2016年 05月 09日

バンコク尻すぼみ

粛々と二日連続更新するのである。
といっても、本日の記事は単なる雑感でコレといったネタはない。

長々と書いてきた2014年東南アジア旅行ネタもこれが最後になるはずだ。
記事数が全部で109。1カテゴリー(つまり1回の渡航)の記事数としては新記録だよ。
あの旅行はいろんな意味で濃密だったからなぁ。

サイゴンは2泊3日だけだったけど夜のバイクツアーとかあって充実してたし、2回乗った
国境越えバスも新鮮な体験だった。カンボジアには4泊5日したからトゥール・スレンやら
アンコール遺跡群やら見学してこれまた充実。記憶をたどりながら書くのも熱が入って
その分記事数も増えたんだろうな。

ところが最後のバンコク3泊4日が・・・昨日のホテル評価もいささか尻すぼみだったが(笑)
この旅行全体を通しても「最後のバンコクが尻すぼみだった」って印象が拭えないんだよ。
なにせ到着早々「うわ、カネなくしちまった」じゃ・・。

いちばんの思い出が金を捜しに北バスターミナルに行ったことっつうんだから情けないにもホドがある。
到着した日とその翌日は観光気分からはほど遠かった。

次の日に百年市場に行って多少は“挽回”したけど、その翌日はもう帰国日だ。
夜には空港行かなきゃいけないから大したことはできない。ショッピングモールで土産買ったりしたけど
取り立てて書くほどのこともない。あの風鈴も見つからなかったし・・。
f0189467_10572007.jpg
 
買い物の途中でエラワン廟も見た。昨年爆破テロがあったところだ。しかしここも1年前に見てるから
「ああ、去年も来たなココ」ってなもんだ。前年初めて来た時の「うお、何だココは?!」みたいな
盛り上がりには欠ける。
f0189467_00102692.jpg
 
その前に滞在したベトナムやカンボジアの観光活動が充実していただけに、バンコク滞在は
欲求不満が残るのだ。ちっくしょ〜。ま、自分以外誰も責められんが。

せめてバンコクで食ったものの紹介記事でも書こうかと思ったけど、写真を確認してみると
これがまたヒドい。すでに載せた挽肉バジル炒めゴハンオムパッタイ以外の食い物の写真っつうたら
これくらい。スーさんご指名で会いに行って、彼女の仕事が終わるのを待つ間に食ったチャーハンでごんす。
f0189467_10571935.jpg
 
あとナニ食ったっけ?と写真を探すけど、ない。
コンビニで買ったおにぎりと缶ビールとか、現地で買ったトムヤムクンカップヌードルとか、
そんなんばっかり。まぁ外は暑いから、コンビニで何か買って冷房の効いたホテルの部屋で
ゆっくり食おうという気になりやすいとはいえ・・バンコクは食生活的にも尻すぼみ感が濃厚だ。
f0189467_10572001.jpg
 
まぁそれでもバンコクでは人との出会いという点ではいろいろあった。
金を探しに行ったバスターミナルで会った人たちはその最たるものだし、例の“グレーゾーン店”で
不健全マッサージのことを教えてくれた宮里藍さんもそう。今は大阪で暮らしてるピースアさんに会ったのも
この旅行の時のバンコクだったし、まだジミだった(笑)ビーさんと知り合ったのも最後の帰国日の夜。
観光活動尻すぼみの中にあって、対人的な思い出が多いのが救いといえば救いか。

ま、こういう尻すぼみも含めて旅というものなのだ(⇦強引すぎるまとめ)。

この翌年にラオスとタイを旅行した時、バンコクに4泊5日と長めのスケジュールにしたのも
この時の尻すぼみのリベンジという理由が大きいわけだが、いよいよそのラオス・タイ旅行ネタに
着手するかぁ・・。まだまだ旅は続くぜ(⇦意味がよくわからない)

2014年東南アジア旅行ネタ。長々おつきあい頂きありがとうございました。
とりあえず、1〜2回くらいは箸休めネタをはさんで気分を変えましょうね。その後はまた
延々と東南アジアネタが続くことになるから(笑)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2016-05-09 00:11 | 2014.09 東南アジア旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2016-05-09 20:55 x
無沙汰にて候。貴殿の外地にての握り飯記事を拝見し候らえば、故郷忘れ時がたく候。内地の米には叶わぬ铩には候へとも、貴殿も、いたく心腹なされし候と存じる。御免。
Commented by tohoiwanya at 2016-05-10 10:53
>貴殿の外地にての握り飯記事

Bきゅう殿:
これはこれは。お勤めご多忙の折にコメントいただき、恐縮でござる。
このタイ国握り飯、見た目といい食感といい、タイ米ではなくジャポニカ米と思われるが
コメ自体も現地生産しているのか、はたまた本邦から輸入しているのか?海苔はどうしているのか?
いろいろ疑問もござるが、バンコクのコンビニではあまりにもありふれて
置かれているため、つい缶ビールと一緒に買ってしまうのでござる。


<< JAPAN絶景写真撮影スポット      イ課長ミシュラン・ホテル評価 39 >>