2016年 03月 28日

アンコール遺跡群を見たくなったアナタに

さて、2014年の東南アジア旅行の話に戻ろう。。
これまで、このブログでアンコール遺跡の数々をたくさんご紹介してきたけど、
ベンメリア遺跡でイ課長が見たところに関しては書き終わったことになる。
(なお、本日掲載の写真もぜんぶベンメリア遺跡で撮ったものざます)
f0189467_10022237.jpg
 
お読みの方の中には「オレも(アタシも)カンボジアの遺跡、見てみたいなぁ」と思った人も
いるかもしれない。そこで、本日はそんな気が芽生えたアナタをますますソノ気にさせるために(笑)、
アンコール遺跡を見に行くために現実的に考えなきゃいけないポイントをいくつか整理しておきたい。
カンボジアっつうてもオイソレと行けるトコじゃないし、考えておくべきことは多いわけヨ。
たとえば・・・


①遺跡がたくさんあって、全部見るのは難しいってことはわかったけど、ドコが必見なの?
・・という質問をしたい方もいるだろう。
しかしこれは回答不可能の質問と言っていい。イ課長が見た遺跡に限ったって、どれも素晴らしくて、
「アソコは大したことない、アッチの方が良かった」なんて言えない。

でも、こういうことは言える。アナタがカンボジアに行き、やがて無事帰国したとしよう。
カンボジアに行ってきたと言えば、周囲の人は絶対確実鉄板で「アンコール・ワット行った?」と聞いてくる。
そのくらいアンコール・ワットは有名なわけで、見てきませんでしたなんて言うと驚かれるかもしれん。
とりあえずアンコール・ワットを押さえておくと、帰国後の話の展開がスムーズになるという
副次的な効果は期待できると思う(笑)。
f0189467_10114099.jpg
  
 
②当日の服装とかは?カンボジアって暑いんでしょ?
暑い。雨季の9月も暑かったけど、何月に行っても暑いんだと思う。水は必携。
石造りの通路や階段を歩くことが多くなるからスニーカーもまた必須。ハイヒールは絶対やめるべき。
それと、移動の車が冷房効いてるケースがあるから長時間移動を伴う時はパーカーでもあるといいかも。
いろいろ大変なのである。

雨季と乾季のどっちがいいかというのは、雨季しか知らないイ課長には十分お答えできない。
まぁ雨が降らない方がいいんだろうけど、前にもちょっと書いたように巨石が緑のコケに覆われて
抹茶チョコレートになる雨季の遺跡観光ってのがイイんだコレが。イ課長としては「雨季だからダメ」
ということは全然ないですよ、ということは強調しておきたい。
f0189467_10022201.jpg
 

③見るのは現地ツアーがいいの?個人で遺跡めぐりって大変?
これは極めて重要なポイントだが、やはりイ課長には十分にお答えできない部分がある。

イ課長は二日とも現地オプショナルツアーを使った。聞いた話では、アンコール遺跡観光は原則として
政府公認ガイドを同行しないといけないようで、個人で入場券だけ買ってブラッと入って自由に見るという
わけにはいかないみたいなんだよね(ガイドは重要な雇用創出になってるはずだし)。

ただ、この規程がどのくらい厳しく適用されてるのかとなると、よくわからない。
個人で入場券買って、どこかのツアーの一員みたいなフリして、集団にまぎれ込んで入る・・なんてことも
その気になれば可能だと思うんだよなぁ。
f0189467_10023893.jpg
 
ただ、イ課長みたいにアンコール遺跡行くのが初めてで、ナニも知りませんなんていう人はとりあえず
ガイド付きツアーで行くのが安全確実だと思う。遺跡の見どころはちゃんと押さえて回ってくれるし、
複数の遺跡を回るに際しての移動のアシの心配をしなくて済むというのも大きい。

それにベンメリア遺跡みたいに、場所によっては地雷リスクが残る、なんて場所も中にはあるから
そういう場所に行くときは安全上からもガイドさんは必要になる。
f0189467_10111515.jpg
 
アナタがアンコール遺跡が二度目で、今回は見たいトコを自由にジックリ見たい。しかしガイドは
やっぱり同行しないといけないようだ、となれば個人で公認ガイドを雇うしかない。これは現地の
旅行会社に頼めば手配してくれるはず(日本人向けの旅行会社もある)。高いだろうけどね。
イ課長が次回また行って、前回見た遺跡を団体行動に拘束されず、じっくり見たいと思えば
この方法を使うしかないんだろうなぁ(さもなければ、上に書いた“まぎれ込み方式”か・・)。
f0189467_10023882.jpg
 

④ところで、カンボジアってそもそも危なくないの?一人旅でも大丈夫?

