2015年 06月 12日

ふたたびウォンウィエンヤイ駅からオンボロ列車に乗る

さて、2013年暮れのバンコク避寒旅行に話を戻そう。つまり1年半前の話だが・・(笑)。

その半年前、2013年6月の旅行で、鉄道でメークロン市場に行ったあの面白すぎた日帰り旅行
あの時出発点になったのがタイ国鉄のウォンウィエンヤイ駅という、異様に発音しづらい駅だった。
それから半年後にまた行ったバンコクで、イ課長はある場所に行きたいがために、ふたたび
あの懐かしいウォンウィエンヤイ駅に向かった。あの列車に乗る必要があったのだ。

半年ぶりのウォンウィエンヤイ駅。
初めて行ったときは場所がわかんねぇでオロオロしたけど、今回は余裕ブッこき。
スカイトレインの駅から鼻歌気分であの懐かしきオンボロ駅に向かう。

おおーーーちっとも変ってないよ、駅の入口にはまったく見えないこの入口(笑)。
懐かしいなーウォンウィエンヤイ駅。相変わらずオンボロそうで何よりだぜ。
f0189467_17534292.jpg
 
この時は近場に行く予定だったから、メークロン行ったときみたいに早起きすることもなく
テキトウな時間に駅に行き、来た列車に乗りゃいいやっていう非常にいいかげんなスタンス。
心に余裕があるから、ホームの上に並ぶ屋台や露店を観察したくなる。

とにかくこのウォンウィエンヤイ駅って、ホームの上が食い物屋やら店舗やらであふれてる。
メークロンが「線路市場」だとすれば、ここはさしずめ「ホーム市場」とでもいったところか。
雑然・混沌とした東南アジアの駅って香りがプンプンしてて、めちゃくちゃ楽しい。
前回初めて来て、すっかり気に入ってしまったのである。

これはなんだろう・・?形状・色からすると焼きバナナ?
f0189467_17541810.jpg
 
こっちは何かの串焼きっぽい。
f0189467_17542451.jpg
 
さらにこっちは・・何だろうな?揚げ物屋か?ビンで材料をゴリゴリ平らに延ばしてる。
f0189467_17542493.jpg
 
こういう店だけじゃなく、もっと本格的な食堂スタイルの店もいっぱいあるんだよ。
これなんかもそう。シンガポールで食ったみたいに、客が好きなオカズを何種類か注文し、
あとは山盛りのゴハンがつくスタイルの食堂じゃないかと思うんだよね。こういうのが何軒もある。
この駅にメシ食いに来て、列車に乗らず帰る客もけっこういるんだろうな。
f0189467_17542805.jpg
 
ホームの反対側から見るとこんな感じ。
下に写った線路がなければ誰もこれを駅のホームだとは思うまい。普通の屋台街にしか見えない。
いやー、この駅はいつ来ても雰囲気サイコウだぜ。
f0189467_17542867.jpg
 
お?ネコが寄ってきた。
ネコ知恵を働かせて、まぶしくないようにイ課長の影に入ってグウタラしてやがる。
てめぇ~・・完全にオレを日除け代わりにしてるな?つまりトホ妻と同類ってことだな?(笑)
f0189467_17542466.jpg
 
てなこと言ってると、おおお来ました来ました。おなじみのおんぼろディーゼル車。
相変わらず波打つ線路をヨタヨタやってくる姿は何度見ても嬉しくて泣けてくるぜ。
f0189467_17541866.jpg
 
懐かしいオンボロ車両に乗り込む。
おいおい、ホームのないガワ、乗り降りする人のいないガワのドアまで開いてるぞ。閉めろって。
f0189467_17535349.jpg
 
開いてる理由はすぐわかった。壊れててドアが閉まらないのだ(笑)。
閉まらない以上、列車が動き始めてもドアは開きっぱなし。あーもう何たるポンコツさ加減。
走行中にドアが開きっぱなしなんて、日本的基準で考えればとんでもなく危険な車両だけど、
ここタイでは誰も気にしない。イ課長もこの路線のボロさに関してはだいぶ慣れたからあまり気にしない。
f0189467_17540513.jpg
 
しかし半年前に乗ったときは一応ドアが開いたり閉まったりしてたけどなー?
この時乗った車両が半年前に乗ったものと同じ車両かどうかはわからないけど、
半年前の車両よりだいぶ状態が劣化しているのは確かなようだ。

ドアが閉まらなくなってるくらいだから他にも不具合はヤマのようにあるんだろう。
このペースでポンコツ化が進行すれば、いずれ遠くない将来この車両は老衰で死ぬ(笑)。
海外鉄道ファンでまだコレに乗ったことがない方は、ぜひ車両の存命中に乗っていただきたい。

さて、この愛すべきオンボロ・ポンコツ列車に乗って、イ課長はドコに行こうというのであろうか?
話は次回に続くのである。

 
[PR]

by tohoiwanya | 2015-06-12 00:13 | 2013.12 バンコク旅行 | Comments(6)
Commented by Bきゅう at 2015-06-13 23:04 x
ドアが閉まらないほうが、涼しくていいかも。
ねこちゃん、かわいいですう。
Commented by eriricom at 2015-06-14 20:54
波打つ線路の写真…素晴らしく魅力的です。
プラレールの方がまだしっかりしてそうです(≧∇≦)
こんな場所があるなんて、世界って広いですねえ。

ところで好きなおかずに山盛りご飯の食堂、
ああいうのっていつお会計するんですか??
Commented by tohoiwanya at 2015-06-14 23:06
>ドアが閉まらないほうが、涼しくていいかも

Bきゅうさん;
インドとか東南アジアとか鉄道のドアが往々にして開けっ放しになってる
理由の一つはたぶんソレでしょうな。だからドアが壊れて閉まらなくなっても
修理する必要性が低いんだと思う(笑)。
タイでも主要幹線の一等車・二等車なんかだとエアコン付き車両もあるようですけど
このローカル線じゃあるわけないし・・。
Commented by tohoiwanya at 2015-06-14 23:11
>ああいうのっていつお会計するんですか??

eriricomさん:
もしシンガポールで食ったのと同じ方式だとしたら、食いたいオカズを
何種類か決めてゴハンをよそった、その時点でお会計のはずです。
オカズごとに盛る量と「その量あたりの値段」って決まってるみたいで
ゴハンも盛る量と値段は決まってるっぽいから、オカズの種類が決まれば
自動的に合計金額も決まるんだと思います。一種の定食屋。
東南アジアだとチャーハンとか焼きそばとか、わかりやすい食い物を
単品で食うことが多いけど、たまにはああいう定食屋もチャレンジしたいっす。
Commented by utuyamaisayonara at 2015-06-14 23:16
ウォンエンヤイ マハチャイ乗りました。
もう6年ぐらい前でした。 屋台を突進する電車。日本だとアメ横とか築地を突っ切る感じでしょうか。

今は私海外いけるような状態ではありませんが懐かしくついコメントしました
Commented by tohoiwanya at 2015-06-14 23:44
>ウォンエンヤイ マハチャイ乗りました

utuyamaisayonaraさん:
これ乗られましたか。おんぼろローカル線めちゃくちゃ楽しいですよね。

ブログ、時々拝見してます。
私みたいなシロウトが「ああした方がいい」とか「こうすれば」なんて
言えるはずもなくてコメントもできませんが、案じております。
いつか事態が好転して「ひさしぶりにタイ旅行で気分転換」なんていう
日が来ることをお祈りします。こんなことしか言えなくてごめんなさい。


<< ワット・サイという駅      ホテル予約サイトを比較してみたら >>