2016年 03月 21日

イ課長ミシュラン・ホテル評価36

さて、2014年東南アジア旅行の話に戻る。
この旅行ではサイゴン、プノンペン、シェムリアップ、バンコクと計4つのホテルを渡り歩いたけど
まだホテル評価を全然やってなかったから、ホテルの話を混ぜながら書いていこう。
まずは最初に2泊したサイゴンのホテル。久しぶりだから評価基準をもう一度載せておこう。

★★★★★  サイコウ
★★★★☆  ケッコウイイ
★★★☆☆  マァマァ
★★☆☆☆  イマイチ
★☆☆☆☆  ダメダメ
☆☆☆☆☆  ウンコ

 
Beautiful Saigon 3 Hotel

3って数字が入ってるだけあって、ビューティフルサイゴンの名称が入ったホテルが近くに
二つだか三つだかある。どれもサイゴンのカオサン通りとでも言うべき、外国人で賑わうデタム通りに
集まってて、イ課長が泊ったこの「美しきサイゴン第三ホテル」もデタム通りの近くにある。

立地・利便性★★★★★
このホテルを選んだ最大の理由はプノンペン行きバスが出るシンツーリストから近いこと。
シンツーリストまで徒歩で、ゴロゴロスーツケースをひきづって行ける距離であることが重要だった。
f0189467_16250826.jpg
 
この辺は小さいホテルが密集してるから、それでも選択肢はいっぱいあったんだけど、夜も賑わう
デタム通りに面してると夜に騒々しい可能性があったので、わざと少し入った路地に面したホテルを選んだ。
慎重なチョイスの結果だけあって、立地条件も夜の静けさもバッチリ。

賑やかなところだから近所にコンビニやファストフードもあるし、朝になるとバインミー(ベトナム風
サンヂドイッチ)の屋台も出るし、何するにも便利。しかもサイゴンの中心・ベンタイン市場前までは
徒歩で10分もかからないくらいで、立地的には文句なし。★5つあげていいと思うよ。


部屋★★★
部屋代は2泊で72ドルだから、1泊36ドル。今のレートなら4000円くらいってところか。
広い部屋じゃないし、新しい部屋というわけでもないけど、便利な立地で4000円、一人で泊るなら
十分で、問題なし。
f0189467_01253093.jpg
 
バスルームもこんな感じで、質素だけど十分マトモだ。
前の年、ホイアンで大実験をやったトイレ脇の強力シャワーがここにもついていた(笑)。
f0189467_01253081.jpg
f0189467_01253085.jpg
 
朝食★★★★☆
朝食もなかなか良かった。二日目は早朝の出発だったから1度しか食えなかったのが残念だ。

まずドリンクとパンが出てくる。定評あるベトナムのフランスパンは美味しいんだよホント。
ただし、オレンジジュースは見た目の通り、果汁少なそうで大したことない(笑)。
f0189467_01250060.jpg
 
オカズは何種類かある中から選ぶ方式だったと思う。イ課長は卵とソーセージにした。
出たきたのはこんな感じで、ごくシンプルなものだけど、このくらいのホテルの朝食としては
十分満足できるレベルだと思う。卵二つフンパツしてくれたのに免じて★四つ。
f0189467_01250039.jpg
 
従業員★★★★
気さくで親切で感じよかったね。印象はたいへんよろしい。
下の八重歯のお姉さんはバイクツアーの迎えが遅れた時にイ課長が持ってた予約確認書類を見て
わざわざツアー会社に電話で問い合わせてくれた。たいへん助かりました。どうもありがとう。
f0189467_01250027.jpg
 
豪華さは全然ないけど、一泊4000円としてはいいホテルだったよ。
この辺はプノンペン行き以外にも早朝にいろんなバスが出るところで、サイゴンを早朝のバスで
発つ予定のある人にはお勧めできる。賑やかな場所だけど夜静かっていうのもポイント高い。
美しきサイゴン第三ホテル。グッドです。

 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-03-21 22:40 | 2014.09 東南アジア旅行 | Comments(4)
Commented by nassi at 2016-03-22 22:48 x
イ課長さん、ご無沙汰です。
私は3月1日から12日までバンコク・アユタヤ→シエムリアップ→帰国、と言う旅をしてきました。私の旅はいつも大なり小なりトラブルに遭遇するのですが今回はトラブルというより「変だなあ!」をご報告します。ファランポーン駅発アユタヤ行き(急行2等座席指定)が298バーツ(以下B)でした。2日後にアユタヤからドンムアン空港に行くので帰路を買おうとすると現地の駅で当日買え!と言う。それでアユタヤ駅でドンムアン駅まで快足(2等座席指定)を買ったらたったの44Bだったのですが、時間的にきつかったので早い列車に変更を求めるとナント変更手数料を80B取られました。乗車券の倍近いです!当日券しか売らず、変更をすると法外なキャンセル料が発生するとは・・・不思議なお国です。その事以外は好きです、タイ!
Commented by カプメイ at 2016-03-23 10:40 x
昔、インドネシアやバリでこの手のトイレを見て使い方が分からなかったんです。
シャワーじゃなくて、ただのホースだったり、紙を流してはいけないらしく、紙捨て用の籠が横に置いてあったりもしたし。。。
当時はネットで調べることも出来なかったんですが、今、本気で調べたら、あれは「手で洗う」んですね。
直球でウォシュレットするのではなく、水は「左手」で受けて優しく洗う。(だから左手は不浄の手と言われる。)
洗った後、紙で濡れた手とお尻を拭く。

「インドネシア トイレ 使用方法 アニメ」で検索してみると分かりやすいです。
私も次回からは正しく使うぞー!

Commented by tohoiwanya at 2016-03-23 14:44
>当日券しか売らず、変更をすると法外なキャンセル料が

nassiさん:
私、昨年の旅でチェンマイからバンコクまで夜行列車で行くことも検討したんですが、
切符が売り切れだと困るから(夜行列車、すごく人気あるらしい)飛行機にした。
長距離夜行列車みたいなものはさすがに当日販売のみってことはないと思いますけど
実際試してないので何とも言えない。もしかするとアユタヤ~ドンムアン間だと
それほど長距離じゃないから予約販売に対応してないのかな?

しかしアユタヤからシェムリアップなんて、まさに遺跡を巡る旅ですねー。
日程的にもけっこうジックリ見てこられたのではないかと思います。うらやましい。
Commented by tohoiwanya at 2016-03-23 14:50
>直球でウォシュレットするのではなく、水は「左手」で受けて優しく洗う

カプメイさん:
ほほぉ~~・・バリ島はインドと同じヒンズー教が圧倒的だから、おそらく
洗い方もインド同様「左手で」じゃないかと思います。
インドネシア本土、イスラム教が多いジャワ島なんかもそうなのかなぁ?
ただのホースの時は手で水を受けるんだと思うけど、シャワーの時は
ダイレクト方式でやってる人もけっこういるんじゃないかなぁ?
(同じイスラム国のマレーシア人が使った後のトイレはびしょびしょという話を聞いたことがある)


<< ブリュッセルが・・・・      “東京方式”は世界の孤児だったの? >>