだっけ」っていうのがけっこうある。
だから本日はひとつイ課長がロンドン名所案内してくれようじゃないの。覚悟はいいか?(笑)

まずロンドン塔あたりからいくか。
ロンドン観光の定番スポットだけど、イ課長は過去2回のロンドン訪問で中に入ったことはおろか
近くに来たことすらなかった。当然見るのも初めて。ふーむ、こういうところだったんだ。
f0189467_16162542.jpg
 
ロンドン塔って要するに牢獄でしょ?
イギリスの歴史もの映画なんかでロンドン塔に船で収容される、なんて場面を見た記憶があるけど、
おそらくこの広大な窪地になってるところが昔はテムズ川とつながって堀になってたんだろうな。
f0189467_16162554.jpg
 
そんなに時間もないから中に入ろうとは最初から思ってなかった。入場料高そうだし。
入口にこんな昔風の衣装を着たオッサンがいたので望遠で盗撮。
f0189467_16162425.jpg
 
ロンドン塔のそばにはこれまたロンドンの象徴・タワーブリッジがある。この両者ってこんなに近かったんだ。
タワーブリッジって19世紀先端技術の粋を集めて作られた、当時の超ハイテク開閉橋だったらしいけど、
そういう先端的建造物を牢獄のすぐワキに作ったってわけか、ふーむ。
f0189467_16163496.jpg
 
金融街シティのあたりも歩いた。
ここにはロンドン大火記念碑・通称モニュメントっていう高い塔があるんだね。これは知らなかった。
17世紀に大火事でシティが焼け野原になった後、復興を記念して建てられたらしい。高さ62m。
なるべく大きく撮ろうとするとカメラをナナメにして撮るしかない。
f0189467_16174375.jpg
 
フと上を見てゾッとしたね。ぎえーーここって上まで登れるの?しかもテッペンはあんな柵だけ?
あ、あああ・・も、もうダメす。イ課長ここには絶対登れません。あの人よくコワくねぇなー。
いまこの写真を見て、ここに登ったことを想像するだけでも手のひらに汗が・・(笑)。
え?名所案内になってない?うう、うるせぇ、死んでも登らないからな。
f0189467_16163422.jpg
 
シティ周辺を歩いてると巨大口紅みたいな変な形のビル、ガーキンの姿があちこちからよく見える。
とにかくその外観の異様さから、今じゃすっかりロンドンを代表する建物の一つ。ロンドン塔からも
こんな感じでガーキンが見える。形が目立つからすぐわかる。
f0189467_16163310.jpg
  
このビル、正式名称はナントカっていうんだけど、ガーキンっていう通称しか知らない。ちなみに
ガーキンってピクルス用のキュウリのことなんだってね。いま調べて初めて知りました。
f0189467_16161549.jpg
  
あとここにも行ったんだよねー。シティからほど近いアーケード街・・といえばいいのか、
パリ風にいえばパサージュ。ミラノ風にいえばガレリア。歩いてたら偶然ここを通りかかって
「あ、ここはTVで見たことある場所だ」と思ったんだけど名前を思い出せない。
f0189467_16161531.jpg
 
実は今日になってもまだココの名前がわからない(笑)。「ロンドン アーケード街」とかで
検索したんだけど、ココらしき場所が出てこないんだよ。何て場所なの?ここ(ヲマエなぁ・・)。

この時は午前中のアポと午後のアポの間に空白の数時間が生じてしまったので、こんな風に
ロンドンをあちこちブラついたのである。このアーケード街にはレストランが多かったから
メシ食おうかなぁとも思ったんだけど、高そうだから結局入らなかった。
f0189467_16161520.jpg
 
というわけで、出張中ポッカリ空いた午後の時間を使ってロンドンを歩きまわった
貧乏性イ課長による、何ともしまらないロンドン名所案内でした(笑)

 
[PR]

by tohoiwanya | 2015-03-18 00:05 | 2013.02欧州出張 | Comments(4)
Commented by げんまいちゃ at 2015-03-18 10:19 x
こんにちは、英国ネタだと思って出てきました。

アーケード街は写真で見てわかるほど詳しくはないのですがChop'dのHP(http://chopd.co.uk/)で見るにLeadenhall Marketというところではないかと推察します。

ロンドン塔って英国史に詳しい方にはたまらん場所のようですが、私にとってはヘンリー君が奥さんを送っちゃあ殺し送っちゃあ殺しした場所だというイメージしかないです。おっちゃん達にはヨーマン・ウォーダーという名前があるのですがビーフイーターというベジタリアンからは相当距離を置かれそうなニックネームがついております。この名前のジンのボトルには、このおっちゃんが正装した絵が出ておるはずですが、私はジンは飲まんので日本でどのくらいポピュラーなものなのかは不明です。
Commented by かえる at 2015-03-19 00:33 x
ご無沙汰しておりましたが、久々にコメントさせていただきます。
ロンドン塔は砦→王城→牢獄→宝物館という使われ方をされてきたところですが、やっぱり牢獄のイメージが強いですよね。処刑や拷問の歴史 ( あくまでもエピソードとしてですよ。)が大好きな私のような変態にとっては堪らない場所で、これまでに3回ほど行きました。入場料があんなに高くなければいいんですがねえ。
まあ、ロンドンはダークな歴史や幽霊話の宝庫なので、そちらに特化した観光ならたとえ、天気が悪くてもタップリ楽しめますし、最近じゃ、食事も改善されていますので、旅行先としてオススメなんですけど…あんなに物価が高くなきゃねえ…。

Commented by tohoiwanya at 2015-03-19 15:56
Leadenhall Marketというところではないかと推察します

げんまいちゃさん:
画像検索してみましたが、確かにココのようですね。
あーーー二年越しの疑問がやっと晴れた(笑)。ご教示ありがとうございます。

ロンドン塔前のおっちゃんの服、そういわれると何か酒瓶ラベルの図柄で
見たことあるような気もするけど、私もジンなんてトンと飲まないもんで・・。
「牛食い」ってくらいだから、ビーフジャーキーをつまみにして飲むと美味しいのかな?
ラベルの絵になるくらいだから、イギリスじゃ有名な制服?なんでしょうねぇ、あれ。
Commented by tohoiwanya at 2015-03-19 15:59
>砦→王城→牢獄→宝物館という使われ方をされてきたところ

かえるさん:
ははぁ~~そうだったんですか。確かに外観だけ見ると城砦って感じで
牢獄っぽくないなぁと思ったんだけど、そういうことだったんですね。
しかし王城→牢獄とか、牢獄→宝物館って、仕様用途があまりにも極端に
違いすぎるから、そのたびにバク大な改装費がかかったんじゃなかろうか。

以前、ハンプトンコートの入場料が「げっ」ってくらい高かった記憶があるので
ロンドン塔も入るつもりなかったんですけど、やっぱり入場料、高いんですね・・・。


<< メークロン市場というところ      がんばれピースアさん(仮名) >>