ポル・ポトとかカンボジア内戦みたいな、戦争・紛争という意味での危険はもうない。
アンコール・ワットを見たくてシェムリアップで殺された一ノ瀬泰三さんの頃とは隔世の感があるよ。
シェムリアップなんて外人観光客だらけで、バリ島並みに観光の町だもん。

一般的な意味での治安という点でも、東南アジアの他の国と同じような感じだと思うよ。
他の国に比べてカンボジアにスリやカッパライが特に多いとは思えない。ただ、逆に言えば
「いないわけではない」ともいえるわけで、イ課長は何事もなかったけど、話には聞く。プノンペンの
トゥクトゥクでiPhoneいじってたら横からサッと手が伸びて持って行かれたとかね。当たり前だけど
「東南アジア旅行におけるフツー程度の注意」は必要なのである。
f0189467_10022228.jpg
 

⑤でもカンボジアって、直行便がないんでしょ?面倒だなぁー。
今後変わるかも知れないけど、現在のところ日本からの直行便はない。
日本人旅行者の場合、ベトナム経由かタイ経由って人が圧倒的に多いはずで、イ課長は
バスでベトナムから入国し、帰りはまたバスでタイに出国したわけだけど、飛行機便もいっぱいある。
プノンペンなら近隣国の首都とはほぼ全部直行便があると思って大丈夫だと思う。

プノンペンはいいから、いきなりシェムリアップ入りして遺跡をたっぷり見たいという人でも大丈夫。
調べてみたらバンコクからでもハノイからでもサイゴンからでもシェムリアップ直行便がある。
(興味があってさらに調べてみたら、ヴィエンチャンからはないようだ。ラオスがんばれ)。
f0189467_10023898.jpg
 
いかが?さらにその気になってきた?(笑)

イ課長自身、アンコール遺跡はいつかまた見に行きたいと思ってる。
今回見たところももう一度見たいし、まだ見てない遺跡だっていっぱいある。
もっとも、イ課長はプノンペンに義兄弟トゥクトゥクドライバーがいるから、プノンペン素通りして
いきなりシェムリアップ行ったりしたら、あとで恨まれそうだが(笑)。
 
 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-03-28 00:02 | 2014.09 東南アジア旅行 | Comments(6)
Commented by orchid.titi at 2016-03-28 01:48 x
痒いところに、といいますか痛いところを凄く突かれた記事です(笑)

イ課長のカンボジア・遺跡の記事は間違いなく、私を引きつけるものでした。ただ......

書いておられるように、日本からの直行便は無く、一番安いのがタイランド経由なんです。
私が取れる休日(GW、盆休み等は一切なく)は金曜夕方から火曜日の午前中に福岡必着なので厳しいんです。

でも、イ課長の記事を拝見して、必ずいつか行ってやるぜとは考えております。

Commented by ふじっこ at 2016-03-28 07:55 x
おはようございます~

お盆が待ち遠しいデス。
ウキウキ(´▽`*)

昔行ったときはサイゴン経由のベトナム航空でしたが、今回は仁川経由のアシアナ航空にしてみました☆価格&万が一のキャンセル料が安い&アライアンスの関係で。

仁川だと、日本の地方からお出掛けの場合も便利だったりしそうですよね。シェムリアップに行くのにあまりメジャーな路線ではない印象ですが。何でだろう。。。?
Commented by tohoiwanya at 2016-03-28 12:38
>金曜夕方から火曜日の午前中に福岡必着なので厳しいんです

orchid.titiさん:
うーーーそれは厳しい。
福岡発の飛行機ダイヤを知らないですけど、仮に夜に発って早朝のバンコクで
乗り換えが可能としても、シェムリアップに着くのは最速でも土曜の朝。
乗り継ぎが理想的にいけば月曜の夕方頃にシェムリアップを発てば
火曜午前中には戻ってこられるけど・・そうイマい具合にはいきませんよねぇ。
この際「行きたいマグマ」を溜めこんで、いつか長い休みをとってそのマグマを爆発させて下さい。
Commented by tohoiwanya at 2016-03-28 12:42
>今回は仁川経由のアシアナ航空にしてみました

ふじっこさん:
ソウルからシェムリアップまでは直行便があるんだ。
その割には韓国人観光客ってあんまり見かけなかったような・・・?
中国人観光客はワンサといたから、中国乗り継ぎだといくつかルートが
あるのかもしれないですな。

あーーーいいなーープレアヴィヒア。いいなーーいいなーー。
Commented by Chai at 2016-03-29 19:19 x
9月に成田-プノンペンの直行便、飛びますよ!
そしたら一躍このブログも、、、!
Commented by tohoiwanya at 2016-03-29 23:31
>9月に成田-プノンペンの直行便、飛びますよ!

Chaiさん:
えええ?と思って調べてみたらホントですね!9月からANAさんが飛ばすんだ。
いやーーとうとうカンボジアにも直行便ですかぁ・・ビジネス客はせいぜい2割、観光が8割ってところかなぁ。
ってことは、プノンペンからシェムリアップにどうやって移動するか頭を悩ませる
日本人旅行者も増えるというわけですな(笑)。お知らせありがとうございました。


<< イ課長ミシュラン・ホテル評価37      ラオス国営航空に乗る >>