2015年 08月 17日

D坂の勘違い事件

このあともプノンペンの話が続くわけだけど、ここらでちょっと箸休め。
去年もお盆に墓参りの話を書いたから今年も書こうと思うのである。

今年の東京はあまりに暑いので、高齢の母や叔母には体力的負担が大きい。というわけで、
お盆の墓参りはイ課長一人が代表して行くことになったのである。一人でお墓参りに行くことって
過去にあんまりなかった。

行ってみてちょっと驚いたねー。
今や谷中霊園も外国人観光客の観光スポットなんだよ。まぁさすがに墓地じゃ爆買いは
できないから中国人は見かけなかったけど、家族連れの欧米系外国人なんかがけっこういた。

日本人の墓参ラーが多いのは知ってたけど、外国人観光客とは・・。
イ課長は死んだら観光地に葬られることになるのか・・まぁ賑やかな墓というのも悪くないよな。
みなさんも観光しに来てね(笑)。

今回は一人だったから墓参りのあと谷中銀座に足を伸ばしてみた。
ご存知のようにここも今やすっかり観光地で、夕焼けだんだんはお盆休み中も大変なにぎわい。
もちろん、ここでも外国人観光客の姿は少なくない。
f0189467_01414214.jpg
 
よく知らないんだけど、ここって猫が多い町としても有名みたいだね。
個々の家で飼ってるというより「地域ネコ」的に、町で世話をしてるらしい。だから
歓迎の垂れ幕もネコなのである。
f0189467_01415095.jpg
 
ネコ雑貨店もある。ネコ雑貨って何なのだ?猫砂とか売ってんのか?
f0189467_01414261.jpg
 
谷中銀座は昔ながらの店が多いことが下町名所たるゆえん。
いまや「おせんべい屋さん」なんて東京じゃめったに見かけなくなったもんねぇ。
f0189467_01414264.jpg
 
こちらは焼きかりんとう屋さん、その向こうがパン屋さん。
こういう具合に小さな専門店が並ぶたたずまいって昔の商店街じゃ当たり前だったよなぁ。
f0189467_01415081.jpg
 
イ課長が生まれ育った東京・板橋区の家の前の道路も谷中銀座ほどじゃないけど、
ショボい商店街になってて、八百屋、豆腐屋、薬屋、菓子屋、米屋、酒屋・・みたいに
小さな専門店が軒を連ねてた。だからこういうところは本能的に懐かしさを感じちゃうよ。

谷中銀座の場合は観光地として有名になっちゃったから、薬屋とか米屋みたいな生活系店舗は
少なくなって、その代わりに喫茶店その他の飲食系、さらに雑貨系のお店が増えてる様子だ。
だんだんと観光客向け店舗構成に変わっていってるんだろうな。
f0189467_01415013.jpg
 
谷中銀座の後は、再度霊園をつっきって、反対側の出口からだらだら坂を降りる。
さっきの夕焼けだんだんもそうだけど、日暮里から西側に向かっては土地が下ってるんだね。
f0189467_01415754.jpg
 
で、坂を下りきるとそこが千代田線・千駄木駅。
こんな風に浴衣姿のお嬢さんが歩いているあたりはいかにも谷根千らしい風情だ。
(谷根千(やねせん)=谷中・根津・千駄木エリアを指してこう言うらしい)
f0189467_01415605.jpg
 
この千駄木駅からさらに向こうはまた上り坂になってて、そこが団子坂。
実は今回、この団子坂のことをネットで調べてたイ課長はびっくり仰天した。
f0189467_01415768.jpg
 
江戸川乱歩の名作「D坂の殺人事件」。イ課長は中学生の時に読んだ。
ヨワイ50を過ぎた現在まで、D坂っていうのは渋谷の道玄坂のことだと信じ込んでたけど
実はこの団子坂のことだったんだと!!

こりゃ個人的には大びっくりだよ。
こっちは「大正時代の道玄坂」を想像し、明智小五郎は渋谷近辺に住んでたのか・・と思いながら
読んでたわけだからね。大正時代だって道玄坂と団子坂じゃ街の様子はだいぶ違ったはずで、
あの小説から想像してたイメージまで修正を迫られる。イ課長にとってはホームズの住居が
ベーカー街であることより、明智の住居が渋谷か千駄木か、の方がどちらかというと重要なのだ。

ある作家が乱歩の原作を現代風にアレンジした「新・D坂の殺人事件」って短編を発表してるらしい。
そこでも舞台は道玄坂になってるんだって。その小説家もまたD坂=道玄坂と思い込んでたんだな。
イ課長も今回、四十数年の時を経て自分の長〜〜い勘違いに気付かされた。

墓参りに来るときは母や叔母と一緒ってことが多い。高齢婦人が一緒だと勝手気ままに近所を
散策というわけにもいかないけど、今度ひとりで墓参に来たら、また千駄木まで坂道を下って、
そのまま団子坂をのぼってみてもいいなぁ・・。

汗びっしょりになってそんなことを考えた、真夏の墓参りなのでありました。

 
[PR]

by tohoiwanya | 2015-08-17 00:12 | 日本での私生活 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2015-08-18 08:44 x
たしかに、ご高齢婦人、真夏のお墓参りはきついでしょうね。イ課長さんが代参さしあげて、よかったと思いますう。谷中には、昔ながらのおせんべい屋さんがあるのですね。でも最近の、高温多湿でも大丈夫なのかなー。
Commented by tohoiwanya at 2015-08-18 23:34
>イ課長さんが代参さしあげて、よかったと思いますう

Bきゅうさん:
「お盆はオレ一人で墓参りするよ」って決めたのは、実際にはお盆の前の週だった。
この週ってのが、一週間ぶっ続け35度以上で私が「暑かった大賞」の記事書いた週。
あの暑さはあまりにも残虐だったので、私の提案はすんなり受け入れられました(笑)。
実際に墓参りした時は前の週ほどじゃなく、まぁ「普通の夏の暑さ」だったけど、
それでもあちこち歩き回ってたら汗びっしょり。バカ息子一人で墓参で正解でした。


<< 海外渡航にはキケンが伴う      トゥクトゥク野郎・ルイ その4 >>