2015年 03月 30日

アムパワー水上マーケット

水上マーケットって、要するにモノ売りの船が密集した水路とか川のこと。
英語ではFloating Market、つまり「(水に)浮いた市場」という言い方をするらしい。

バンコク観光において「水上マーケット」って定番で、オプショナルツアーも多い。
ツアーで連れて行くのはたいていダムヌンサドゥアク(言えた?)水上マーケットのはずだ。

しかし少し調べてみると、ダムヌンサドゥアクってのは観光用に作られたマーケットで
客は観光客ばっかしで売ってるものの値段も高いらしい。貧乏性のイ課長向きではない(笑)。
地元の人が行くような普通の水上マーケットはないのかい?となると、これがどうも
アムパワーらしいんだよね。時間があれば行ってみたいなぁと思ってた。

ただ重要な注意事項がある。
アムパワー水上マーケットは基本的に週末のみ営業。つまり平日に行ってもガラーンとしてるらしい。
イ課長がアムパワーに来たのは金曜。平日だけど、広い意味では週末といえなくもない微妙な日。
果たしてどうだったのか?

結論から言うと「大体はガラーンとしてるけど、部分的に賑わった場所もある」って感じだったね。
水上マーケットのある一角にはたくさんの船がいろんな食い物を売ってる。
f0189467_14254389.jpg
  
小船のモノ売りやら飲食店やらが集まった光景っていうのは、これまた東南アジアならでは。
イ課長も何か食おうかなと思ったけど、メークロンで真っ赤なスープのラーメン食ったし、
ここでは特に何も食わなかった。
f0189467_14284892.jpg
 
船が集まった一角だけはお客さんも集まってワヤワヤしてる。
アムパワー水上マーケットって、モノ売りの船が集まる水路があるのは当然なんだけど、水路の両側に
長~~い通路があり、その通路に面してさらにいろんな店がある。土日はさぞ賑やかなんだろう。
地元の人に人気の水上マーケットっつうだけあって、外国人観光客らしき姿は見かけなかった。
f0189467_14254388.jpg
 
賑わった一角を離れて歩いていくと、すぐにガラーンとしたゾーンになる。
閉まってる店が多いし、開いてる店にしても営業してるんだかしてないんだか・・・。
f0189467_14255180.jpg
 
この辺も土日になると賑わうんだろうけど、今は本当に静かだ。
時々小船が通り過ぎる時だけ、水路からわずかな水音が聞こえるだけ。・・・のどかだなぁ。
f0189467_14255137.jpg
 
思い返せば今日はバンコクからオンボロ・タイ国鉄やら渡し船やらに乗り、さらにロトゥーやら
ソンテウやらに乗って何とかメークロン市場にたどり着き、さらにここまで足を伸ばしたわけだ。
ずーーっと緊張&興奮しどおしだったから、こうやって静かな場所で一人ぼんやりと水路を眺める時間が
とても久しぶりで貴重なものに思えてくる。
f0189467_14255113.jpg
 
休息も兼ねて、そんな風にしてしばらくボケーッと日陰で水路を眺めていた。
賑わったアムパワー水上マーケットをご覧になりたいなら土日に来るに限るけど、静かでのどかで
人気の少ない水上マーケッっていうのもなかなか悪くない。

ん?すこーし空が曇ってきた?雨に降られると困るから、そろそろバンコクに戻るとするか。
f0189467_14260336.jpg
 
帰りぎわ、ノドが乾いたから生のココナツジュース(だよね?)を飲んでみることにした。
こんな風に並んでるんだけど、実際に買うとちゃんと冷蔵庫で冷やしたものを出してくれる。
f0189467_14260326.jpg
 
おばさんがナタを振り回してカン!カン!カン!と見事な手際で上に六角形の刻みを入れて
パカッとフタを開けてストローを入れて渡してくれる。ちなみに、1個20バーツ。約60円だ。
f0189467_14260847.jpg
 
下の写真見てみ?ナタを入れる場所の目安としてあらかじめココナツに線がひいてあるけど、
彼女がナタを入れた箇所はその線と寸分の違いもない。おばちゃん、すげぇよ。
 
こういうの生まれて初めて飲んだけど、もっとコクがあってドロリとしてるのかと思ったら、
わりとサラサラした透明な液体で、ちょっとした甘みがあって、冷えてるから実に美味しい。
実の内側に白いものがくっついてるけど、これがココナツミルクになるの?(←全然わかってない)
f0189467_14260865.jpg
 
さて、それじゃバンコクに帰るとするか・・・。
ところでアムパワーからバンコクまでどうやって帰るの?メークロンと違ってアムパワー水上マーケットは
「絶対行こう」と思って準備したわけでもなく、急に思い立って来たという方が近い。
バンコクまでの帰り方、わかってんのか?

もちろんわかってなかった(笑)。ふふふ、しかしね、イ課長にお任せあれ。
今日一日でイ課長もタイの交通機関をいろいろ経験して、多少は見通しってものが立てられるようになった。
だからバンコクに帰る方法については秘めたる自信があったのだよ、ふふふ。
 
 
[PR]

by tohoiwanya | 2015-03-30 00:03 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(0)


<< ロトゥーに乗ってバンコクへ      ソンテウに乗ってみる >>