2016年 04月 01日

記事にタグを付けました(いまごろ)

「いずれやんなきゃ・・」と前から思ってたけど、先日このブログが1000記事に到達したのを機に
過去記事にぜんぶタグをつけるという作業を始めた。一種の「1000記事到達記念事業」ってやつか(笑)。
1000コの記事にタグつけるなんて気が遠くなりそうな作業だと思ってたけど、やってみると意外に面白い。

欧州旅行や欧州出張が中心だった前期・中期と、東南アジア旅行ばっかりの後期で記事の傾向が
かなり変わってるのが改めて確認できる。必然的につけるタグの内容も変わってくる。

たとえば映画ヲタク趣味を炸裂させたロケ地めぐりなんかは「映画」ってタグを付けてるわけだけど、
そういう記事、欧州じゃたくさんあるのに東南アジアじゃ皆無に等しい。
f0189467_0413068.jpg
 
「大聖堂」なんてタグも当然ながら欧州に集中する。逆に東南アジア旅行のタグ付け作業を始めると、
それまでになかったタグの新設を迫られる。ワット・ポーの記事を「大聖堂」ってわけにいかないからねぇ。
f0189467_02210769.jpg
 
で、「寺社」「遺跡・廃墟」なんてタグを新たに設けることになる。ん?待てよ、「寺社」タグを作るなら、
太宰府天満宮に行った記事だって「寺社」ってことになるよな。で、もう一度タグ付け直してみたり。
面倒臭いけど、それなりに整理がついて面白い作業だった。

全体的に言って、欧州の出張や旅行じゃ純粋に街を歩き、何かを見る記事が圧倒的に多いのに対して
東南アジアでは(そういう意味じゃインドやシンガポールもややそうだったが)「人々」「人情」なんて
タグをつける回数が増える。自分でもそう思ってたけど、アジアじゃ現地の人との接触をそのまま
記事ネタにしたことがけっこうあったんだなぁと再認識。

「風俗」なんてのも顕著な差が出たタグの一つだ。欧州で風俗関係の記事なんて飾り窓くらいしかないけど
東南アジアじゃゴーゴーバーや(ご婦人の方だけじゃなくボーイズの方も書いたし)、不健全マッサージやらで
ソレ関係の記事がゴソッと増えた。ま、風俗っつうても記事の内容は全然ご期待には沿えないのだが(笑)。
f0189467_14571843.jpg
 
せっかくだからイ課長ブログならではのタグも作ってみた。
記事数としては少ないかもしれないけど、「床屋」というタグだけは作らないと気が済まない。
しかし独自性の強いタグの最たるものは、やっぱ「線路長屋」かな。
f0189467_065288.jpg
 
当初は台湾の十分老街とかメークロン市場の記事とかは「鉄道」に分類してた。
しかし途中で新たなタグで分けようという気になったのだ。ハノイ駅北の線路長屋とか
クロントゥーイの線路長屋の話なんかも含めると、それでも記事数はフタケタになった。
「床屋」と「線路長屋」の記事は今後も増やしたいもんだぜ。
f0189467_10531767.jpg
 
もっとも、右に表示されてるタグ一覧は記事数の多い上位20タグしかないから、たぶん「線路長屋」なんて
表示されてないはずだ。そういうのをまとめて読みたい方はまず一つその記事を探し出して、
当該記事文末にあるタグをクリックすれば、線路長屋関連記事がガッとまとめて表示される。
もちろん、これから書く新しい記事にも更新のたびにタグをつけていくわけだ。

分類しようがなくて困った記事も少なからずあって、本日の記事なんかもその典型。
そういう記事の扱いにはけっこう困って、タグなしにしちゃおうかとも思ったんだけど、
窮余の一策でそういうのも放り込めるような玉虫色のタグを作ってゴマカシたのである(笑)。

というわけで、イ課長ブログの(たぶん)全記事にタグが付きましたというお知らせでした。

 
 
[PR]

by tohoiwanya | 2016-04-01 00:04 | 日本での私生活 | Comments(0)


<< 愚かなるイ課長のドジ 東南アジア編③      イ課長ミシュラン・ホテル評価37 >>